Fiery foxes spend summer banging on the sly

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Fiery foxes spend summer banging on the sly

過激な美女たちは、こっそりと性交をしながら夏をすごす

0
Fiery foxes spend summer banging on the sly 2004,09,15
Shukan Gendai 9/18 By Masuo Kamiyama
過激な美女たちは、こっそりと性交をしながら夏をすごす
週刊現代 9/18 カミヤママスオ記
1
And how, ma'am, inquires Shukan Gendai (9/18), did you get off during this most sizzling of summers? Who did you do it with? And where?
週刊現代(9/18)は調査する。それで、お嬢さん、今年の厳しいうだるような夏の間、どのように楽しみましたか?
誰と一緒にアレをしましたか?そして、どこで?
2
"In summer, there's so much skin showing," sighs a 22-year-old department store employee, one of 300 OLs who responded to the magazine's poll.
"Feelings are more open. Sex just happens."
「夏になると、素肌がとてもたくさん露出します」と、週刊現代の調査に回答した三百人のOLの一人である、二十二歳の百貨店従業員はため息をつく。
「気持ちはより開放的になります。自然発生的にセックスをします」
3
So it does. "I did it with my boyfriend on the beach after everyone went home," confesses a 19-year-old in the clothing sector.
確かにそのとおりである。「皆が家に帰った後、私はボーイフレンドと砂浜でアレをしました」と、服飾産業で働く十九歳は告白する。
4
"I went to the office on my days off to have sex with my boss," reveals a 27-year-old securities firm employee.
"In the lounge, with the chief of interns," confides a 25-year-old hospital office staffer.
"We kept our hands pressed against each others' mouths, so no one would hear us."
「私は休日の職場にいって、上司とセックスしました」と、二十七歳の証券会社従業員は明らかにする。
「休憩室で、インターンの上役と」と、二十五歳の病院スタッフは打ち明ける。
「私たちはお互いの口を手で押さえ続け、誰にも私たちのことが聞こえないようにしました」
5
Beneath those prim office uniforms, behind those demure businesslike smiles, lurk passions that frankly surprise Shukan Gendai.
"Tumultuous" is the word it uses to describe the life it finds seething under the bland surface appearances.
彼女たちのとりすました職場のユニフォームの下に、彼女たちの慎み深い事務的な笑顔の奥に、熱情が蠢いていて、それは週刊現代をとても驚かせる。
「乱れた」とは、週刊現代が発見した、平凡な外見の容姿の下で湧き上がる生活を述べるために、週刊現代が使う言葉だ。
6
The survey covered female company employees, aged from the teens to the forties.
Sixty percent of respondents have steady partners; 30 percent claim to have had sex with "four to six men;" one boasts a life history of 80 partners.
Of particular interest is that no fewer than 43.3 percent of the 300 have "sex friends" -- sexual partners who are neither husband nor boyfriend.
"For today's OL," infers Shukan Gendai, "a sex friend is becoming indispensible for sexual satisfaction."
この調査は、十代から四十代の、女性会社員を対象としている。
回答者のうち六十パーセントには決まったパートナーがいる;三十パーセントは「四人から六人の男と」セックスしたことがあると主張する;一人は八十人のパートナーとの恋愛遍歴を披露する。
特に興味深いのは、三百人のうちじつに43.3パーセントに、「セックスフレンド」――夫でも彼氏でもない、性的なパートナー」――がいるということだ。
「今日のOLにとって、セックスフレンドは性的満足のために不可欠なものとなっています」と、週刊現代は推察する。
7
Forty percent of respondents say their most memorable sexual experiences are adulterous ones.
"I'd go to my boss' house, telling my husband it was to discuss work," says a 29-year-old employed by a manufacturing company.
"We'd go into his room and, with most of our clothes on, I'd mount him while he sat in his chair.
The big thrill was knowing that his wife was in the next room..."
回答者のうち四十パーセントは、彼女たちの最も印象的な性体験は不倫におけるそれだという。
「私は自分の夫に仕事の話だからといって上司の家に行ったものです」と、製造業会社員の二十九歳はいう。
私たちは彼の部屋にいって、ほとんどの服を着たまま、彼が椅子に座っている間、私が彼の上に乗っかったものです。
彼の妻が隣の部屋にいるということがわかっているので、とても興奮しました……」
8
"One night I had sex outside with my friend's boyfriend," recalls, with an infectious shiver of pleasure, a 21-year-old office worker.
"There was this party.I was with my boyfriend, and my friend was with hers We were drinking, and my friend's boyfriend and I - we just had to do it.We were in 'H mode'" - "H" being common slang for sex.
"We went outside, but it was a residential area, no open spaces, no love hotels. Where could we go? Finally we ended up on the roof of an apartment building..."
「ある夜、私は友達の彼氏と屋外でセックスしました」と、二十一歳の会社員は、こちらまで伝わってくるような喜びに震えながら、思い起こす。
「パーティーがありました。私は私の彼氏といて、友達は彼女の彼氏とました。
私たちはお酒を飲んでいて、そして友達の彼氏と私の二人は、アレをしなきゃいけなくなりました。
私たちは『Hモード』になっていたのです」―「H」とは、セックスを意味する、誰でも知っているスラングである。
「私たちは外に出ましたが、そこは住宅地域で、開けた場所もなく、ラブホテルもありませんでした。
私たちはどこへ行けたでしょう?
結局私たちは、アパートメントの建物の屋上でやることになりました……」
9
Both parties being rather drunk, their initial fumbling attempts at coupling were frustrating failures, but "then the sun rose, and in the fierce glare of the summer sun" they recovered their customary adroitness, and "whenever I recall it," the young woman tells Shukan Gendai, "I get excited."
二人とも結構酔っていたので、かれらの最初の交接しようとする不器用な試みはイライラする失敗に終わったが、「すると太陽が昇り、夏の太陽の激しい眩しさの中で」かれらは普段の機敏さを取り戻し、そして「あのことを思い出すときはいつも、私は興奮します」と、この若い女性は週刊現代にいう。
10
As, vicariously, do we.
我々まで興奮してくるではないか。
11
September 15, 2004
2004年7月15日

拡散状況

SkyDrive
http://cid-88684d2bf683ba51.skydrive.live.com/self.aspx/mainichi/moto/2004/2004.09/Fiery%20foxes%20spend%20summer%20banging%20on%20the%20sly.pdf


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。