Loose laws leave adoption trade vulnerable to sexual predators


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Loose laws leave adoption trade vulnerable to sexual predators

緩い法律は養子縁組取り引きを性的捕食者の餌食にする。

元記事(削除済み):http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/news/20061030p2g00m0dm012000c.html
(2006年10月30日配信)

Unwanted Japanese babies are being sold for huge prices to rich foreigners and, thanks to a lack of laws, possibly even pedophiles, according to Josei Jishin (11/7-14).
望まれない日本人の赤ん坊は高額で海外の金持ちや、法律の不備のせいで小児性愛者にまで売られている。(女性自身、11月7・14日合併号より)

"Among the women coming to my clinic are schoolgirls who've fallen pregnant to college student boyfriends or others having affairs with married men. Just recently, we got a part-time worker knocked up by some bigwig bureaucrat. She told us she wanted to leave a baby with us that she hadn't been able to abort. We were more than happy to take it off her hands," a gynecologist who moonlights as a trader in unwanted babies tells Josei Jishin.
「私の診療所に来る女性には、大学生のボーイフレンドとの間に子供ができた女子生徒や、結婚している男性との不倫関係で妊娠した女性たちです。
ちょうど最近、私たちはある大物官僚に妊娠させられたパートで働く女性に会いました。彼女は私達に中絶ができなかったから、赤ん坊を私たちに残したいと言ったのです。
私達は喜んで彼女から赤ん坊を受けとりました」トレーダーの裏の顔を持つ産婦人科医は女性自身に語った。

Trade in Japanese babies can be lucrative, which has attracted the criminal element to the process.
日本では赤ん坊売買は犯罪的要素があるものの金になる。

"There are actually companies out there that are like slave traders, selling babies overseas for huge sums," Masaki Takakura, author of "Akachan no Nedan (The Price of a Baby)," tells Josei Jishin.
「実際、あちこちに赤ん坊を海外に高値で売る奴隷商人のような法人がある」「赤ちゃんの値段(The Price of a Baby)」の著者、高倉 正樹は女性自身に語る。

Takakura says there are eight companies registered with the Ministry of Health, Labor and Welfare and another 20 which haven't been authorized by the government. Of the 20 unauthorized places, 12 were still actively operating as of September 2004. The official companies sent 106 Japanese babies to be adopted overseas in the period from 2000 to 2003, but there's no way to find out how many young children the unlicensed places shipped off. That also stops authorities from finding out exactly how many Japanese babies are being sent overseas for adoption.
高倉は語る。厚生労働省に登録された8つの法人があり、政府非公認の20の法人がある。未許可の20のうち、2004年9月に12の団体がまだ活動していた。
公式な法人は2000年から2003年の間に106人の日本人の赤ん坊を海外に養子に出した。しかし、非公認団体が幼い子供を何人海外に送り出したのか知る術はない。
また、いったい何人の日本人の赤ん坊が養子縁組のため海外に売り飛ばされたのか、当局が知るのを彼らは防いでいる、と。

"You can't be punished for sending a baby out of Japan to be adopted without reporting it to the authorities, and there's no clear laws that allow for people who do this to be arrested," Takakura says.
「当局への報告なしに赤ん坊を日本から養子として送り出しても、逮捕されないでしょうね。こういったことをした人々を逮捕するために明確な法律がないんです」と、 高倉。

In countries like the United States, families looking to adopt foreign children have to undergo strict inspections before their applications are approved and they're put on a list to get the next available kid. But there's no such obligation in Japan and it's up to the organization providing the baby to decide whether it will hand it over to an applicant.
アメリカ合衆国のような国では、海外の子供を養子にしようとしている家族は、申請が受理される前に厳格な検査を受け、次に養子にできる子供を得るためのリストに載る。
しかし、日本にはそのような義務はない。申込者の手に赤ん坊が渡るかどうか決めるのは、赤ん坊を預かっている機関次第だ。

"I'm speaking in extremes here, but the reality is that under the existing circumstances, it's perfectly possible for immoral types to buy children to use in things like child pornography or to harvest their organs," Takakura says.
「大変困ったことに、現在の状況下ではそういう現実なんです。たとえばキッズポルノや子供の内臓を摘出する為に、不道徳な人々が子供を買うことは完全に可能です」と、高倉は言う。

Takakura adds that Japanese babies are popular choices for adoption by couples overseas.
高倉は日本人の赤ん坊は海外のカップルが養子として選ぶのに人気があると付け加えた。

"Drugs are rife in America, and a lot of children born with disabilities are put up for adoption. But Japanese babies are healthy, which makes them a popular choice overseas," Takakura says.
「アメリカではドラッグがはびこっています。そして、障害を持って生まれた多くの子供が養子に出されます。しかし、日本人の赤ん坊は健康です。
それが海外で人気である理由です」と、高倉は語る。

Couples looking to adopt usually want babies as young as possible and there are no laws in Japan to protect children from being sent out at a particular age, which means kids as young as 6-months-old are being shipped off to other lands.
養子縁組をしようとするカップルは通常できるだけ幼い赤ん坊をほしがる。年齢で区切って子供が発送されるのを防ぐ法律は日本にはない。
つまりこれは、生後6ヶ月の幼い子供が、他国に引き渡されることを意味する。

"There are some companies demanding payments of up to 5 million yen for providing a Japanese baby for adoption," Takakura says. "And they're callous enough to say things like they can make the price cheaper if the couple will accept a kid with disabilities."
「幾つかの法人は、養子として日本人の赤ん坊を提供するために、最大で50万円を請求します」と高倉。
「そして、もしもカップルが障害のある子供を受け入れるなら、安くしてもいいなんてことを言うくらいに、彼らは冷淡です」

International Social Service Japan is a foundation whose tasks include finding adoptive parents for unwanted children.
日本国際社会事業団(International Social Service Japan)は行き場のない子供たちのために養父母を探すことを課題に含む財団法人だ。

"For cost-cutting reasons, we have to put children waiting for adoption into homes so they're adoptive parents don't have to foot a big bill for their care. But before turning our attention overseas, we try to find parents looking to adopt within Japan," ISSJ's Ikuko Omori tells Josei Jishin. Omori says ISSJ is not opposed to sending children outside of Japan and argues it's better in cases where the kids are disabled or of a different skin color and less likely to undergo the type of discrimination common in the land of their birth.
「コスト削減のために、私達は子供達を養子縁組して家庭に入るのを待っている状態に置かなければなりません。
だから、養父母は子供達の養育にかかった多額の金銭を支払わなくていいのです。しかし、海外に目を向ける前に、私たちは国内で養子縁組をしようとする両親を探そうとします」日本国際社会事業団(ISSJ)のオオモリイクコは女性自身に語った。オオモリは、ISSJは子供を国外に送ることに反対しないし、子供が障害児である場合や肌の色が違う場合、彼らが生まれた土地にある人種差別に耐えられそうにない場合は比較的良いのではないかと主張すると言う。

"But for children who we can't find parents for in Japan, we've got to take the overseas route," Omori says, adding that ISSJ inspects prospective parents before any children are passed to their parents. "But once they have been handed over, that's basically it. Not all adoptive parents are good. And we can't help but suspect nefarious sexual plans among those who apply to receive girls aged 7 or 8. But I don't know whether even these same standards are being applied by individual gynecologists who are sending children for adoption overseas."
「私達が日本で養親を見つけることができなかった子供達のためには、私達は海外のルートを選んできました」オオモリは言う。
加えて、ISSJは子供を渡す前に見込みのある両親を調査する。「ただし彼らが委ねられるときに一度だけ、大体そんな感じです。
養親全員が善人ではありません。私達は助けることはできませんが、7、8才の少女を引き取りにくる人々の間にある極悪な性的な狙いを疑うことはできます。
しかし、同様の基準が一部の産婦人科医によって海外の養子縁組に送りだされた子供たちに適用されるのかどうかは知りません」

The moonlighting gynecologist says his organization has "absolutely no checks" when sending children to be adopted overseas.
裏の顔を持つ産婦人科医は、養子縁組の為に子供を海外に送る際、彼の組織は”なんのチェックもしない”と言う。

"We hold off if the applicant looks a bit shady. But you don't inspect parents before they have kids, do you? If there's any sort of problem, we'll be able to deal with it through some sort of legal authority," the baby trader tells Josei Jishin. "But, we're a gynecological clinic. Our job is to deliver children. And then hand them over in the order they're applied for. If we make some mistake, we'll regret it and give up the business. But, up till now, we've never had a problem." (By Ryann Connell)
「私達は応募者が少しでもいかがわしいようなら阻止します。ですが、貴方だって、他人が子供を持つからって、その前にその親たちを(訳補:親として相応しいか)
検査したりしないでしょう? もし何かの問題が起こったら、私達は幾つかの法機関を通して対応するつもりです」赤ん坊のトレーダーは女性自身に伝える。
「しかし、私達は産婦人科医です。私の仕事は赤ん坊を送り届けることです。だから、彼ら(訳註:子供・赤ん坊)が申し込まれた順に手渡してゆきます。
もしも間違いが何か起こったら、私達は悔やみ、この事業を諦めるでしょう。ですが、今のところ何の問題も起こっていません」(ライアン・コネル)

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/articles/2006/en/20061030-adoption_laws.html
英語サイト
部分転載:http://fatso.newsvine.com/_news/2006/10/30/419885-loose-laws-in-japan-leave-adoption-trade-vulnerable-to-sexual-predators
部分転載:http://www.warrenellis.com/?p=3228


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。