Japan's Keystone cops shamed by cunning couple's DIY panty thief trap

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japan's Keystone cops shamed by cunning couple's DIY panty thief trap

抜け目のないカップルが自作したパンティー泥棒用の罠に面目を潰された、日本のごりっぱな警官

0
Japan's Keystone cops shamed by cunning couple's DIY panty thief trap 2008,03,25
Spa! By Ryann Connell
抜け目のないカップルが自作したパンティー泥棒用の罠に面目を潰された、日本のごりっぱな警官 2008,03,25
SPA! ライアン・コネル記
1
An enterprising young couple who felt let down by lazy cops took it on themselves to nick the natter who had been nicking their knickers, according to Spa!
怠惰な警官にがっかりさせられたと感じた、新種の気性に富んだ若いカップルが、かれらの下着を盗んだイカレポンチを、思い切ってひっとらえた。SPA!より。
2
"My girlfriend, who lives alone, was getting pestered by a stalker who was also stealing her underpants. She went tospa.jpg the police and made a complaint, but all they said was that they'd increase patrols in her neighborhood and that was it, so the two of us decided to take matters into our own hands," Tatsuya Sasayama, a pseudonym, tells Spa!
「私のガールフレンドは一人暮らしをしているのですが、ストーカーにつきまとわれるようになり、そいつは彼女のパンツまで盗んでいました。彼女は警察に行って苦情を言いましたが、警察が言ったのは、彼女の自宅周辺のパトロールを強化する、ということ、それだけでした。なので私たち二人は、問題を自分たち自身の手で解決することにしました」と、ササヤマタツヤ(仮名)はSPA!に語る。
3
Judging by the contents of letters and phone calls the stalker had made to Sasayama's girlfriend, it appeared as though the perpetrator was listening in on her.
ストーカーがササヤマのガールフレンドに送った手紙やかけた電話の内容から判断すると、どうもこの変質者は彼女のことを盗聴していたようだった。
4
Sasayama and his girlfriend called in a surveillance expert, who found a listening device secreted into a power point in the woman's apartment.
But instead of removing it, the couple pretended it wasn't there and instead used the bug to feed the stalker disinformation.
ササヤマとガールフレンドが調査の専門家を呼ぶと、専門家は女性のアパートメントのコンセントの中に隠された盗聴器を見つけた。
しかし盗聴器を取り外す代わりに、カップルは盗聴器はそこになかったふりをして、そのかわりに、ストーカーに偽情報を流すためにその盗聴器を使った。
5
"We conducted a thorough search over a radius of 300 meters from my girlfriend's place. We learned that you needed to be close to her home to pick up any transmissions from the bug," Sasayama tells the weekly.
"While we were doing this, we saw the same suspicious bloke lurking in his car near her apartment a number of times."
「私たちは、ガールフレンドの家から半径三百メートルにわたって徹底的に調査を行いました。盗聴器から送信されるものを受信するためには、彼女の家の近くにいることが必要だとわかりました」と、ササヤマはSPA!に語る。
「私たちはそうしている間に、何度も、同一のあやしいやつが彼女のアパートメントの近くを車に乗ってコソコソしているところを見ました」
6
Sasayama rigged up a fake security camera near the entrance to his girlfriend's apartment and then recorded a message for her answering machine to imply to callers that she was not living alone.
He then set up a real camera focused on his girlfriend's laundry so they could get footage of the panty snatcher in the act.
ササヤマは偽の監視カメラをガールフレンドのアパートメントの入り口近くに取り付け、そして、彼女は一人暮らしではないと電話をかけた人にほのめかすメッセージを、留守番電話に録音した。
そして彼は、ガールフレンドの洗濯物にフォーカスを当てた本物のカメラを設置し、かれらが犯行中のパンティー泥棒の映像を手に入れられるようにした。
7
"We set it up so that as soon as any underwear was plucked from a clothes peg, it would set off this piercing anti-crime buzzer," Sasayama says.
「私たちは、下着が洗濯バサミから取られたらすぐつんざくような防犯ブザーが鳴るように、設定しました。」とササヤマは言います。
8
With the trap set in place, the 22-year-old and his girlfriend only needed to wait for the panty thief to strike. It took three days.
適切なところに罠を仕掛けたので、二十二歳のササヤマと彼のガールフレンドがする必要があるのは、パンティー泥棒がやってくるのを待つことだけだった。それには三日かかった。
9
While staking out their homemade panty trap in the dark, eventually they heard someone shuffling around near her laundry -- and then the shrill squeal of the alarm as the panties were snatched.
暗闇の中で手作りパンティートラップを待機させていると、とうとうかれらは誰かが洗濯物の周辺をすり足で歩くのを聞いた――そしてパンテイーが掴み取られたとき、警報機の甲高い警戒音が鳴った。
10
"I raced out of the front door and jumped on top of the guy, who was stunned immobile by the noise of the alarm, and pinned him on the ground," Sasayama tells Spa!, noting that he held the knicker nicker until police arrived on the scene and arrested him.
"Just as we suspected, it was the suspicious-looking guy who'd been hanging around the apartment in his car." (By Ryann Connell)
「私は玄関のドアから駆け出して、そいつの上に跳びかかりました。そいつはアラームの音のせいでびっくりして動けませんでした」と、ササヤマはSPA!に語り、彼は、警察が事件現場に到着して逮捕するまで、下着泥棒をとりおさえていた、とつけくわえる。
「私たちがそうではないかと思っていたとおりに、そいつは車に乗ってアパートメントの周辺をうろついていた、あの見かけのあやしい男でした。(ライアン・コネル記)
11
(Mainichi Japan) March 25, 2008
(毎日 日本) 2008,05,25

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080325
英語サイト
http://www.alafista.com/2008/03/25/couple-trap-pantsu-thief-themselves/ *1
http://www.currentaffairsherald.com/?p=656
http://www.trulyunusual.com/wards/showthread.php?t=16581

翻訳者の感想

記事のタイトルについて
  • Keystoneにはカメラの登録商標としての意味もあるそうです。
あとはKeystone, cops, cunning, coupple の語頭の/k/音による頭韻です。親父ギャグです。

コネルは元記事に仮名と書かれていても、変態記事には仮名と書かず本名扱いしていましたが、この記事では仮名(pseudonym)と書いてあります。珍しいです。

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。