Naughty schoolgirls serve up 'espressos' to go at 'encounter cafes'

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Naughty schoolgirls serve up 'espressos' to go at 'encounter cafes'

いけない女子生徒たちは「出会い喫茶」で、外出するために「エスプレッソ」を出す

Naughty schoolgirls serve up 'espressos' to go at 'encounter cafes' 2008,05,15
AERA 5/19 By Ryann Connell
いけない女子生徒たちは「出会い喫茶」で、外出するために「エスプレッソ」を出す
AERA 5/19 ライアン・コネル記
1
"Encounter cafes," manga shops where men and women -- or more likely, girls, can meet and satisfy their mutual needs are rapidly increasing across Japan, according to AERA (5/19).
「出会い喫茶」――男性と女性、それどころか少女たちも出会ってお互いのニーズを満足させられる漫画の店――が、日本中で急速に増加している。AERA(5/19)より。
2
The women's weekly visits a Nagoya "deai kissa," literally an "encounter cafe," where a man was arrested last month for breaking the law banning child pornography for allegedly performing indecent acts on a 16-year-old.
この女性週刊誌(AERA)は名古屋の「デアイキッサ」(文字通りの意味では出会い喫茶)を訪れる。そこでは、一人の男が、十六歳の児童にわいせつな行為を行ったとされることで、児童ポルノを禁止する法律に違反して先月逮捕された。
3
The reporter is there to see how the system works, discovering that membership for men costs a onetime fee of 5,000 yen and another 1,000 yen per visit, for which the entrant receives a membership card that can be in any name they like.
記者はどんなシステムになっているのかを調べるためにそこにいき、男性会費は、一回限りの料金が五千円で、来店のたびにさらに千円で、これにより新規会員は、どんな名前を書き入れてもいい会員カードを受け取る、ということを明らかにした。
4
The cafe has a passageway with a room on each side.
この喫茶には通路があって、その両側に一つずつ部屋がある。
5
"This one is for 18s and over, and that one is for 16s to 18s," an employee tells AERA's reporter,pointing to the respective rooms and referring to the ages of their inhabitants.
"Please take a look around."
「こちらの部屋が十八歳以上、あちらの部屋が十六歳以上十八歳未満です」と、従業員が、それぞれの部屋を示し、部屋の中の人たちの年齢に言及しながら、AERAの記者に語る。
「どうぞご覧になってください」
6
A two-way mirror encloses the room so those in the passageway can see what's happening inside while the occupants are unable to look out and learn who's peering at them.
Inside the rooms are numerous young women occupied with such tasks as fiddling with their mobile phones or doing their faces.
If the member sees a woman he likes, he lets a cafe employee know and a private room meeting is arranged.
The weekly's hack picks a 16-year-old girl called Miyuki whose most notable feature is a face filled with piercings.
マジックミラーが部屋を囲んでいるため、通路の中の者たちは、内部で何がおこっているのかを見ることができる。
一方、部屋の中の者たちは、外を見れず誰からじっと見られているのかわからない。
部屋の内部には、携帯電話をいじったり化粧をしたりといったことに励んでいる、非常に多くの若い女性がいる。
会員が好みの女性を見つけたときは、彼は喫茶の従業員に知らせ、個室での出会いが手配される。
この週刊誌の売文屋は、十六歳のミユキを選ぶ。ミユキのもっとも目立つ特徴は、ピアスでいっぱいの顔である。
7
Miyuki soon agrees to go out for a bite to eat.
There's more payments to the cafe involved here, with a 1,000 yen charge for talking to one of the girls, another 3,000 yen for taking the girl outside the establishment and then a 5,000 yen charge handed over directly to Miyuki for "transport fees." The member also pays for whatever expenses are to be incurred.
ミユキはすぐに、外食して軽い食事を取ることに同意する。
仲介した喫茶には、さらに金が支払われる。少女たちの一人と話すために料金千円、その少女と喫茶の店外で話すためにさらに三千円。そして「交通費」として、料金五千円がミユキに直接手渡される。また、会員は、支出となるどんな高値でも支払いをする。
8
Miyuki says she has a boyfriend, refuses to engage in prostitution and only leaves the cafe with guys she thinks can be trusted, usually the weaker-looking types.
ミユキは自分にはボーイフレンドがいるといい、売春行為は拒否し、信用できる男――普通、弱そうに見えるタイプ――と一緒でなければ喫茶から外出しない。
9
"There's no way I'd ever work as a nightclub hostess or in a soapland (brothel)," she tells AERA.
"With this caper, I don't have to treat the guy like a customer and it's not really dangerous. There are some guys out there who'll even pay 10,000 yen just for the chance to have a chat to a young girl. There are loads of schoolgirls who go to the cafes."
「ナイトクラブのホステスとしてや、ソープランド(売春宿)で働くなんて、とんでもない」と、彼女はAERAに語る。
「この行為では、男を客扱いしなくていいし、そんなに危険じゃありません。若い少女とおしゃべりをする機会のためだけに、一万円も払う男たちがいるのです。カフェに来る女子学生はたくさんいます」
10
While Miyuki may not be prepared to sell her body, plenty who frequent the encounter cafes have few such qualms.
Many say encounter cafes are serving to encourage illicit prostitution.
But crimefighters say there's little in the Law Regulating Adult Entertainment Businesses that allows them to prosecute encounter cafes because they are on the surface acting only as places where the opposite sexes can meet.
ミユキは体を売るつもりはないのかもしれないが、しょっちゅうこの出会い喫茶を訪れる者の多くは、そのような良心のタガをほとんどもっていない。
多くのものが、出会い喫茶は違法売春を行わせるため、という。
しかし、犯罪と戦う人たちは、出会い喫茶を起訴することを許可する「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」で対処できることは、ほとんどないという。なぜなら出会い喫茶は、表面的には異性と出会える場所としての役割を果たしているだけだからだ。
11
"If we can prove that the cafes are paying these women to go there, or that prostitution is occurring,we can get them under the Prostitution Prevention Law, but that's about it," a spokesman for the Metropolitan Police Department says.
もし出会い喫茶が女性に来店するよう支払いをしたり、売春が行われたりしていることを立証できれば、売春禁止法のもとで連中を捕まえられるのですが、まあ、そんなところです」と、警視庁の広報者は言う。
12
Women who go to the encounter cafes are unified in their rapidity to deny being employed there.
And the operators back them up.
出会い喫茶へいく女性たちは、口をそろえて即座に喫茶店に雇われていることを否定する。
そして経営者は、彼女たちの考えを支持する。
13
"We're nothing more than manga cafes that women can use for free," one owner says.
「私どもは、女性が無料で利用できる漫画喫茶にすぎません」と、あるオーナーは言う。
14
Experts on the netherworld say encounter cafes got their break from around 2004 as authorities began cleaning up adult entertainment districts like Tokyo's Kabukicho, which has made it more difficult for traditional sex businesses to operate as openly as they used to.
There are now over 100 encounter cafes across Japan, including 10 in Kabukicho alone.
当局が東京歌舞伎町などの大人の歓楽街の一掃をはじめた――そのためそれまであったセックス産業が以前ほどおおっぴらに経営できなくなった――2004年のあたりからブレイクした、と裏社会の専門家は言う。
現在、日本には百件を超える出会い喫茶があり、歌舞伎町だけでも十件ある。
15
There are alarming trends evident in the cafes, too, according to adult entertainment expert Fumio Iwanaga.
成人娯楽の専門家・岩永文夫によると、出会い喫茶には歴然とした、憂慮すべき動向がある。
16
"It's a bit shocking to see just how many ordinary women are going to these places. They're most average women of a type you wouldn't normally associate with the adult entertainment business as it has existed until now," Iwanaga says.
「どれだけたくさんの普通の女性がああいった場所にいくということを知るだけでも、かなりのショックです。彼女たちはたいてい、これまで存在してきたような成人娯楽産業と結び付けて考えられはしないタイプの、普通の女性です」と、岩永は言う。
17
Encounter cafes appeal to women because there is no need for them to butter up men because they're paying customers, which is also the appeal for males because they can go to the establishments thinking they're chatting up ordinary women they have a chance with and not seasoned professionals.
出会い喫茶は女性に受けた。彼女たちは、客扱いをするために男たちに取り入らなくていい これはまた男性にも受けた。なぜなら彼らは、熟練したプロとではなく、運良く普通の女性とおしゃべりをしていると思いながら喫茶店に行けるからである。
18
Ryoko, a 23-year-old regular at Tokyo encounter cafes, sure has no problems with making use of them.
東京の出会い喫茶の常連である二十三歳のリョウコは、出会い喫茶を利用することを、問題と思っていない。
19
"Most of the girls coming here are sellers (prostitutes)," she tells AERA.
"The going rate is about 30,000 yen a shot. It's pretty easy: you go out for a while with some sleazy guy, get a bit of spare change and it's over." (By Ryann Connell)
「ここにくる少女の多くはウリ(売春)目的です」と、彼女はAERAに語る。
「相場は一発あたり約三万円です。とても簡単です。ろくでもない男と一緒にしばらくデートして、駄賃をもらって、それで終わりです」(ライアン・コネル記)
20
(Mainichi Japan) May 15, 2008
(毎日 日本) May 15, 2008

参考資料

岩永文夫
http://www.tsutaya.co.jp/artist/00419775.html

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2008/en/20080515-encounter_cafes.html
Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080515
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-05-16
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2008/05/
英語サイト
http://www.docudharma.com/diary/6713/
http://hot-gossip.info/node/175
http://referenceblog.canalblog.com/archives/2008/05/15/9208601.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。