Girls without panties slip into the groove

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Girls without panties slip into the groove

パンティをはかない若いオンナはいかしたことにハマる

By Cheryl Chow Contributing Writer
January 10, 2003
シェリル・チャウ
(2003年1月10日配信)

Take a look around you.
Do you see (or not see) how the young women have taken to prancing around the streets of Tokyo braless and pantiless --- and in the privacy of their own homes, buck naked.
Or at least according to Spa! (1/14) which can be counted on to maintain the highest journalistic standards of objectivity by accosting nubile maidens and asking them point blank, "Are you wearing any undies?"
According to a fashion writer, last summer, three out of ten replied in the negative.
And what's with these dames? Don't they feel any shame? Spa! ferrets out their reasons, however lame.
All sorts of benefits were claimed, ranging from boosting creativity to busting the blues.
周りを見てみよう。
どんなふうに若い女性がブラもつけずパンティもつけず東京の通りを闊歩しているか――くわえ、家の中じゃ素っ裸だ――あなたに見えるだろうか?(それとも見えない?)
つまり、少なくてもSPA!(1/14号)(年頃の女性に声をかけてズバリ「何か下着つけていますか?」と尋ねる方法で、客観性に対してジャーナリズムの最高基準を維持するとアテにできる雑誌だ)によれば。

Take 25-year-old cartoonist Tomoko who wears neither bra nor panty, and regularly spends time naked at home.
Ever cool and professional, she'll make tatements like, "Yes, the composition here needs to be simplified."
But she'll secretly add a tag line, "Yeah, but I ain't wearing panties today."
And it gives her an odd sense of pleasure.
When she's at a loss for ideas, she knows it's time for her to strip.
She swears that it vastly increases her work output.
Doesn't it also give her a sense of sexual excitement? asks Spa!
Absolutely not,Tomoko scoffs.
25歳の漫画家・トモコを例に挙げると、彼女はブラもパンティもつけず、いつも家の中では素っ裸ですごす。
相変わらずクールで学者ぶった様子で、彼女はこんな発言をする「ええ、ここは構図を簡易化すべきね」
しかし、彼女はこっそりオチを付け加える。「うん、けど、私は今日はパンティをはいてないの」。
それは彼女におかしな快感を与える。
彼女がアイディアに詰まったとき、彼女は衣服を脱ぐ時が来たと知る。
彼女はそれこそが彼女の仕事の生産性をとても高めるのだと断言する。
性的な快感を感じないんですか?とSPA!がたずねると、
まったくとトモコは冷笑した。

But others beg to differ. A 24-year-old likens it to masturbation.
"It's thrilling," she titters.
"When I go to the convenience store without wearing panties, I get a charge by repeating to myself, 'I'm not wearing panties now, I'm flipping through mags and I'm not wearing panties, I'm getting out change and I'm not wearing panties.'"
しかし、不賛成な者もいる。24歳の女性はそれを自慰になぞらえる。
「スリリングよ」彼女はしのびわらう。
「私がパンティを履かずにコンビニに行くとき、自分にこう言い聞かせることでスリルを感じるわ。『私は今パンティを履いていない、私は雑誌をぱらぱら捲ってる、私はパンティを履いていない、私は興奮してる、私はパンティを履いていない。』」

Keiko, a 29-year-old, also enjoys the mild sexual titillation.
She's been at this for 16 years since high school.
Her only regret is that she didn't start -- or rather, stop -- sooner.
Today, she goes pantiless to the office twice a week.
If she drops something on the floor, she teases the men by bending down so that she almost -- but not quite -- exposes her secret.
"It's exciting, my body gets so hot," she trills.
She also enjoys taking pictures of herself in the zuff.
Once she had to report to the office on a Saturday when no one else was there, so she stripped and snapped pictures of herself nude.
29歳のケイコもまたマイルドな性的な刺激を楽しんでいる。
彼女は高校生のときから、16年間ずっとこの状態だ。
彼女にとって唯一残念なことは、彼女がもっと早く始めなかった――寧ろ(訳補:下着の着用を)止めなかった――ことだ。
こんにち、彼女は週に二回ノーパンで事務所に行く。
もし彼女が何かを床に落とせば、ほとんど――しかし全部ではなく――彼女の秘密を晒すために彼女は腰を曲げて、男を思わせぶりに焦らす。
「興奮するわ、体が熱くなってくるの」彼女は声を震わせる。
彼女はまた裸で写真を撮ることを楽しんでいる。
一度、他の誰もいない土曜日に彼女は事務所に行かなければならなかった。そこで、彼女は衣服を脱ぎ、自身のヌード写真を撮影した。

She's married today, but the so-called expose continues.
Matter of fact, she and hubby like to be naked at home.
Sanae, another believer in less is more, recommends going naked for couples who want to experience feelings of security, devotion and happiness.
For her, removing her undergarments has been absolutely "healing."
彼女は現在は結婚しているが、いわゆる露出はまだ続いている。
現実に、彼女と夫は家で裸になるのが好きだ。
着ない方がイイと信じきってる別の女性・サナエは、安心感や無償賞の愛、幸福感を経験するために、カップルに裸になるように勧める。
彼女にとって、下着を取り去ることはまさしく『癒し』なのだ。

Healing? My ass! chortles gynecologist Dr. Ikuko Ikeshita.
She eloquently speaks out against the dangers of getting a chill from over-exposure.
She warns that it can lead to stiff shoulders, bloating, disturbance of the parasympathetic nervous system, menstrual irregularity, cramps, fatigue, listlessness -- and should these symptoms continue, they can lead to major depression.
Not to mention that it's uncouth from a hygienic point of view.
As she explains to Spa!, vaginal discharge functions as a barrier against bacteria.
Thus, if a woman leaves her genitals exposed, she'll experience an increase in discharge.
癒しですって? 冗談! 産婦人科医・イケシタイクコ *1 はおかしそうに笑う。
彼女は雄弁に過剰な露出による冷えの危険性を語る。
冷えは肩凝り、腫脹、副交感神経系への障害、月経不順、生理痛、疲労、倦怠感に繋がり、これらの症状が続けば、彼女達は大うつ病になりかねないと警告する。
衛生的な観点から見苦しいことは言うまでもない。
彼女がSPA!に語ったところによると、おりものはバクテリアに対するバリアの働きをする。
したがって、もし女性が性器をさらけ出せば、彼女のおりものの量は増えるだろう。

So, are these maidens masochists, narcissists or exhibitionists?
None of the above, concludes Spa!
They're just girls yearning to be the heroine of their own stories, a drama that doesn't require talent, hard work, or even good looks.
What a seductive, utterly under-rated, undie-less pleasure.
January 10, 2003
ならば、これらのお嬢さん方はマゾヒストか、ナルシストか、露出狂なのか? 
上記のどれでもないとSPA!は結論を下す。
彼女たちは彼女たちの才能も厳しい作業も美貌さえ必要としない物語やドラマのヒロインたりたいと切望する若いオンナたちなのだ。
なんと誘惑的な、過小評価された、下着のなしの快楽なのだろう。
(2003年1月10日)

拡散状況

英語サイト
部分転載:http://forums.fark.com/cgi/fark/comments.pl?IDLink=402268
http://www.sociocide.com/forums/showthread.php?t=38061
Blogger
http://gssq.blogspot.com/2003/01/httpmdn.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。