“若年性倦怠期”の実態調査 家庭内SEXの理想と現実

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Investigating the true state of sexual fatigue among the young:the myths and reality of sex in the home.

若い人々の性的倦怠期の実態を調査する:家庭におけるセックスの神話と現実

“若年性倦怠期”の実態調査 家庭内SEXの理想と現実

*1
0
“若年性倦怠期”の実態調査 家庭内SEXの理想と現実 1991,04,15
Investigating the true state of sexual fatigue among the young:the myths and reality of sex in the home.
Spa! 4/10 By Anthony J. Bryant
若い人々の性的倦怠期の実態を調査する:家庭におけるセックスの神話と現実
SPA! 4/10 アンソニー・J・ブライアント記
1
Spa! asks the question "Why do men stop having an interest in their wives so soon even though they love them ?" Of course,they don't really give any good answers, but a wonderful fourpage listing of case examples offers a good hint.
The chart, divided across the top into sections, contained the following cells: Occupation, age, yearly income, years married, sex frequency,beginning of the marriage, what is your wife to you ?, opinions on sex with someone other than the wife, things more important than your wife, and a message for your wife.
An example: An insurance salesman, 30, married two years, has not had sex with his wife for eight months; he considers her a demon in human form and gets his jollies "going to a 'fashion health'[brothel] or by masturbation, not with my wife."
Some averages - Age: 33;time married: five years; frequency of "it": 29 times a year.
Wives were thought of as maids five times, equals/friends or lovers six times, and interviewees' mothers eight times.
Things more important than one's wife; money and self were each chosen by three people, job by six, kids by 12; only six said nothing was as important as their wife, and one each preferred golf, an Audi,and a plastic model collection, while one even professed to hold valuable "anything but my wife."
Is there some problem with simple home values here? (AJB)
「なぜ男たちは、妻を愛しているにもかかわらず、こんなに早く妻に興味を持つことをやめてしまうのか?」と、SPA!は質問をする。
もちろん、彼らはろくな回答などしないのだが、四ページに及ぶ素晴らしい事例のリストに、よい示唆がしめされている。
ページ上部から文章欄にまでおよぶ、その表に含まれるのは次のようなマス目だ。
職業、年齢、年収、結婚暦、セックスの頻度、結婚のはじまり、自分にとって妻とは何か、妻以外とのセックスについての意見、妻より大切なもの、そして妻への一言である。
一例を挙げよう。保険外交員は、三十歳、結婚暦二年で、八ヶ月に渡って妻とセックスをしていない。
彼は妻を人の形をした悪魔だと思っており、「ファッションヘルス[淫売宿]にいくことや、あるいは妻とではなく、マスターベーションによって」自分の快楽を得ている。
いくつか数値の平均を挙げよう――年齢は三十三歳、結婚暦は五年、アレの頻度は年に二十九回。
妻をどう思うかというと、メイドとしてが五人、自分と対等の人、友達、もしくは恋人としてが六人、回答者の母としてが八人であった。
妻よりも大切なもの――お金と自分自身を選んだのはそれぞれ三人、仕事は六人、子供は十二人であった。
妻より大切なものはないといったのはわずか六人で、ゴルフ、アウディ、プラモデルのコレクションのほうを好むのがそれぞれ一人で、その一方、なんと「何でもいいから妻以外」と告白したものが一人いた。
素朴な家庭の価値における問題が、ここにあるのでは?(AJB)

元資料

19910415-1.jpeg 19910415-2.jpeg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。