毎日新聞英語版から配信された記事2005年

CAUTION!!
These are the reproduction of articles originally published on Mainichi Daily News' "WaiWai" section. Almost all of the articles were nothing but trumped-up stories.
Please DO NOT believe them!
Were these stories real? No Japanese readers would believe them.
Some immoral writers made up the story, taking from dubious "news" from tabloids and gossip magazines.
However, some readers unfortunately believed the articles.
There's no wonder--these stories were published by the Mainichi Newspapers, one of the Japanese major "quality" papers.
The writers and Mainichi seem to understand very well that fiction is stronger than reality
--at least for readers with little experience with Japan.
Don't believe Mainichi, never!
PLEASE WATCH MOVIE BELOW, it helps you to understand background of these problem.


以下の記事は毎日新聞の英語版のサイト内の「WaiWai」(※)という 「家庭向けのコーナー」 で、全年齢に向けて公開されていたものですが、
刺激が強いものが多数 含まれて降りますので、閲覧には 十分ご注意ください 。
原則 未成年の方 の閲覧を禁止させていただきます。
(※)「waiwai」以外のコーナーにて配信されたものも含みます
--- 毎日新聞英語版から配信された記事メニュー ---
閲覧者の皆さまへ:協力のお願い 記事の引用元に挙げられている週刊誌回収などで、協力をお願いしています
毎日新聞英語版から配信された記事一覧 毎日新聞英語版から配信された記事(全訳あり)、配信年度を問わず新たに全訳・タイトル訳された記事
毎日新聞英語版から配信された記事一覧その2 配信年度を問わず、タイトル訳と概要のみがあり、全訳がない記事
全記事英文タイトル一覧その1 ※注 1999年(Web版)~2004年 WaiWaiおよび関連コラムThe Faceの記事
全記事英文タイトル一覧その2 ※注 2005年~2008年 WaiWaiおよび関連コラムThe Faceの記事
全記事英文タイトル一覧その3 ※注 重複記事、WaiWai Worldの記事、WaiWai以外の記事(一覧ファイルでは「別表」に収録)
紙媒体MDN時代のwaiwaiタイトル WaiWaiコーナーは、英字新聞 Mainichi Daily News の時代から掲載されていました
紙媒体時代のWaiwaiコーナー 紙媒体時代の記事を分析
週刊誌元記事一覧 WaiWaiの引用元でソートした記事一覧
記事元ネタとwaiwaiとの違い waiwaiの記事と、その引用元とされる雑誌記事との間に大きな差があるもの
記事翻訳ガイドライン 記事の翻訳を手伝っていただける方へのガイドライン
優先的に翻訳すべき記事リスト 優先的に翻訳すべき(問題がありそうな)記事の提案はこちらに
未翻訳記事一覧 未回収記事一覧 未翻訳の記事リスト ← 現在、更新が追いついていません



「臆病な警官たち、暴力団員が学生を殴り殺すのを傍観する」(2005年1月4日配信)

"Cowardly cops look on as gangsters pummel student to death" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:読売ウィークリー 1/9-16
ヤクザが大学院生に暴行、さらに拉致し壮絶なリンチした挙句、川に放置し凍死させた事件。兵庫県警の対応が問題視された。

「日本では街の屋台のセックスサービスがおいしいベイビーの料理をおもてなしする」(2005年01月12日配信)

"Street stall sex service serves up buffet of tasty babes in Japan" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊大衆 1/24
日本のエロティシズムの企業家が、日本の肉体売買における最近の厳重な取り締まりを巧みに逃れる独創的な方法をを考え出した

「先取的な女子大学生たちは、「ベッド」に思い至る」(2005年1月20日配信)

"Enterprising college girls hit the beds" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊ポスト
女子学生たちによって管理される、女子学生たちのためのセックスサービス

「Hなハーブソープに夢中の主婦たち」(2005年02月02日配信)

"Housewives lather up to erotic herbal soap" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊ポスト 2/11
数千人の日本人OLと主婦が、性生活を改善するといわれている意味深な形の石鹸を買おうとどっと押しかけている。

「日本の女の子が気持ちいい振動でブンブン」(2005年2月5日配信)

"Japan's girls abuzz with good vibrations"
概要:日本のアダルト産業が自分専用のバイブレーターを購入する女性の数の増加のニュースで騒然としている。執筆:ライアン・コネル 引用元:週刊プレイボーイ

「汚らわしい医師が患者の四つん這い写真を撮影」(2005年03月19日配信)

"Beastly doctor snaps up women crawling on all fours" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊実話3/31
治療に無関係な患者のヌード写真を撮影したとして都立墨東病院の医師が逮捕された。その手口について被害者の女性患者が語る。

「SMマンガ家、女性アシスタントを相手に、迫真のひどくイカれた妄想を実演する」(2005年4月23日配信)

"SM cartoonist acts out all-too-real flaky fantasies on female assistant" 執筆:不明 盗用元:週刊実話 11/11
SMマンガ家が自身のアシスタントをレイプし、その内容をマンガの題材にし被害者にレイプ犯が雇い主だと気付かれ逮捕された記事。

「日本女性は、魚臭さや悪臭がしないアソコになりたがっている」(2005年6月16日配信)

"J-Girls itch for intimate odor that's neither fish nor foul"
出典:週刊大衆。日本女性のアソコは臭い。10%はトリコモナス罹患。臭いが気になるからクンニが嫌い。

「私たち女の子の間でだけで??射精産業で飛び交う秘密のスラング」(2005年6月25日配信)

"Just between us girls -- the secret slang splurted in the ejaculation industry" 執筆:カミヤマ・マスオ 引用元:週刊実話 (2005/6/30号)
…風俗産業で使われている隠語の詳細な紹介記事。「即・即・即」とは「即シャク、即ベッド、即アナル」のことらしい。他にも「駅弁」や「イラマチオ」など。

「日本人の女子大生売春婦は、ハッピーなキャンパーたちにパンツでテントを張らさせる」(2005年7月6日配信)

"College-girl pros get happy campers pitching tents -- in their shorts" 執筆:マスオ・カミヤマ 『実話ナックルズ』(号数記載なし)から引用
"Japanese college-girl pros get happy campers pitching tents - in their shorts"
インターネットを使って客を集め、キャンプ場で5万円で売春をしている女子学生に関する記事。

「奇妙な天候がモンスター台風の脅威の前徴となる」(2005年7月16日配信)

"Bizarre weather signals threat of monster typhoons" 執筆:カミヤママスオ 盗用元:FRIDAY 7/22
地球温暖化にともなう海水温度の上昇などの影響で大型台風が日本を襲うのでは?という記事。

「日本は経済を再生しようとロマンチックなオタクを募る」(2005年8月2日配信)

"Japan recruits romantic otaku geeks to revive economy"
概要:日本の「純愛」ブームは、ここ数年起こったほかのほとんどのことはできなかったほど、一兆円の見込みとともに停滞した市場をかき起こした。執筆:ライアン・コネル 引用元:サンデー毎日 (2005年8月7日)

「露出された生殖器が、日本の銀幕に突破口を開く」(2005年8月5日配信)

"Exposed genitalia makes breakthrough on Japan's silver screens" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊ポスト8/12
日本の映画は、生殖器官の表示することに対して、伝統的に厳しい方針であり、デジタルモザイクを使うことによって性器を視界から隠すことを、映画製作者は要求されてきた。

「少女たち、生意気な調査において性的に興奮する暴露話をする」(2005年10月03日配信)

"Girls give titillating tell-all in saucy survey" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:アンアン 10/5
年ごとのセックスに関する調査に参加した973人の女性のうち、二十数歳の女性の半生における交際相手の数の平均は2.9人(20歳から29歳)から4.5人(25歳から29歳)になり、また30歳から34歳の女性たちは、平均して4.2人の男と寝たことがあり、彼女達は赤裸々に詳細を雑誌に告白していると言う記事

「騒々しい若いカップルたちがひなびた温泉で汁飛ばしに興ずる」(2005年10月06日配信)

"Randy young couples play scrub-a-dub at rural hot springs" 執筆:カミヤママスオ 盗用元:週刊実話 10/13
伝統的に、上品で古くからある田舎の宿は、自然に取り囲まれてリラックスするために日本人がいく場所である。鉱物成分に富む温泉の中でうずきと痛みを洗い流すのだ。しかし、最近の宿の利用者は違う了見を持っているようだ。

「アメリカのティーン・エイジャー、卑猥な日本のマンガに殺到する」(2005年10月19日配信)

"American teens mop up raunchy Japanese manga" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:週刊新潮10/20
アメリカ人は少女マンガに飽きることを知らない。少女マンガとは小学校女生徒向けの性的表現のきわどい漫画本であって、最近は、同性愛やレズビアン姉妹の近親相姦の恋愛関係といったテーマの物語で溢れっている。

「外国人妻は、サムライの夫がちっとも輝く鎧をまとった騎士ではないと不平を言う」(2005年11月23日配信)

"Foreign wives complain their samurai husbands no knights in shining armor" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:AERA 11/28
日本人夫が、家事・育児・夫婦生活において、いかに何もしないか、そして自分達が日本人夫をいかに教育してきたかを外国人妻が語っている記事。

「日本は増加するナイジェリア人たちの『楽園』となりつつある」(2005年12月17日配信)

"Japan becoming 'paradise' to growing numbers of Nigerians" 執筆:不明 『特冊新鮮組』1月7日号から引用
裕福とはいえない外国人に、外人クラブに来た日本人女性を妊娠させて永住権を得ることを案内する記事。
白人ライターと正体不明の日本名記者を抱えるWaiWaiが貧しいナイジェリア人を悪し様に描いている。

「外国人が日本の葬儀ビジネスに新しいいぶきを吹き込む」(2005年12月26日配信)

"Foreigners breathe new life into Japanese funeral business" 執筆:ライアン・コネル 盗用元:読売ウィークリー(1/1)
キャムは日本に「pre-need」(生前予約制)葬という案を導入した。
彼のオールネイションズ・ソサエティは、人々に、生きている間にどんなタイプの葬式にするかを決めさせるようにした -- 20年前に合衆国に広く行き渡った概念である。
そうすることで、遺族は餌食を求める葬儀屋の犠牲とはならない、と読売ウィークリーはいう。

「古来の米祭りはセラピー効果の洗顔クリームとして評判となっている」(2005年12月27日配信)

"Ancient rice festival has reputation smeared by ‘therapeutic’ facial cream claims" 執筆:ライアン・コネル 『サイゾー』1月の記事から引用
福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ているという記事。
奈良のおんだ祭にも言及している。


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。