毎日新聞英語版から配信された記事2002年

CAUTION!!
These are the reproduction of articles originally published on Mainichi Daily News' "WaiWai" section. Almost all of the articles were nothing but trumped-up stories.
Please DO NOT believe them!
Were these stories real? No Japanese readers would believe them.
Some immoral writers made up the story, taking from dubious "news" from tabloids and gossip magazines.
However, some readers unfortunately believed the articles.
There's no wonder--these stories were published by the Mainichi Newspapers, one of the Japanese major "quality" papers.
The writers and Mainichi seem to understand very well that fiction is stronger than reality
--at least for readers with little experience with Japan.
Don't believe Mainichi, never!
PLEASE WATCH MOVIE BELOW, it helps you to understand background of these problem.


以下の記事は毎日新聞の英語版のサイト内の「WaiWai」(※)という 「家庭向けのコーナー」 で、全年齢に向けて公開されていたものですが、
刺激が強いものが多数 含まれて降りますので、閲覧には 十分ご注意ください 。
原則 未成年の方 の閲覧を禁止させていただきます。
(※)「waiwai」以外のコーナーにて配信されたものも含みます
--- 毎日新聞英語版から配信された記事メニュー ---
閲覧者の皆さまへ:協力のお願い 記事の引用元に挙げられている週刊誌回収などで、協力をお願いしています
毎日新聞英語版から配信された記事一覧 毎日新聞英語版から配信された記事(全訳あり)、配信年度を問わず新たに全訳・タイトル訳された記事
毎日新聞英語版から配信された記事一覧その2 配信年度を問わず、タイトル訳と概要のみがあり、全訳がない記事
全記事英文タイトル一覧その1 ※注 1999年(Web版)~2004年 WaiWaiおよび関連コラムThe Faceの記事
全記事英文タイトル一覧その2 ※注 2005年~2008年 WaiWaiおよび関連コラムThe Faceの記事
全記事英文タイトル一覧その3 ※注 重複記事、WaiWai Worldの記事、WaiWai以外の記事(一覧ファイルでは「別表」に収録)
紙媒体MDN時代のwaiwaiタイトル WaiWaiコーナーは、英字新聞 Mainichi Daily News の時代から掲載されていました
紙媒体時代のWaiwaiコーナー 紙媒体時代の記事を分析
週刊誌元記事一覧 WaiWaiの引用元でソートした記事一覧
記事元ネタとwaiwaiとの違い waiwaiの記事と、その引用元とされる雑誌記事との間に大きな差があるもの
記事翻訳ガイドライン 記事の翻訳を手伝っていただける方へのガイドライン
優先的に翻訳すべき記事リスト 優先的に翻訳すべき(問題がありそうな)記事の提案はこちらに
未翻訳記事一覧 未回収記事一覧 未翻訳の記事リスト ← 現在、更新が追いついていません



「日本人の母は、成績を落とさないためにフェラチオをする」(2002年1月6日配信)

"More moms going down, to ensure grades go up!" 執筆:マイケル・ホフマン 『アサヒ芸能』(号数記載なし)から引用
…「日本人の母親は、中学の息子が入学試験に合格するためにはどんなことでもする。『お母さん』、息子のハルキは内気に、しかし、しっかりとした声で言った。『お母さんとやりたい』。そして、毎晩、ハルキの勉強は、15分間の母親によるフェラチオから始められた。 彼の集中力は向上した。そして彼の成績は急上昇した。」もはや新聞記事ではありません。

「人種差別主義のクズ雑誌がワールドカップで外国人を恐れるように女性に警告する」(2002年1月20日配信)

"Racist rag warns women to fear foreigners at World Cup" 執筆:不明 引用元:週刊実話
ワールドカップ日韓合同開催に向け、風俗店が外国人男性客を締めだしたこと等を週刊実話から引用し、
宮城県議会が議事録上において焼き討ちや勘定の踏み倒しなどの外国人犯罪を懸念していた旨(真偽不明)を同上誌から孫引きした記事。
”このように外国人男性をけなす雑誌は一誌だけではない”と記者はソースなく主張する。

「女生徒の性生活:エロティックだが、発育不良」(2002年2月5日)

"Schoolgirls' sex lives:steamy but stunted" 執筆:ライアン・コネル 引用元:週刊現代
「10000人にきいた女のコのH」というアンケート本を基にした10代の性意識や性知識の欠如について。

「日本人、切って押し込まれるために韓国に群がる」(2002年3月3日配信)

"Japanese throng to Korea for cut and tuck" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊プレイボーイ3/12
日本では、価格が安い韓国での美容整形が流行しているが、言葉の問題でトラブルも多いという記事。

「ちょっとのことのためにウズウズする既婚女性たち」(2002年3月8日配信)

"Married women champing at the bit for a bit" 執筆:シェリル・チャウ 盗用元:SPA! 3/12
20歳から39歳の既婚女性200人に無作為に質問をしたら、74人が性生活に満足していないと回答。「あなたの夫以外の男性とたった一回でもセックスをしたことがありますか?」の質問には、44人が「はい」と答えた。

「君のシフトレバーをしっかり握れ! 未来のポルノスターがレースクィーンの世界のエンジンの回転数をあげる」(2002年3月14日配信)

"Grab your gear sticks! Porno starlets rev up race queen scene" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊大衆3/25
ポルノ会社がフォーミュラニッポンのレーシングチームのスポンサーになった為、従来のレースクィーンではなくポルノ女優が女子生徒の制服姿でレースクィーンを務めたという記事。

「神道の祭司が少年をもてあそぶ人という不信心な身分に加わる」(2002年3月18日配信)

"Shinto priest joins the unholy ranks of boy diddlers" 執筆:不明 『フライデー』3月1日号
伊勢神宮の権祢宜が男子高生に酔って痴漢をした、と言う内容。

「セックスとソックスを大金で売り歩く、ストリートを心得た女学生」(2002年5月15日配信)

"Street-savvy schoolgirls peddling sex and socks for big bucks" 執筆:不明 『読売ウィークリー』5月25日号から引用
中学時代に売春グループのリーダーを務めた少女の体験談。売春開始に至る経緯と手口、相場に関する概要がメイン。

全訳 (要 翻訳ブラッシュアップ)

「日本人女性のデートでボロ儲けのカンボジア人」(2002年5月24日配信)

"Cambodians make a killing as Japanese gals play the field"
概要:カンボジアへ男探しに行く日本人女性が増えている、という話。 執筆:記名なし 引用元:週刊新潮 (2002年5月30日)

「ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる」(2002年6月19日配信)

"Fast food sends schoolgirls into sexual feeding frenzy" 執筆:ライアン・コネル 『週刊現代』6月29日号から引用
…「ハンバーガーを食べる傾向は日本の女子高生たちを日本で一番の色情狂に変えました。専門家は、今日の女子高生の無分別な振る舞いは、ハンバーガーのせいだと答えました。」

「バイアグラは看護師らからは期待されていない」(2002年7月3日配信)

"Viagra comes up short amongst nation's nurses"
出展:アサヒ芸能。看護師らはバイアグラ使用に否定的。

「ティーン向けのセックスマーケティングが起こす、純潔の終焉」(2002年7月18日配信)

"Teen sex marketing signals end of innocence" 執筆:不明 『Spa!』7月23日号から引用
ティーン向けの市場は性を強調した商品で盛況。しかし、このことやマスコミの報道が、ティーンのフリーセックス状態にしている、という内容。

「擬似児童ポルノで自慰をする日本」(2002年07月24日配信)

"Japan jerking off over pseudo pedo-porno" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:SPA! 7/30
日本の現状の何かがとても腐敗している。長年小児愛の天国とみなされている日のいづる国の'00年代は、思春期前の少女を性の対象とする大量の吐き気を催すような作品であふれていて、女子生徒の性的魅力に対するほとんど国家的なフェティッシュは、もっと若い対象を捜し求めている。

「それほど無邪気ではない時代に、花を散らされる(=処女を奪われる)若き花びらたち」(2002年7月27日配信)

"Young petals deflowered in not-so-innocent age" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊新潮8/1
ある地域では小学校の女子生徒の売春が蔓延しつつあるという記事。

「ヒトホルモンにひどい汚れを残す髪染め」(2002年8月1日配信)

"Hair dyes leaving nasty stains on human hormones" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊文春8/8
20代の日本人女性の内、推定90%が髪の毛を、本来のナチュラルブラックから別の色に染め変えているが、毛染め剤にはホルモンバランスを崩す化学物質が含まれていてることを示し、精子の数の減少・インポテンツ・生殖不能といった生殖力に関する問題があるという記事。

全訳 (要 翻訳ブラッシュアップ)

「女の子は新世代のトイレ補助機能の快感に夢中」(2002年7月29日配信)

"Girls gush over pleasures of new age bathroom relief"
概要:ウォシュレットは日本人女性が性的快感を知ったことで売り上げが伸びた、という話。Wikipedia英語版ではこの記事が発端となって論争となった。 執筆:記名なし 引用元:週刊現代 (2002年8月10)

「高校生売春婦は新しい客を取るために巧緻なカメラを使う」(2002年07月30日配信)

"High school hookers use crafty cameras to turn new tricks" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊ポスト 8/9
女子生徒と彼女たちのカメラ電話はまた、オンライン出会いサイト関連の犯罪率の昨年の増加が前年比のおよそ九倍になるという影響を及ぼし、これらの事件のうち七十パーセントは、児童ポルノと児童買春を禁ずる法律の違反といった、性犯罪が関わっている。

「ママ、『問題児』の命の最期を絞りとる」(2002年8月2日配信)

"Mom strangles last life out of 'problem child'" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊新潮8/8
14歳の四女の不登校、家庭内暴力や金の無心に追いつめられて母親が殺害し、2週間冷蔵庫に遺体を隠していた事件。

「ゴキブリ男」の天罰、性交するカップルがターゲット」(2002年8月3日配信)

"Copulating couples target of 'Roachman' doomsday attack" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:Don't! 7月号
この世界から拒絶されたと感じて、ゴキブリを使って世間に復讐する事を誓った男の話。

「新しい振動するコンドーム、気のパワーを開放する」(2002年08月24日配信)

"New vibrating condom unlocks the power of ki" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊ポスト 9/6
振動するコンドームはすばらしいものだろうか?他のことでは懐疑的な週刊ポスト(9/6)によればそうらしい。ポストによると日本人の性生活はスポーツのようになってきていて、もっとも下手っぴな者がしばしば、せめて上手なふりをしようとして最良の道具を使っている。

「新しいアダルトビデオ、男どもにローブローの一撃を浴びせる」(2002年9月2日配信)

"New adult videos deal a low blow to manhood" 執筆:記名なし 盗用元:週刊大衆 9/16
日本では今、男性性器を蹴る「球蹴りビデオ」なるAVが主にマゾヒストな男性を中心にヒットしている、という記事。

「女子生徒売春は新鮮な変革に至る」(2002年9月4日配信)

"Schoolgirl prostitution gets fresh facelift" 執筆:不明 引用元:週刊プレイボーイ
未成年売春に中学生が多いということ、未成年買春は安く済むという言い分、服代やデート代の為に体を売る少女達の記事。

「素敵な時間のためにネバネバおばあちゃんとベッタリ」(2002年9月29日配信)

"Gummy grannies groping for a good time" 引用元:週刊プレイボーイ
70歳の売春婦にハマる人たちを描いた記事。

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。