男も楽しめる「レズバー」の〝異種官能世界"に浸る

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Lesbian bars spread the carpet for curious men

レズビアンバーは好奇心をもった男たちに門戸を開く

男も楽しめる「レズバー」の“異種官能世界”に浸る

*1
0
男も楽しめる「レズバー」の“異種官能世界”に浸る 2000,09,17
Lesbian bars spread the carpet for curious men
Shukan Hoseki 9/28 By RYANN CONNELL
レズビアンバーは好奇心をもった男たちに門戸を開く
週刊宝石 9/28 ライアン・コネル記
1
Lesbians hold a certain erotic allure for many men.
And it's precisely for that reason sapphic sisters have a tendency to set up an impenetrable dike around their world to keep lechers away.
Yet, Shukan Hoseki notes, a growing number of lesbian bars in the gay quarter of Tokyo's Shinjuku-ku have recently started to move away from the concept of "wimmin only." and are even prepared to open their doors to male customers.
レズビアンには、多くの男を惹きつけるエロティックな何かがある。
そしてまさにそれこそが、レズの女性たちが、彼女たちの世界の周りに侵入不可能な障壁を作って、野次馬を寄せ付けないようにする傾向がある理由である。
けれども、週刊宝石が書くところでは、『女性専用』という方針から脱却し始めていてる東京新宿区の同性愛者街のレズビアンバーが最近増加中で、店の扉を男性客にも開く用意すらしている。
2
"Lately, women and men have become more androgynous, right? So bars have removed the barriers that used to be set up to separate women and men, and some lesbian bars will let guys in," says Emi Kato, a Marunouchi office worker by day and frequenter of sapphic swill-houses at nights.
"Shinjuku alone has over a dozen lesbian bars and of them, there are only four that absolutely refuse to let guys in."
「最近、女性と男性はどんどん中性的になってきてるじゃないですか。だからバーは、女性と男性を分けるために作っていた仕切りを取り払って、いくつかのレズビアンバーは男たちを入店させます」と、昼は丸の内のオフィスで働き、夜はレズビアンにたらふく飲ませる店の常連である、加藤恵美はいう。
「新宿だけでも十二軒を超えるレズビアンバーがあって、絶対に男たちを入店させないのは、そのうち四軒だけです」
3
A bar operator tells Shukan Hoseki she has no qualms about male customers.
あるバーの経営者は、自分は男性客のことを気にしていない、と週刊宝石に語る。
4
"We're lesbian joint, but we get a lot of men coming in here," the operator says.
"There used to be a lot that we were worried about, so we banned guys from entering, but now things are all right. It seems once a guy has come here a few times, he gets addicted to the place."
「私たちはレズビアンの酒場ですが、多くの男性がここにやってきます」と、経営者はいう。
「以前は私たちをイライラさせる男たちもたくさんいたので、私たちは彼らの入店を禁じましたが、今では状況はよくなりました。男は二、三回来店すると病みつきになるようです」
5
Perhaps the softening attitude toward men stems from a change in dyke demographies.
Annies, a lesbian magazine that's currently in hiatus, wanted to get its finger on the pulse of the world of Lesbos, so asked 150 of its readers to tell what they fantasized about when they had their fingers on something else.
もしかすると、男性に対する態度が軟化した理由は、レズビアンの世代的な変化によるのかもしれない。
現在休刊中のレズビアン雑誌・アニースはレズビアンの世界の動向をさぐりたかったので、アソコを指でまさぐるときにどんなことを想像しているのか、読者百五十人に尋ねた。
6
Although the 85 who said that when masturbating they conjure up images of women making love constituted a clear majority of the rug-munching respondents, 18 claimed to dream of two guys getting down to it, while another 47 reckoned they visualized heterosexual fantasies.
マスターベーションをしているときはセックスをしている女性たちを思い浮かべるといった八十五人が、回答したレズビアンの過半数を占めたとはいえ、十八人が男二人がアレをヤッているところを夢想すると主張し、一方で、残りの四十七人は自分たちは異性愛的な空想を思い描くと述べた。
7
"Lots of the younger girls nowadays are bisexually inclined, you know," a lesbian bar boss says.
「近頃は、たくさんのより若い女性たちが、両性愛の傾向にあるんですよね」と、あるレズビアンバーの店主はいう。
8
And it seems the increasing tendency for women to swing both ways in the sack has reached out to encompass males in a world where militant feminist dictated ideals of sapphic success had once been measured almost exclusively in terms of finding those with digits of dexterity, or cunning linguists.
女性がベッドの相手の性別をあちこちに取り替えるという、次第に増えつつある風潮は、男性に手を差し伸べて彼女たちの世界に包み込もうとするまでに至った。その世界ではかつて、攻撃的なフェミニズムが宣言した女性同士の愛におけるハッテンの理想の相手は、優美な指使いや、したたかな舌使い *2 の持ち主と出会えるかということで、ほぼ例外なく評価されていたのだが。
9
Despite the willingness of some lesbians to accept men into their once-exclusive world, though, other dykes say that when it comes to some types of guys they're still wary of wantonness.
かつては排他的だった彼女たちの世界へと男性を受け入れることに乗り気であるレズビアンがいる一方で、別のレズビアンは、ある種の男たちのこととなると、彼女たちはいまだに残忍さを警戒している、という。
10
"Lesbian bars are pretty good places. But up until a while ago, they used to attract guys dressed up as women," a butch barfly tells Shukan Hoseki.
"Girls at the bars would treat these guys like real women. But then, one night, a transsexual ended up raping a girl he'd picked up at a lesbian bar. Ever since then, whenever a guy made up like a women walks into one of our places, you can sense that everyone feels a bit nervous."
「レズビアンバーはとてもいいところです。でもちょっと前までは、女装した男たちを引き寄せました」と、男役のレズビアンである常連客は週刊宝石に語る。
「バーでは、そういった男たちを、女の子は本当の女性のように扱ったものです。ところがある晩、ある性倒錯者がレズビアンバーで拾った女の子をレイプするという事態が起りました。それ以来ずっと、女性に扮した男が私たちの店の中に歩きこむときはいつも、誰もが幾分神経質な気持ちになることを、感じ取れます」

翻訳者の感想

  • この記事、「おまえら最近の日本のレズビアンは男も受け入れやすくなってきているので日本に来てレズビアンバーに行って女性客をレイプしなさい」という犯罪教唆に読めるんですけど。元記事では、#10の内容は記事の中盤ごろに登場するエピソードです。
  • #2の加藤絵美は元記事では仮名となっていますが、コネル記事では実名であるように書かれています。

元資料

20000917.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。