Disgruntled old nags bolt the gate on spoiled gray stallions

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Disgruntled old nags bolt the gate on spoiled gray stallions

不満を抱えた口うるさい年増女が、駄目になった白髪の種馬のゲートを施錠する

0
Disgruntled old nags bolt the gate on spoiled gray stallions 2006,01,17
Shukan Post 1/13-20 By Ryann Connell
不満を抱えた口うるさい年増女が、駄目になった白髪の種馬のゲートを施錠する 2006,01,17
週刊ポスト 1/13-20 ライアン・コネル記
1
It may well be a case of shutting the gate after the horse has bolted, but growing numbers of middle-aged Japanese men unceremoniously dumped by long-suffering wives are discovering that what they had believed were old nags are actually thoroughbreds, according to Shukan Post (1/13-20).
馬がボルトで留められた後にゲートを閉じるようなものだが、長く苦しんできた妻にあっけなく捨てられる中年の日本人男性の数の増加が、彼らが年増女だと思っていたのが実際はサラブレッドであった、ということを表わしている。週刊ポスト(1/13-20)より。
2
Six years ago, Kenji Suzuki's wife suddenly walked out on him. The 57-year-old man has been lonely ever since.
He's still not entirely sure why she dumped him, but thinks it could have been because he refused to let her go out to work.
She took most of his money, too, leaving him with the bulk of their debts.
六年前、スズキケンジの妻は突然彼を捨て去っていった。この57才の男はそれ以来ずっと孤独だった。
なぜ妻が彼を捨てたのか、彼には未だにまったくわからないが、彼女が外で働くことを彼が拒絶したためかもしれないと思う。
彼女はまた、彼の金のほとんどをとって、かれらの大量の負債とともに、彼を置き去りにした。
3
"Looking back now, I wish I had listened to her," Suzuki, not his real name, tells Shukan Post.
「今思い返せば、私は彼女に耳をかたむければよかったのにと思います」と、スズキ(実際の名前ではない)は、週刊ポストに語る。
4
Middle-aged divorces are one of the hottest trends in Japan at the moment.
It has provided fodder for the weeklies, tabloid TV shows and even one of the currently most popular small screen dramas in the country.
現時点では、熟年離婚は、日本における最もホットな流行の一つである。
熟年離婚は、日本の週刊誌やテレビのワイドショー番組や現在最も人気があるテレビドラマに、材料を提供している。
5
A vast majority of gray divorces of being instigated by women frustrated at decades of silently bearing often demanding husbands' orders.
And guys like Suzuki are starting to discover what it was they've lost. He's hurting, getting older and doing so alone, his solitude made worse by lack of regular work.
A vast majority of gray divorces of being instigated by women frustrated at decades of silently bearing often demanding husbands' orders.
熟年離婚の大部は、何度も夫の過酷な要求に静かに耐えてきた数十年間にいらいらさせられた、女性が提唱者である。
そしてスズキのような男たちは、自分たちが失ったものは何かということを、発見し始めている。
彼は惨めで年をとってきていて一人ぼっちでやっていて、彼の孤独は、定職がないことによって悪化している。
6
"You've gotta have steady employment.
Everybody says how good it is to be single again and how you have the chance to play around with young women, but there's not a women on the planet who's going to be around a middle-aged guy if he's unemployed and has no money," Suzuki tells Shukan Post, providing the first of his three conditions for living as a mid-life divorcee.
"The second condition is that you've got to know how to do housework.
If you're cooking for yourself, you're also gonna be healthier. After you've got past the eating, you've got to know how to clean your home, take out the trash and all that stuff.
It's tougher work than it looks. My kitchen is filthy."
「安定した職につく必要があります。
みんなが、独身に戻ったことのよさや、若い女性と遊び回る機会ができることを口にしますが、地球上には、男が無職で金を持っていなければ、その熟年男と一緒にいようとする女性はいません」と、スズキは週刊ポストに、熟年離婚者が生活していくための三条件の一番目を提唱しながら語る。
「二番目の条件は、家事の仕方を知らなければいけない、ということです。自炊すれば、より健康になります。
食べることができた後は、家の掃除の仕方やごみなどの出し方を知らなければなりません これは思ったよりも大変なことです。私の台所は汚らしいです」
7
A large proportion of Japanese men like Suzuki have been spoiled rotten, allowed to concentrate on work without ever contributing around the home.
It often means the fail to realize how good their wives are giving it to them, which leads us to Suzuki's third condition of living as a dumped divorcee.
鈴木のような日本の大部分の男性は、家庭をちっとも顧みずに働くことに集中させられたため、ひどく駄目になっている。
このことはしばしば、妻が夫に与えてきたものがどんなによいことか、夫が気がつかないを意味し、捨てられた離婚者として生活するための鈴木の三番目の条件へと結びつく。
8
"Do whatever it takes to woo your wife back home, even if that means kowtowing before her in apology," he says.
"Middle-aged divorce is that hard to handle."
妻に家に戻ってもらうためにやらなければならないことは何でもやりなさい、たとえそれが、彼女の前で謝ってぺこぺこすることだったとしても、です」と、彼はいう。
「熟年離婚は、こんなにもうまく対処することが、難しいことですから」
9
Kensuke Sanada, operator of Rikonavi, a site with 22,000 unique users a month that provides information on any aspect involved in ending a marriage,says that most men in a situation such as Suzuki's have no idea what has hit them.
離婚に関わるどんな事柄に対しても情報を提供する、ひと月あたり二万二千人のユニークユーザーを抱えるサイト・リコナビの運営者である真田剣介は、スズキと同じような立場にある大抵の男性は、なにが原因だったのか見当がついていない、という。
10
"Women instigate middle-aged divorces in about 80 to 90 percent of cases.
Most of the time, the final straw has not been any single incident, but comes after years of pent-up frustration," Sanada tells Shukan Post.
"A survey our site carried out showed that it was often only little things that a husband had failed to do over decades that had prompted women's decisions to divorce, such as failing to call them by their first name, forgetting wedding anniversaries or birthdays, and failing to complement them on changed hairstyles or appearance." (By Ryann Connell)
「事例のうち、約80から90パーセントにおいて、熟年離婚をきりだすのは女性です。
ほとんど常に、堪忍袋の尾が切れるのは、たった一つの出来事でのためではなく、いらいらが鬱積した長年の後のことです。我々のサイトが実施した調査が示すのは、原因は、妻に離婚を決意させる数十年間に渡って夫がやりそびれたちょっとしたことだということで、たとえば妻を下の名前で呼ばなかったり、結婚記念日や誕生日を忘れたり、髪型や見かけを変えたときにほめなかったり、ということです」
(ライアン・コネル記)
11
(Mainichi Japan) January 17, 2006
(毎日 日本) 2006年1月17日

拡散状況

英語サイト
http://www.divorceblogg.com/node/7372


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。