Curtain draws on Self-Defense Force stripper who plugged for peace

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Curtain draws on Self-Defense Force stripper who plugged for peace

平和を訴え続けた自衛隊ストリッパーに死の幕が下りる

0
Curtain draws on Self-Defense Force stripper who plugged for peace 2006,02,02
Shukan Asahi 2/10 By Ryann Connell
平和を訴え続けた自衛隊ストリッパーに死の幕が下りる
週刊朝日 2/10 ライアン・コネル記
1
Tomomi Sawaguchi made her name for getting into a military uniform, but she really became a star when she got out of it, judging by Shukan Asahi (2/10).
沢口友美は軍の制服を着ることで有名になったが、彼女が本当にスターになったのは、週刊朝日(2/10)から判断すれば、それを脱いだときであった。
2
But leukemia cut down Sawaguchi in the prime of her life, eventually claiming her last month aged just 44.
しかし白血病が、沢口の人生の最盛期に彼女を打ちのめし、ついに先月、まだ44歳の彼女の命を奪った。
3
Sawaguchi became known across Japan for being the Self-Defense Force stripper, a title she earned following a stint in Japan's psuedo-military changing truck gears before a successful period on the stage, where this time she was getting her gear off.
沢口は、現役自衛隊ストリッパーであることで、日本中で知られるようになった。
この肩書きは、舞台上で成功した時期よりも前の、方針転換中の日本の軍隊もどきに属した期間のために彼女が獲得したものだ。
舞台では彼女は服を脱いで裸身になった。
4
Sawaguchi the SDF Stripper was born in the Hiroshima Prefecture port city of Kure, but left her hometown for Tokyo at 18. She joined the SDF shortly afterward and quickly married and had a kid, but divorced at 26.
自衛隊ストリッパー・沢口は、広島県の港湾都市呉で生まれたが、18歳のとき故郷を離れて東京に行った。
しばらくしてから彼女は自衛隊に入隊し、すばやく結婚し一児をもうけたが、26歳のときに離婚した。
5
While strolling around the seedy Tokyo entertainment district of Ikebukuro one day in the late '80s, a "talent scout" picked her up and introduced her to the world of stripping, where she quickly made a name for herself.
80年代後半のある日、東京の評判のよくない歓楽街・池袋をぶらぶら歩いているときに、「タレントスカウト」が彼女を見出し、彼女をストリップの世界へといざなった。
そこで彼女は素早く名声を得た。
6
"As far as I know, Sawaguchi was the first performer to bring 'nyotaimori,' or the serving of food on a naked woman's body, onto the stripping stage," Motoji Takasu, a publishing producer, tells Shukan Asahi.
"Her pudgy little body made her a stripping star in a very short time."
「私の知る限りでは、沢口は、ストリップの舞台の上で最初に「女体盛り」――裸の女性の体の上に食べ物を置くこと――を行ったストリッパーでした」と、出版プロデューサーの高須基仁は週刊朝日に語る。
「彼女のずんぐりした小さな体のため、あっという間に彼女はストリップのスターになりました」
7
Sawaguchi had initially kept her military roots a secret, but opened up about her weapon-wielding experiences during a 1993 magazine interview, throwing her into the national spotlight.
Around the same time, she started using her newly found near-fame to campaign for peace.
She appeared at a number of anti-war protests and deepened ties with journalists and other peace activists.
当初沢口は自衛隊の経歴を秘密にしていたが、1993年のある雑誌インタビューにおいて、武器を取り扱った体験を公表し、国民的なスポットライトの中に自分を投げ入れた。
ほとんど同時期に、彼女は自分が新たに手に入れた名声に近いものを使って、平和運動を行いはじめた。
彼女は数々の反戦抗議に姿を現し、ジャーナリストや自分以外の平和活動家との絆を深めた。
8
"There's no room for eroticism once war starts," Shukan Asahi quotes Sawaguchi saying in what became her trademark argument. "Nudity is a symbol of peace."
「いったん戦争がはじまれば、エロティシズムを許容する余地は無くなります」と、週刊朝日は彼女のトレードマークとなった沢口の持論を引用する。「裸は平和の象徴です」
9
In February 2003, just days before the United States invaded Iraq, Sawaguchi headed off to Iraq and bared her body again, this time to act as a human shield.
But she attracted considerable criticism in Japan and was forced to head back home.
2003年の2月、合衆国がイラクを侵略する本の数日前、沢口はイラクへと向い、今度は「人間の盾」の行動をするため、彼女の体をむきだしにした。
しかし彼女は日本で相当な量の批判を招いてしまい、帰国せざるを得なくなった。
10
Not long after she returned, Sawaguchi began complaining about numbness in her legs.
She thought it was economy class syndrome. The pain lingered for a considerable period so the peace activist cum SDF stripper sought medical consultation and was shocked to learn in April last year that she had actually contracted leukemia.
She began a blog to detail her experiences battling the disease from her hospital room.
帰国してほどなく、沢口は足の痺れを訴え始めた。彼女はそれはエコノミークラス症候群だと思った。
その痛みはかなりの期間つづいたので、この平和活動家兼自衛隊ストリッパーは、医師に診断してもらい、実は彼女は白血病にかかっていたことを去年の四月に知り、衝撃を受けた。
彼女はブログを始めて、病室から闘病体験を詳しく記述した。
11
"She sounded really cheerful when I called her in the hospital.She told me jokingly how much she thought her hair was a pain and how she was always pulling it out," publishing business figure Takasu says.
"For somebody who had made a living out of their beauty, the experience must have been a tough one for Sawaguchi.
It was too tough for me to go and visit her."
「私が病院にいる彼女に電話をしたとき、彼女はとても快活そうな様子でした。
彼女は私に冗談っぽく、彼女は自分の髪を悩みの種と考えていて、いつも髪を引き抜いている、と私に語りました」と、出版界の大立者の高須はいう。
「自分の美しさで生計を立てている人として、この経験は沢口にとって厳しいものだったに違いありません。
厳しすぎて、私は彼女のお見舞いに行きませんでした」
12
"Sawaguchi's performances on stage were all about the fine line dividing Eros (the Greek god of love) and Thanatos (Greek mythology's personification of death)," Takasu tells Shukan Asahi.
"She spent her life stripping for peace." (By Ryann Connell)
「沢口の舞台でのパフォーマンスはすべて、エロス(ギリシャの愛の神)とタナトス(ギリシャ神話における死の権化)を分ける微妙な境界線についてのものでした」と、高須は週刊朝日に語る。
「彼女は自分の人生を、平和のためにストリップして過ごしました」(ライアン・コネル記)
13
February 2, 2006
2006年2月2日

拡散状況

Psychommu Gaijin
部分転載:http://pgaijin.blogspot.com/2006/02/mainichi-daily-news-waiwai-curtain.html
英語サイト
http://marc.newsvine.com/_news/2006/02/03/81556-curtain-draws-on-self-defense-force-stripper-who-plugged-for-peace


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。