背後にチラつく母親の影

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Tormented adults still crying on mom's shoulder

苦しんでいる大人が、今だにママの肩の上で泣いている

背後にチラつく母親の影

*1
背後にチラつく母親の影 1997,01,12
Tormented adults still crying on mom's shoulder
苦しんでいる大人が、今だにママの肩の上で泣いている
Aera 1/13 By Takeshi Ito

Forty-three-year-old freelance journalist Yuko Tachibana has been married for 18 years.
During this period,she has made lengthy long-distance phone calls to her mother at least once a week.
43歳のフリーランスのジャーナリスト、ユウコ タチバナは18年間結婚しています。
この期間の間、彼女は少なくとも週に一回は、彼女の母親への非常に長時間の長距離電話をかけています。

But it was only recently that Tachibana realized that her problem is more than a sizable phone bill.
When-ever she chats with her mother over the phone,Tachibana ends up grumbling infinitely and speaking of doing extreme things she doesn't mean at all,like getting a divorce or having a love affair.
けれどつい最近に、タチバナは、彼女の問題はかなり大きな電話代の請求書だけには留まらないものだと気付きました。 
彼女が母親と電話でお喋りする時はいつも、タチバナは結局 無限に不平をこぼすことになり、離婚したり浮気したりするなどといった、しようとは全く思ってもいない極端なことをすると話します。

When she is in a nasty mood,Tachibana reveals to her mother how rarely she and her husband make love and asks her perplexed mother what she should do to relieve her sexual frustration.
彼女が不機嫌な時、タチバナは彼女の母親に彼女と彼女の夫がセックスすることがいかに稀かを明かし、当惑した母親に、彼女の性的欲求不満を和らげるために何をすべきかを尋ねます。

According to Aera,Tachibana is one of the growing number of so-called "adult children," or people who suffer from childhood traumas.
The magazine reports that mothers turn their sons and daughters into adult children by con-stantly telling them how to live their lives.
AERAによると、タチバナは数を増しつつあるいわゆる「アダルトチルドレン」、つまり子供時代の深い心の傷に苦しむ人々の一人です。
雑誌は母親は彼らの人生をどうやって生きるかを四六時中彼らに語ることによって、彼女たちの息子と娘をアダルトチルドレンに育てているのだと報告します。

Quoting Tachibana Aera informs its readers that few adult children in this country grew up with alcoholic or abusive parents.
The source of their trauma is mothers who constantly urged them to live up to their expectations in the absence of overworked fathers who were rarely home.
Popular phrases moth-ers habitually used,such as "You can't hide anything from me" and "If you do that kind of thing,you are going to regret it" continues to make adult sons and daughters dependent.
タチバナを引き合いに出し、AERAは自身の読者に、この国にいるわずかなアダルトチルドレンは、アルコール依存症であるか人を罵倒する両親と一緒に育ったのだと知らせます。
彼らの深い心の傷の原因は、滅多に家にいなかった過重労働の父親のいない間に、彼らに彼女たちの期待に応えて生きるように絶え間なく促した母親です。
「あなたは私に何一つ隠せないのよ」や「そんなことをしたら、それを後悔することになるわよ」といった母親たちが習慣的に使った人気の慣用句は、大人の息子と娘を依存させ続けます。

According to Aera,overprotective Japanese mothers can do more than trau-matize their children.
In the worst cases,excessively protected sons develop a serious condition known as "evasion-type personality disorder."
Under this condition,men go through living hell every time they face another human being.
Aera tells of a case in which a 28-year-old man changed jobs 10 times before locking himself up in his room three years ago,believing that nobody in the world would accept him.
AERAによると、過保護な日本の母親は彼女たちの子供に心の痛手を負わせる以上のことをできるのです。
最悪のケースでは、過度に守られた息子は「回避性人格障害」として知られる深刻な状態に成長します。
この障害のもとで、男性は他の人間と顔を合わせる時にいつも生き地獄を経験します。
AERAは、3年前に彼の部屋に彼自身を閉じ込める前に10回仕事を変えた、世界中の誰も彼を受け入れないだろうと信じている28歳の男性のケースについて話します。

Such serious anthropophobia could only be resolved through basic training in interpersonal relations.
Aera says that a clinic in Funabashi,Chiba Pre-fecture,is treating patients afraid of interpersonal contacts in a collective man-ner.
Based on the clinic's experience,the magazine notes that anthropophobia becomes extremely hard to cure when patients pass the age of 25.
そのような深刻な対人恐怖症は、人間関係においての基本的な訓練を通してのみ解決されます。
AERAは、千葉県は船橋にあるクリニックは個人間の交流を恐れる患者を集団的な礼儀作法で治療しているのだと言います。
そのクリニックの経験に基づいて、雑誌は対人恐怖症は患者が25歳を過ぎた時に、治療するには極めて難しくなるのだと言及します。

Psychiatrist Shizuo Machizawa asserts excessively close mother-son ties are most dangerous.
"When we experience only tenderness and grow up without knowing strength,we become fearful of others," asserts Machizawa.
"In other words,anthropophobia is an illness unique to a fatherless society." (TI)
精神科医のシズオ マチザワは、過度に接近した母と息子の関係はもっとも危険だと断言します。
「私たちが優しさしか経験せず、そして強さを知らずに育った時、私たちは他人を恐れるようになります」マチザワは断言します。
「言い換えると、対人恐怖症は父親不在の社会に特有の病気なのです」

元資料

19970112-1.jpg 19970112-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。