Racist rag warns women to fear foreigners at World Cup

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Racist rag warns women to fear foreigners at World Cup

人種差別主義のクズ雑誌がワールドカップで外国人を恐れるように女性に警告する


Hooligans have formed the focus of much of the security steps authorities have taken for the summer's World Cup, but it seems foreign men in general are just as much to fear, if a xenophobic Shukan Jitsuwa (1/31) is to be believed.
Gaijin guys, and the predilection local ladies have for them, have apparently given the weekly cause for launching an anti-foreigner tirade.
フーリガンは夏のワールドカップの安全対策当局の焦点である。だが、一般の外国人男性もまったく同様に恐れられている。もしも外国人嫌いの週刊実話(1/31)が信じるに足りるならば。
ガイジン男 *1 と彼らを好む地方の女性は、どうやらその週刊誌に手厳しい非難の原因を与えている。

Shukan Jitsuwa claims that all Japanese women face the threat of violence from foreign fiends attending the World Cup, quoting such sources as the following 20-year-old woman.
ワールドカップに関心を持つ外国の悪魔のような人々からすべての日本人女性は暴力を受ける危機に直面していると、以下の20歳の女性をソースとして週刊実話は主張する。

"Foreign guys always try to pick you up right away when you're out on the town.
I was at a nightclub once when this strange foreign guy I'd never met before came by and started talking to me really kindly.
That put me off my guard and the next thing I knew he'd dragged me inside a toilet.
It was all that I could do to get away from him.
Ever since then, I haven't been able to get this image out of my mind that all foreign men are scary.
They're all big guys, so there's nothing you can do to fight back if you have to.
I know some girls who've been done over and had to bear it.
You hear a lot about that sort of thing.
It's even more frightening if you know these guys are coming to Japan to deliberately cause trouble."
「貴女が街に出れば、いつだって外国人男性はすぐに貴女を連れ去ろうとします。
以前ナイトクラブで、一度も会ったことのないこのおかしな外国人男性は私に近づき、とても優しそうに私に話しかけてきました。
その様子で私は警戒心を解きましたが、次に彼は私をトイレの中にひきずりこみました。
逃げるのが精一杯でした。
その時から、外国人男性は皆恐ろしいというイメージが頭から離れないんです。
彼らはみんな大きくて、だから、もし反撃しようとしてもそんなことはできません。
襲われて、泣き寝入りしている女の子たちがいるのを知っています。
そういうことを聞いたことがありますよね。
外国人男性たちがわざとトラブルを起すつもりで日本にやってきているともし知ったら、もっとゾッとしますよ」

And the weekly is not the only one dishing it out to non-Japanese men attending the World Cup.
Shukan Jitsuwa quotes minutes from a Miyagi Prefectural Assembly meeting in June 2000.
そしてワールドカップに関心を持つ日本人でない男性をけなす週刊誌は、その週刊誌だけではない。
週刊実話は2000年6月の宮城県議会の議事録を引用する。

"If frustrations inside the stadium spread, even the smallest matter could spark a massive accident.
For instance, you can guess there will be fights, torching of cars and damage of properties near roads leading to stadiums.
「もし競技場の中のストレスが撒き散らされたら、最小の場合でさえ、大規模なハプニングがおこるでしょう。
つまり、ケンカや車の焼き討ち、競技場に続く道の側の資産へのダメージがおこりそうだと考えてもらってかまいません」

"In addition, expect people running off without paying hotel or restaurant bills and evil foreigners arrested for sneakily selling drugs like cocaine or heroin.
In the irregular atmosphere of the occasion, it's even possible we'll have the problem of unwanted babies borne by women raped by foreigners."
「付け足せば、ホテルやレストランの勘定を踏み倒して逃げ出す人々やコカインやヘロイン等のドラッグを密売して逮捕される外国人もいると予想されます」

Such a reputation has already put the ejaculation industry on the alert, with the areas expecting English fans being most concerned.
こういった世評のため、イギリス人サポーターが一番関わると考えられる地域では射精産業は警戒体制を既に取っている。

In Sapporo, which will host the game between fierce rivals England and Argentina, the doors to the netherworld have been slammed shut already.
ライバル同士であるイングランド対アルゼンチンが行われる札幌では、冥府へのドアは既に勢いよく閉ざされている。

"With foreigners, the first thing we worry about are diseases.
They can't speak the lingo and don't understand what we say to them, so don't know the rules of the game here," a sex shop operator in Sapporo's saucy Susukino district tells Shukan Jitsuwa.
"And we've always got to worry whether they'll pay up.
To be honest,the only way most brothels can combat the problems is to refuse them entry."
「外国人について私達はまず病気の心配をします。
彼らは専門用語を喋れませんし、私達が言うことを理解しません。だから、ここのゲームのルールを理解しません」札幌の粋なススキノ区のセックスショップの経営者は週刊実話に伝える。
「そして、私たちはいつも彼らが代金を支払うかどうか気をもみます。
正直に言って、大抵の風俗店がこの問題と闘える方法は、彼らの出入りを禁じることしかありません」

It's a similar story in Osaka, home of the closest major sex shop district to the English team's base camp on Awaji Island.
英国チームのベースキャンプがある淡路島に近接した主要な歓楽街の本拠地、大阪での似たような話はこうだ。

"Awaji held a flower exhibition a little while back and even then most sex shops wouldn't let foreigners in," an Osaka sex shop operator tells Shukan Jitsuwa.
"It's a really delicate issue.
I can see why some say it's discriminatory, but just by letting foreigners inside some brothels are opening themselves up to a whole assortment of problems."
January 20, 2002
「淡路島では、少し前に花博を開きました。そのときでさえ、殆どの風俗店が外国人を立ちいらせませんでした」大阪のセッ
クスショップの経営者は週刊実話に語る。
「本当に微妙な問題です。
差別的だという人たちの理由も理解できますが、外国人を風俗店の中にいれてしまうことは、ありとあらゆる問題をひきおこすことなんです」
2002年1月20日

関連情報

宮城県議会の議事録
http://www.pref.miyagi.jp/kengikai/kensaku/kensaku_f.htm
訳者も探したものの、平成12年6月定例会(第283回)-06月27日-03号において、知事が警察本部長の質問に対して、「テロ・ゲリラ対策、雑踏事故防止対策、交通対策を初め、熱狂的なファンやサポーターが行き過ぎた行動に出た場合の対策等」と答えた以上の言及を発見できなかった。
http://gikai.pref.miyagi.jp/search/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?A=frameNittei&USR=inter&PWD=&L=1&R=K%5fH12%5f06270003%5fTXT%5fL00000021%5f00000335


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。