Gummy grannies groping for a good time


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。



Gummy grannies groping for a good time

素敵な時間のためにネバネバおばあちゃんとベッタリ
(2002年9月29日配信)


"I took a room in a love hotel and phoned the call girl service. I was more interested in seeing what was going on than getting my rocks off. I asked them to send me a woman in her 70s who had big breasts that hadn't gone droopy," a 25-year-old man we'll call Kei tells Weekly Playboy (9/10).
「僕はラブホテルに部屋を取り、売春斡旋業に電話したんです。性的満足を得ることより、見ることに興味がありました。
まだ垂れていない大きな胸をもつ70代の女性を送ってくれるよう頼んだんです」25歳の青年――ケイと呼ぼう――は週刊プレイボーイに語った。

Over the past couple of years, skyrocketing numbers of middle aged or elderly women from their 50s to their 70s have started selling sex to people like Kei.
過去2~3年の間に、ケイのような人々に性を売る50歳代から70代までの中年または年配の女性が急増している。

Kei's call girl stood at 148 centimeters tall, weighed in at 68 kilograms and turns 71 next month. One of her seven grandchildren is the same age as her client.
ケイの呼んだ女性は身長148cm、体重は68kg、来月71歳になる。彼女の7人の孫の一人は彼女の顧客と同世代だ。

"She told me to call her Kiyoko, asked if I'd like to have a shower with her and reminisced about the days when her C-cup boobs used to be much bigger. She talked about stuff that any woman would talk about," Kei recounts for the men's weekly. "She asked me if I wanted a kiss and when I told her I did, she suddenly shoved her tongue down my throat."
「彼女は僕にキヨコって呼んでくれって言って、自分と一緒にシャワーを浴びたいか尋ねて、自分のCカップのオッパイが以前はもっと大きかったのだと思い出を語りました。
彼女が話したことはどんな女性でも話しそうなことでした」ケイはその男性週刊誌に語る。「キスしてほしい?と彼女は尋ねました。
僕が彼女に言ってキスすると、彼女は突然、舌を僕の喉にまでつっこんできたんです」

Kei started off with a 69, followed by some lateral slide action. His second round started when Kiyoko took out her teeth and serviced him orally, but he was too concerned about her body odor to finish the job.
ケイはシックスナインからはじめ、幾つかの側面からのひそかな動きを続けた。彼の2ラウンド目は、キヨコが自らの入れ歯を取り彼を口でサービスしたときに始まった。
しかし、彼は彼女の体臭が気になり、射精することはできなかった。

Makiko is a 67-year-old call girl who works in the Uguisudani district of Tokyo's Taito-ku.
マキコは、東京都台東区の鶯谷で働く67歳の売春婦だ。

"Most of the customers I get are young guys. I think the youngest was a student of 18. He'd come and visit me once or twice a month and tell me how happy he was to see me," the elderly lady of the night tells Weekly Playboy. "We did it six times in one 60 minute session."
「私の客の殆どは、若い男性ね。一番若い客は18歳の学生だと思うわ。彼は月に1,2度やってきて、私に会えてどんなに嬉しいか話してくれるの」
年配の婦人は週刊プレイボーイに語る。「私たちは60分のセッションで、6回するのよ」

An adult entertainment industry source has ideas about why elderly prostitutes have become popular in Japan during recent years.
アダルト娯楽産業の消息筋は、何故年配の売春婦が近年日本で人気になってきたのかに対して考えを持っている。

"It's easy enough to understand why elderly men like those whose wives have died would seek out a woman of the same generation. But you also have to take into account the boom among older, married prostitutes. It started about five or six years ago, focusing on women in their 30s or 40s who serviced men looking for relaxation or therapeutic care," the source tells Weekly Playboy. "But once the services became commercialized, the relaxation aspect of their services disappeared. That's where it came time to step in for the really old women, who dealt with their customers with a kindness approaching the way adults look after children."
「妻を亡くした年配の男性が、同年代の女性を探す理由は簡単に理解できることですよ。ですが、あなたはまた既婚熟女売春婦ブームの顧客を考慮しなければなりません。
だいたい5~6年前、男性接客業に携わる30代、40代の女性に、くつろぎや癒しを求めたのがはじまりです。」消息筋は週刊プレイボーイに語る。
「一度、そういったサービスは商品化されましたが、くつろげるものではありませんでした。
大人が子供の世話をするように顧客に優しくアプローチする本当に老いた女性が、(アダルト娯楽産業に/訳補)参加する段階が来たんです」

Old prostitutes seem to have captured their share of the sex market, hooker, line and sinker.
老売春婦は彼女らのシェアを性産業にズッポリ確立したように見える。

"Kiyoko brought some iced tea for me to drink and she'd pat me on the head when we kissed," a starry eyed Kei recalls for Weekly Playboy. "She actually gave me a discount, saying that I should use the money to buy myself some lunch. It was just as though my grandma had given me some pocket money. The more I talked to her, the more I wanted to meet up with her."
「キヨコは僕のために冷たいお茶をいれてくれるし、キスするときは、愛情をこめてそっと頭を叩いてくれるんだ」目を輝かせて、ケイは週刊プレイボーイに思い出を語る。
「彼女はホントに割引までしてくれたんだ、昼ごはんを食べなきゃいけないでしょって言って。僕のおばあちゃんがおこづかいをくれるのとおんなじだったよ。
僕は、もっと彼女と話したいし、もっと彼女と会いたいんだ」

2002年9月29日
(訳註:元記事News Top Page > WaiWai > Archive > Full Reportには署名なし、フォーラムにはBy Ryann Connell Staff Writerとあり)


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。