115人のサラリーマンに聞いたここまで変わった40歳の性生活

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Men in their 40s finding life sexually frustrating

性生活に不満を抱く四十代の男性たち

115人のサラリーマンに聞いた ここまで変わった40歳の性生活

*1
0
115人のサラリーマンに聞いた ここまで変わった40歳の性生活 1995,08,06
Men in their 40s finding life sexually frustrating
Gendai8/12 By Michael Hoffman
性生活に不満を抱く四十代の男性たち
週刊現代8/12 ミカエル・ホフマン記
1
Is life over at forty? It would be an exaggeration to say Shukan Gendai answers that question in the negative.
In fact, it is an exaggeration to claim that Shukan Gendai considers the question at all.
Still a glance at the weekly's survey of the sexual habits of middle-aged "salarymen" suggests an unmistakable and uncomfortable conclusion.
By the time a man enters his fifth decade, much of what makes life worth living -- "soaplands," "pink salons," a wife who thinks he's wonderful -- is behind him.
人生は四十歳で終わってしまうのか?週刊現代がこの問いの回答に否定的だといえば、誇張になるだろう。
実のところ、そもそも週刊現代がこの問いを考察していると主張することが、誇張なのだ。
それでも、週刊現代による中年『サラリーマン』の性的習癖の調査をちらっとみるだけで、疑いの余地のない不愉快な結論が示唆されていることがわかる。
男性が五十代になるまでに、人生に生きる価値を与えるもの――『ソープランド』、『ピンクサロン』、夫は素晴らしいと考える妻――は過去に置き去りにされてしまう。
2
Perhaps this should not surprise us.
After all, for the greater part of human history 40 was extreme old age.
"Living past 40 is indecent, vulgar,immoral!" declared the Russian writer Feodor Dostoyevsky in 1860.
True, he was speaking tongue in cheek through the mouth of a demented fictional character.
But, as the logicians affirm, an idiot can announce that the sun is shining without necessarily being wrong.
もしかすると、このことは驚くほどのことではないかもしれない。
なんといっても、人類の歴史のうち大部分では、四十歳というのは極めて高齢であったのだから。
「四十歳を過ぎて生きることは、無作法で、野卑で、不道徳である」と、ロシアの作家フョードル・ドストエフスキーが1860年に断言している。
たしかに彼は、発狂した創作上の人物の口を借りて、皮肉を込めて宣言していた。
しかし、論理学者が肯定するように、必ずしも間違わずに、白痴は太陽は輝いているということができる。
3
Shukan Gendai opens its story on a bright note: "A man at 40 should be at the peak of his working powers, and in the prime of his life as a man."
But is he? If so, why do only 56 of the 115 salarymen polled enjoy marital or extramarital relations once a week? A mere handful -- 10, to be precise -- indulge more frequently, while 49 do so significantly less often.
週刊現代のその記事は明るい出だしで始まる。「四十歳の男は、仕事の能力の最盛期と男としての人生の全盛期にいるだろう」
だが、そうだろうか? もしそうなら、調査対象の百十五人のサラリーマンのうち、妻あるいは妻以外との関係を週に一度楽しんでいるのが五十六人だけなのはなぜだろう? より頻繁に欲望を満たしているのは、一握りの者だけ――正確には十人――であり、また、頻度がもっと少ないのは四十九人である。
4
Turning its raw data over to two specialists for appraisal, Shukan Gendai learns that the 3.7 times per month with which the average 40-year-old businessman in these troubled mid-'90s must content himself compares most unfavorably with the situation in 1983, when men were bolder and lustier and basked in that sweetest of solace no fewer than six times a month.
What happened in those intervening 12 years? Well, say the experts, back in the early '80s men worked hard but had no doubt about the value of their work.
Their fatigue at the end of the day was purely physical.
Now, things are not so simple.
The sense of purpose is less firm, and fatigue has invaded the spiritual regions where love resides.
Nowadays, concludes one expert sadly, "the sex drive lasts through a man's 30s, but peters out quite rapidly once he hits 40."
調査結果すべてを専門家に渡して評価してもらい、以下のことを週刊現代は知った。
ひと月あたり3.7回という数値――問題だらけの90年代中盤における平均的な四十代のビジネスマンは、これで良しとしなければならない――は、1983年――最も甘美な癒しがひと月あたり少なくとも6回という、男性が勇敢で精悍で幸せであった時――における状況と比較すると最も悪い。
この十二年間の間に何が起こったのだろうか?
そう、専門家がいうには、80年代前半には、男性は頑張って働き、仕事の価値に疑念を持たなかった。
彼らの一日の終わりの疲れは純粋に肉体的なものだった。今、ものごとはそんなに単純ではない。
目的の意義は揺らぎ、疲れは精神面に押し寄せるようになった。
一人の専門化が悲しげに結論付けるのだが、今日では、「性的欲求は男性の三十代を通じて持続しますが、四十歳になるとすぐ、とても急激に消滅します」
5
Wives, it seems, aren't much help.
A full 23 percent of Shukan Gendai's respondents claim they never (sic) have sex with their lawfully wedded partners.
"Over the past three years," shrugs one executive, "my wife has no interest whatsoever in sex." Yes, that happens, the experts allow.
For the wife of a middleaged man, sex is all too often just another item on the long list of daily chores.
どうやら、妻たちはたいして助けとならないようだ。
週刊現代に回答した人のうち23パーセントもが、彼らは一度も *2 法的な結婚相手とセックスをしていない、と主張する。ある重役は肩をすくめながら言う。
「この三年間に渡って、私の妻はセックスに関するどんなことにも関心を持っていません」そう、こういうことは起るのだ、と専門家は認める。
中年男性の妻にとって、セックスはほとんどの場合、毎日の仕事の長いリストに追加された更なる一つのことに過ぎない。
6
That, of course, is the unpleasant evolution that love affairs were designed to compensate for.
Strangely enough, though, Shukan Gendai finds only 28 percent of the men it interviews are currently involved in one.
Don't draw too many conclusions from that, however.
The analysts affirm that family men,even when responding anonymously, tend to downplay their extracurricular sex life.
もちろんこのことは、代わりに浮気が発生するという、不愉快な展開となる。
とはいえ奇妙なことに、週刊現代は、インタビューした男性のうち現在浮気をしているのは28パーセントだけということを見出す。
しかし、このことから結論を急いではならない。
家庭を持つ男性は、匿名で回答するときですら、彼らの不倫関係の性生活を控えめにいう傾向がある、とデータを評価した人たちは確言するからだ。
7
Just for the record: sexual foreplay among our test group runs to an average of 21.2 minutes.
" I go in for extended foreplay whether I'm with my wife or my lover," says one happy salaryman.
"But the reason in each case is different." With my lover, it's because I'm enjoying her young body. With my wife,it's a question of stalling for time while I get it up." (MH)
ついでにいっておこう。調査対象の人々の前戯の長さの平均は21.2分である。
「相手が妻だろうと愛人だろうと、私はじっくりと前戯を行います」と、ある幸せなサラリーマンはいう。
「しかし理由はそれぞれの場合で異なります。愛人との場合は、彼女の若い肉体を楽しむためです。妻との場合は、勃起させるための時間を稼ぐ方策です」(MH)

参考資料

フョードル・ドストエフスキー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

元資料

19950806.jpg

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。