Operator of notorious bulletin board lost in cyber space


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Operator of notorious bulletin board lost in cyber space"

「悪名たかい掲示板の管理者、サイバースペースから失踪」

(2006年10月10日配信)

All sorts of mail is bulging out of the postbox, but the thick wads of legal letters stand out.
A peep inside through the windows of the Tokyo apartment provides no hint that anybody has lived inside for a while.
ありとあらゆる郵便物が郵便入れからこぼれ落ちそうになっているが、裁判所封書の分厚い束は際だっている。

It's the home of Hiroyuki Nishimura, the 29-year-old webmaster of Ni-Chaneru, the huge bulletin board that is arguably the Japanese language Internet's most popular -- and most notorious -- site.
ここは29才の2ちゃんねる管理人、ニシムラ ヒロユキの自宅である。その巨大掲示板はおそらく日本語版インターネットサイトでもっとも人気があり - かつ、悪名高い - サイトであることは間違いない。

Nishimura has been reported by Japan's tabloid media as "missing" -- with the strong implication that he'd run away from massive debts brought on by a huge number of lost lawsuits that he consistently refused to contest by showing up in court.
But the women's weekly says it has managed to track him down and find out about the rumors of his disappearance.
ニシムラ氏は日本のタブロイドメディアに - 出廷して争うことを拒否し続けて非常に多くの訴訟に負けたことによってもたらされた非常に多額の負債から逃げているのだろうと強く示唆とともに - ”行方不明”と伝えられている。
しかしその女性週刊誌 *1 は、それは彼を追跡して彼の失踪の噂の真相を突きとめるために行われていると言う。

"I'm just hanging out like I always do," Nishimura tells AERA with a blog posting that serves as answers to its e-mailed questions.
「いつもやっているようにうろうろしているだけ。」とニシムラ氏は、メールでの質問に答えるときに使うブログを介して、AREAに言う。

Nishimura defends his decision not to contest the myriad of lawsuits filed against Ni-Chaneru.
ニシムラ氏は2ちゃんねるに対して起こされた無数の訴訟を争わないという彼の決断は正しかったと主張する。

"I've been sued in the north as far as Hokkaido and the south as far as Okinawa.
It's simply not possible to attend every court case where I've been named as a defendant.
I figure if I can defend myself in every case, it's exactly the same as not turning up in my defense," he tells the weekly indirectly.
「北は遠く北海道、南は遠く沖縄で訴えられた。
被告とされたすべての裁判に出廷するのは明らかに可能なことではない。
すべての裁判で自分自身で自分の正当性が主張できるのであれば、それは自分の抗弁に出席しないことのもまったく同じだろうと思う。」と彼はその週刊誌に間接的に答える。

Nishimura also strongly denies suggestions that he's gone bankrupt, which many have speculated may be the main reason nobody seems able to find him now.
現在誰も彼を見つけだすことができない大きな理由として多くの人が推測しているように、破産しているのではないかという疑問に対してニシムラ氏は同じく強く否定する。

"I have no idea what you're talking about," he writes when questioned about his financial state.
「何を言っているのかわからない。」財産状態について質問されたときに、と彼は書いている。

AERA, however, begs to disagree.
It says that Nishimura, as Ni-Chaneru's administrator, was sued in May by a man claiming to have been defamed on the bulletin board by postings listing his name and accusing him of molestation and bankruptcy.
The man was seeking to have Nishimura release details of those who had posted the messages on the site.
Nishimura did not turn up in court for the case, nor did he accept the injunction ordering him to make the information available.
しかしながら、AERAは異を唱えたい。
2ちゃんねる管理人としてのニシムラ氏は5月にある男性に、彼の名前と彼が痴漢と破産者であると誹謗中傷する投稿によりその掲示板において名誉毀損されたとして、訴えられている。
その男性はニシムラ氏に対して誰がそのサイトにそれらメッセージを投稿したのかとういう詳細を公表するように求めていた。
ニシムラ氏はその裁判へ出廷しなかっただけでなく、それらの情報を提出するようにという命令を受け入れなかった。

"I asked the court to impose a fine of 50,000 yen for every day he failed to comply and it did.
He already owes more than 2 million yen," the plaintiff tells AERA.
"Because he hasn't paid that, I applied to have him declared bankrupt."
「彼がその命令を受け入れなければ1日当たり5万円の罰金を課すように裁判官に依頼した、
そしてそうなった。彼はすでに200万円以上支払わなければならない。」とその原告人はAREAに言う。
「彼がそれを支払っていないので、私は彼に破産宣言するように要求した。」

Unlike companies, which are regularly shut down by creditors, it's rare for a creditor to bring about an individual's bankruptcy.
But Nishimura now faces the prospect of a receiver being appointed to look into his financial affairs and selling off whatever he has to repay what he owes, according to the weekly.
債権者たちによって法的に倒産させられる企業とは違い、債権者が個人の破産を申し立てることは希である。
しかし、現在、ニシムラ氏は彼の財務状況と負債を返済するための売却品を調査するする破産管財人が選任されるいう見通しに直面している。

The plaintiff took the drastic step because Ni-Chaneru has consistently refused to pay up when courts have declared it a loser in court cases.
It has already been ordered to fork out more than 20 million yen over lost lawsuits.
ニシムラ氏は敗訴した賠償金の支払いを拒否し続けているので原告人は思い切った手段を取った。
敗訴による賠償金は2000万円以上の支払いをすでに命じられている。

"If they put the Ni-Chaneru domain up for auction, it'd reap tens of millions of yen for sure," the man tells AERA.
"There's bound to be a company out there that would buy it."
「もし彼らが2ちゃんねるのドメインをオークションにかければ、確実に、数千万円の値がつくだろう、」とその男性はAERAに言う。
「買収しようとする企業も現れる可能性もある。」

It's still unsure whether the court will order a receiver be appointed to oversee Nishimura's finances.
Surely, he wouldn't be able to ignore the courts again if that happened? Others who've won court cases against him aren't so sure.
裁判所が破産管財人をニシムラ氏の財産の管理者として指定する命令をするかは未だ不明である。
確かに、そうなったとすれば、彼はそれら訴訟を無視することはできないだろう。

"We tried everything from property seizures to forced execution of rulings, but we could get no more than 2 million yen," says a spokesman from DHC, a cosmetic company awarded 7 million yen in a court battle with Nishimura.
"We'd welcome the chance to get more if bankruptcy proceedings go ahead, but have our doubts about whether this will really happen."
「我々は財産差押えから強制執行まですべてのことをやってみたが、たった200万円を得ただけであった、」と、ニシムラ氏とのある法廷闘争で700万円を勝ち取ったある化粧品会社、DHCの広報担当者は言う、
「破産申請手続き進展して(賠償金の未支払い分を)もっと得ることがようは契機となれば歓迎しますが、そんなことが本当になるかどうかには疑問に思っている。」

A lawyer involved in a number of Ni-Chaneru-related lawsuits says that the current attack on Nishimura is nothing new.
2ちゃんねる関連の多く訴訟に関わったある弁護士は、現在のニシムラ氏への攻勢は目新しいものではないと言う。

"People have suggested bankruptcy proceedings before," the lawyer says.
"The issue revolves around whether the court will recognize him as bankrupt with debts of only a few million yen.
It might be different if everybody who's won court cases against him joined forces and fought together."
「以前から、破産申立手続きの提案はされていた、」とその弁護士は言う。
「問題は、ほんの数百万円ぐらいの負債で彼が破産したと裁判所が認めるかどうかはと言うこと。
今までに彼に対する訴訟に勝ったすべての人たちが共同してともに法廷闘争をすれば別だろう。」

Even then it's no certainty -- Ni-Chaneru's revenue is all controlled completely by a separate advertising company, making the bulletin board's accounts something of a black hole.
しかしながら、それも確実ではない-2ちゃんねるの収入はすべてある別の広告会社によって管理されており、その掲示板の財務状態をブラックホールのようにしている。

"If the receiver can get their hands on that," the plaintiff tells AERA, "everything will become totally clear."
「もしその破産管財人がそれを着手することができれば、」とその原告はAREAに語る、「すべてのことがすっかり明らかになるでしょう。」

(By Ryann Connell)
ライアン・コネル

###

AERA (translation from Japanese and English publication by Mainichi Daily News)
October 10, 2006
Source: http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/news/20061010p2g00m0dm020000c.html
http://www.crnjapan.com/articles/2006/en/20060909-alimonypension.html

納品:7/16 (SpilyayA5)

拡散状況

Japan: Stippy
http://www.stippy.com/japan-waiwai-archives/operator-of-notorious-bulletin-board-lost-in-cyber-space/
CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/articles/2006/en/20060909-alimonypension.html
英語サイト
部分転載:http://www.blizzardboy.net/japan/ni-channel-operator-goes-to-ground.html
部分転載:http://cyberlawtimes.com/forums/index.php/topic,842.0.html
http://www.debito.org/?p=48


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。