Japan's schoolyard bullies go high-tech, teachers left eating virtual dust

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Japan's schoolyard bullies go high-tech, teachers left eating virtual dust"

「日本の学校構内イジメはハイテク化、教師たちはインターネットに取り残される」


Far from going away, Japan's perennial school bullying problem has refined itself, shifting from the classrooms and schoolyards to more subtle attacks through the Internet, according to Weekly Playboy (5/28).
無くならないどころか、日本の繰り返される学校でのイジメ問題は、教室と学校構内(校庭)からインターネットへと場所を移し、より分かりにくい攻撃へと悪化している、と週刊プレーボーイ5月28日号。

"Last year alone, the National Police Agency received 8,037 reported cases of online slander or defamation, a 39 percent increase over the previous year.
Of these, 57 developed into criminal defamation cases where arrests were made.
Both the number of reports and the number of arrests hit record highs," a police beat reporter for a national daily tells the weekly.
「警視庁は、昨年だけで、8037件のインターネット誹謗中傷の報告を受けた、これは前年度に対して39%増である。
それらのうち、57件は検挙にいたる名誉毀損犯罪と発展した。
報告件数と検挙件数ともに過去最悪となった。」とある日刊紙警視庁詰め記者は週刊プレーボーイに語る。

Bullies use their knowledge about their victims to set up fake sites to slur them, or hurl abuse at them on sites originally set up for information sharing between students.
いじめる方は被害者たちについて知っていることを利用して彼らを中傷するための偽サイトを立ち上げる、または、元々は生徒同士で情報を共有するために開設されたサイトで悪口を浴びせ付ける。

"High school students have recognized for a while that there are plenty of problems with the sites set up for information exchanges between students.
These sites, called 'underground school sites,' are set up separately to school's official home pages.
They were supposed to be places where kids could swap information about all sorts of things, like exams and stuff, but instead they've become hotbeds of abuse, with some kids using them to post offensive material about other students," Internet crime expert Satoru Fujita tells Weekly Playboy.
"I've received a number of complaints from young people saying that their personal details, like their name, address, phone number, mobile number and the like have been posted on a school's underground site and they don't know what to do about it.
Once this information, or any sort of nasty story about someone, has been posted online, it opens up the victim to bullying from others in a wider group."
「高校生たちは生徒間の情報交換のために開設されたサイトには非常に多くの問題があることを短期間で認識している。
”学校裏サイト”と呼ばれるこれらのサイトは学校の公式ホームページをは別に開設されている。
それらは子供たちがテストから雑談にいたるまでのあらゆる事柄についての情報を交換できるようになっている場所であった、しかし、それに反して、それらのサイトは悪口の温床となっている。ある子供は他の生徒に対する侮辱的な材料を投稿するのに使っている、」とインターネット犯罪専門家フジタ サトル氏は週刊プレーボーイに語る。
「私は若者たちから、名前、住所、電話番号、携帯番号、その他同種類の個人情報が学校裏サイトに投稿されたがどう対処したらいいのかわからないというような多くの苦情を受け取っている。
一度、このような情報やある人に対するなんらかの卑劣なうわさ話がインターネット上に投稿されると、その被害者をより大きなグループの他人からのいじめに晒すことになる。」

Psychological counselor Masako Fujii says that online bullying has arisen because it is such an easy place to play on people's anxieties.
心理カウンセラーのフジイ マサコ氏はインターネット上でのイジメは起きている、なぜならば、人々の不安を弄ぶことがいとも簡単に出来る場所であるからであると言う。

"Places like bulletin boards that easily allow a sense of association to develop also permit the simple development of a feeling that you're going to be forgotten," she says.
"If you don't agree with posts that everybody else in the online community has written, it sparks anxiety that you may be about to be cut out of the group.
Bullies can pick up on that anxiety and exploit it by making nasty, personal posts that in turn make the anxiety even deeper."
「掲示板のような場所は容易に連帯感覚を養成することを可能するとともに、自分は忘れられようとしているという感情の単純な発達を許してしまう、」と彼女は言う。
「もし、インターネット共同社会の他のみんなが書いた投稿と意見が合わないならば、それはそのグループから疎外されるようとしているような不安を引き起こす。
いじめる方はそんな不安を感じ取り、次々によりその不安をつのらせるような卑劣で、個人的な投稿をすることによりそれを悪利用する。」

Mobile phone expert K says there's a simple way for kids to handle online bullying.
携帯電話専門家のK氏は、子供たちにも簡単なインターネット上のイジメに対処する方法があると言う。

"Don't pay too much attention to it.
Most of the time the online bullies are only posting nasty messages because they want the reaction of the person they've written about," he says.
"The more you react or respond to nasty posts, the more intense the posts are going to become and the more depressed that's going to make you.
The best way to deal with this stuff is just to ignore it."
「過剰に気にしないしてはいけない。
殆どの場合、インターネット上のイジメは意地悪なメッセージを投稿しているだけである、なぜならば、いじめる方は自分達の書いた相手の反応が欲しいからである、」と彼は言う。
「意地悪な投稿に反応したり返事すればするほど、投稿は辛辣になりそしてあなたの気を滅入らせるものになる。
こんなくだらないモノは無視するだけにするのが最善の対処方法である。」

Ignoring the problem may not be easy for the kids being slandered, but at least one group of people has apparently chosen to act on that advice.
中傷されたいる子供たちにとって問題を無視するというのは簡単ではないであろう、しかし、少なくとも1つのグループの人達がこのアドバイスに基いて行動することを選んでいるようである。

"There's not a school teacher in the country who specializes in information technology education," Net crime expert Fujita tells Weekly Playboy.
"IT in schools is being taught by teachers who know a bit about computers, but the vast majority of teachers don't know anything about computers and are petrified of the day they're ordered to teach information technology classes."
「IT教育を専門とする学校教師はこの国には一人もいない、」とネット犯罪専門家のフジタ氏が週刊プレーボーイに言う。
「学校におけるITはコ ンピューター知識が少しだけある教師たちによって教えられている、しかし、圧倒的多数の教師たちはコンピューターのことをまったく知らないし、彼らがIT授業を受け持つように命令された日にはお手上げである。」

(By Ryann Connell)
May 17, 2007
ライアン・コネル
(2007年5月17日配信)
###



納品:7/15 (SpilyayA5)

拡散状況

The Black Ship
http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/572-japan-s-schoolyard-bullies-go-high-tech-teachers-left-eating-virtual-dust.html
CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/articles/2007/en/20070517-bullies_hightech.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。