神奈川、千葉、奈良は不倫の都

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Warning: Some regions are bad for your marriage!

警告:いくつかの地方は、あなたの結婚生活の毒になる!

神奈川、千葉、奈良は不倫の都

*1
0
神奈川、千葉、奈良は不倫の都 1997,02,02
Warning: Some regions are bad for your marriage!  
Shukan Bunshun 1/30 By Takeshi Ito
警告:いくつかの地方は、あなたの結婚生活の毒になる!
週刊文春 1/30 イトウタケシ記
1
Traditionally,people in Kyoto are known for spending their savings on clothing.People in Osaka are said to prefer good food over good clothing.
Women in Northern Kanto tend to henpeck their husbands after marriage.
伝統的に、京都の人々は彼らの貯蓄を衣類に使うことで知られています。
大阪の人々はいい衣類よりもむしろいい食品の方を選ぶと言われています。
関東北部の女性は結婚の後で、彼女たちの夫を尻に敷く傾向にあります。
2
These old stereotypes about regional characters still persist in the minds of many Japanese people.
While observers agree local cultures are increasingly being lost,Shukan Bunshun finds there are still a good deal of regional differences in Japan that make some prefectures more comfortable than others for extramarital couples,liars,boutique owners and the Emperor.
地方の特性についてのこれらの古い固定観念は、多くの日本の人々の心にいまだに根付いています。
地方文化が次第に失われていっていると観測者たちが認める一方で、週刊文春は、いくつかの県を、不倫カップル・うそつき・ブティックのオーナーそして天皇にとって他県よりもより心地よくする、かなりたくさんの日本の地域差がまだあるのだと気付きます。
3
The magazine bases the three-page report on "Zenkoku Kenmin Ishiki Chosa," a nationwide poll an NHK-affiliated institute conducted last year.
In the poll researchers asked the same 90 questions 900 people living in each of Japan's 47 prefectures.
雑誌は3ページの記事の基礎を、NHK関連の機関が去年実施した全国的な世論調査、「全国県民意識調査」に置きます。
その世論調査で、調査員は同じ90の質問を日本の47県のそれぞれに住んでいる900人の人々に質問しました。
4
Shukan Bunshun starts the article with surprising news for people in Kanagawa,Nara and Chiba - they are the most lax about liaisons out of wedlock.
週刊文春は記事を、神奈川、奈良そして千葉に住む人々にとっての驚くべきニュースから始めます…彼らはもっとも婚外の密通にだらしない。
5
The majority of pollees in the three prefectures said "no" in response to the question - " Do you think extramarital relations are immoral and should never be tolerated?" Replies to the same question place people from Hiroshima,Oita and Kanagawa at the opposite end - they are most critical of adultery.
その3県の世論調査対象者の大部分はその質問、「あなたは不倫関係は不道徳なものであり、そして決して許容されるべきではないと思いますか?」に答えて、「いいえ」と言いました。
同じ質問への回答は、広島、大分そして神奈川出身の人々を正反対の結果に置きました…彼らは最も不貞に対して批判的でした。
6
The poll finds residents of Hiroshima are relatively square.
In a related question,the researchers asked,"Do you think lying is a bad act that should never be tolerated?" Hiroshima folks supplied the second highest ratio of affirmative replies,surpassed only by respondent's in Wakayama.
その世論調査は、広島の居住者は相対的に保守的だと発見します。
関連した質問で、調査員は尋ねました、「嘘をつくことは決して許容されるべきでない悪い行いだと思いますか?」広島の人々は、和歌山の回答者のものにのみ越される、肯定の回答の二番目に高い率を提供しました。
7
Wakayama residents' frankness may be reflected in their replies to another question - "Do you think the Emperor should be respected?" The question generated the highest ratio of negative answers among respondents in Kyoto,followed by those in Wakayama,Meanwhile,pollees in Fukui,Ishikawa and Nagasaki provided the highest ratios of affirmative answers to the same question.
和歌山の居住者の率直さは、他の質問…「あなたは天皇は尊敬されるべきだと思いますか?」に対する彼らの回答に反映されているのかもしれません。
その質問は京都の回答者の間で、否定的な回答の最も高い率を生みました。
その後に和歌山のそれらが続きます。その一方で、福井、石川そして長崎の世論調査対象者は、同じ質問に対する肯定的な回答の最も高い率を提供しました。
8
The Emperor is not the only person held in high regard by the people of Fukui.
They seem to have similar respect for fashionable dressers.Alongside pollees in Ehime,Fukui residents gave the highest ratio of "yes" to the question,"Do you mind wearing out-of-fashion clothes?" On the other hand,many pollees in Fukushima and Iwate expressed indifference toward fashion.
天皇は、福井の人々によって高い尊敬で支えられた唯一の人ではありません。
彼らは同じような尊敬を、おしゃれな、着こなしのうまい人にも持っているように見えます。
愛媛の世論調査対象者と一緒に、福井の居住者はその質問、「あなたは流行外れの服を着ることを嫌がりますか?」に最も高い「はい」の率を与えました。
一方では、福島と岩手の多くの世論調査対象者はファッションに関して無関心を表現しました。
9
According to Shukan Bunshun,people living in Shimane and Ibaraki prefectures exhibit particularly strong regional characteristics.
Pollees in Shimane lead the nation in their support for such opinions as "I feel strong spiritual bonds with my ancestors," and "I wish to have some kind of spiritual backbone,be it God or Buddha"
週刊文春によると、島根県と茨城県に住んでいる人々は特に強い地域性を見せます。
島根の世論調査対象者は、彼らの「私は私の祖先に強い精神的絆を感じます」そして「それが神か釈迦かに関わらず、何かの宗教的な気骨を持ちたいと願います」のような意見への彼らの支持で国を率います。
10
In another distinct pattern,pollees in Ibaraki display an amazing lack of pride in their region and its traditions.
They top the nation in their endorsement of such words as,"I don't like the prefecture I live in." "I don't like the local accent," "I don't want to hand the local accent down to the next generation" and "I am ashamed of my accent."
他の注目すべき傾向では、茨城の世論調査対象者は、彼らの地方とその伝統への誇りの驚くべき欠如を見せました。
「私は私が住む県が好きではない」「私はお国言葉が好きではない」「私はお国言葉を次の世代へと伝えたくない」そして「私は私の訛りを恥じている」といったそのような言葉への彼らの支持で国の1位になります
11
Takao Sofue,a professor at Hoso University who specializes in regional character studies,tells Shukan Bunshun these findings should be taken with a grain of salt.
タカオ ソフエ、地域特性学を専門とする放送大学の教授は、週刊文春に、これらの調査結果は話半分に聞かれるべきだと語ります。
12
"We have a tendency to anticipate regional characters other people expect from us and try to live up to them.For example,many Edokko (trueborn Tokyoites) feel they must be lavish in spending their money," offers Sofue.
"Prefectural characters do exist.But we should exercise caution and try to avoid stereotyping and preconceptions." (TI)
「私たちには、他の人々が私たちに期待する地方特性を先取りして、そしてそれに応えて生活しようとする傾向を持っています。
例えば、多くのエドッコ(生え抜きの江戸っ子)は、彼らは彼らの金を使うのに気前よくあらなくてはならないと感じます」ソフエは申し出ます。
「県の特徴は存在します。けれど私たちは用心し、そしてステレオタイプ化と先入観を回避しようとすべきです」

参考資料

祖父江孝男
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%96%E7%88%B6%E6%B1%9F%E5%AD%9D%E7%94%B7

元資料

神奈川、千葉、奈良は不倫の都1.jpg 神奈川、千葉、奈良は不倫の都2.jpg 神奈川、千葉、奈良は不倫の都3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。