ここまで来たデパート残酷物語

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Department stores living on borrowed time

デパートは余生を過ごしていっている

ここまで来たデパート残酷物語

*1
ここまで来たデパート残酷物語 1995,08,27
Department stores living on borrowed time
Shukan Asahi 9/1  By Takeshi Ito
デパートは余生を過ごしていっている 
週刊朝日9/1 タケシ イトウ

At a certain department store in Tokyo's Ikebukuro area,lifeless background music is often replaced by an inciting rhythm a few minutes before closing time,
It may mean nothing to the just shoppers,but the song signals a clear message to employees - the store was able to achieve the sales target for the day.
東京の池袋地区にある某デパートでは、閉店時間の前の数分間、活気のないBGMがしばしば奮い立たせるリズムに取り換えられます。
それは、単なる買い物客にとっては何ら意味のないものかもかもしれませんが、その歌の信号は従業員への明らかなメッセージです…店は、その日の売上目標を達することができた。

While this practice is an extreme one,many department stores are being forced to take every action conceivable to keep their heads above water as the entire industry continues to suffer from an extended business slump.
Shukan Asahi lends an ear to department store employees to see just how bad business really is and how small the chances of recovery are.
この取り組みは極端なものではあるものの、多くのデパートは、全ての産業が引き延ばされた不景気に苦しみ続けている最中に破算せずに持ちこたえるために、考えられる全ての対応策をとるように強いられていっています。
週刊朝日は、芳しくない商売が実の所はどの程度のものなのか、そして回復のチャンスがどれほど小さいのかを ただ確かめるためにデパートの従業員に耳を傾けます。

At the beginning of the three-page feature,the magazine supplies statistics,
Quoting industry association survey,Shukan Asahi notes that department stores around the country have been registering a combined month-to-month sales loss for more than three years since March 1992.
3ページの特集記事の始めに、雑誌は統計値を提供します。
企業団体の調査を引用し、週刊朝日は、国中のデパートは1992年3月以来の3年間以上にわたって、総合体として前月比の販売損失を計上していっているのだと言及します。

Under this circumstance,which could only be described as "adversity," department stores are cutting down on their spending in a drastic manner.
「逆境」とのみ表現することのできたこの事情の下で、デパートは、彼らの出費を思い切った方法で削減していっています。

According to Shukan Asahi,abolition of overtime payment is "a matter of course" and biannual bonuses are increasingly being based on the performance of respective business sections.
A grouchy women in her 20s working for a major department store reveals to the magazine that she received only a 50,000 yen bonus plus monthly base salary this summer,
"Last summer,I went to Hawaii with the bonus,I can't afford that any more,"she laments.
週刊朝日によると、残業手当の廃止は「当然のこと」で、年二回のボーナスは、次第にそれぞれの営業課の業績に基づくようになっていっています。
大手デパートに勤める、不機嫌な20代の女性は、彼女はこの夏に月々の基本給プラス5万円のボーナスしか受け取っていないと雑誌に明かします。
「昨夏は、私はボーナスでハワイに行きました。私はもう、それをできるだけの金銭的な余裕がありません」
彼女は嘆きます。

Salary cuts are only the beginning.
"At our store,three-quarters of lights are customarily switched off 20 minutes after closing time,"reveals a salesman working at a metropolitan store.
"When the lights go down,it's so dark you can't work.
When you have to work overtime,you must ask the janitor to put the lights back on.
The worst crime in our store is for someone who worked overtime to go home without telling the janitor to switch the lights off.
The person who does this can never expect the janitor to do the favor again."
減給は始まりに過ぎません。
「私たちの店では、閉店時間の20分後に、光源の4分の3が習慣的にスイッチを切られています」大都市の店で働くサラリーマンが明かします。
「光源が落とされた時には、とても暗くて働けませんよ。
残業しなければいけない時、あなたは光源を点け直してもらうように守衛に頼まなければなりません。
私たちの店での最悪の罪は、残業した人間が守衛に光源を切るように告げずに家に帰ることです。
これをした人間は、再び守衛に親切にしてもらえることを決して期待はできないでしょう」

Cost-cutting measures,however have their limits Shukan Asahi informs its readers that department stores in Tokyo are currently increasing the number of unmanned elevators in a desperate attempt to reduce expenditure.
経費削減策にはしかし、限界があるのだと週刊朝日は自身の読者に知らせます。東京のデパートには目下、支出削減のための死に物狂いの試みにおける、ますます多くの無人運転のエレベーターがあります。

Aggravation of working conditions is causing a growing number of employ-ees to quit.
According to Shukan Asahi,many workers in their 20s and 30s are leaving department stores without securing another job after finding their positions unchallenging,the future gloomy,the salary poor and the working hours long.
"I hear from senior colleagues that marriages between co-workers used to be very frequent in our industry,"offers a 20-year-old woman working in a PR section of a leading department store.
"But you don't find too many of these marriages nowadays.
In offices like ours where the future looks uncer-tain,male co-workers appear unreliable."
労働条件の悪化はますます多くの従業員の辞職を引き起こします。
週刊朝日によると、20代から30代の多くの従業員は、自分たちの境遇が変わり得ない、将来は悲観的なもの・給料は乏しく労働時間は長い…と気づいた後に、他の仕事を確保することなくデパートを去っていっています。
「年上の同僚から、同僚間の結婚は私たちの産業ではかつてはとてもありふれたものだったと聞きました。」デパートを指揮していってる広報課で働く20歳の女性は申し出ます。
「けれど、近頃ではそう多くのこういった結婚を見つけはしないでしょう。
将来の不確かな私たちのもののようなオフィスは、男性の同僚は頼りにならないように見えます」

Shukan Asahi closes the report with this comment by a male department store employee working in a clothing section:
"I buy all my daily necessities from shirts to neckties to underwear at a discount store in my neighborhood.
I know I'm not supposed to say this,but prices at department stores are too high.
I've never felt like buying them at my store."(TI)
週刊朝日はレポートを、このデパートの閉鎖されようとしている課で働いている男性従業員のコメントで結びます。
「私はシーツからネクタイから下着までの生活必需品の全てを、近所にあるディスカウント店で買います。
私はこれを言うべきではないのだとは解っています、けれどデパートの値段は高すぎるんです。
私はそれらを私の店で買いたいと思ったことは一度もありません」

元資料

19950827.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。