Savvy schoolgirls of the Little Bubble beat the odds to become the generation

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Savvy schoolgirls of the Little Bubble beat the odds to become the 'special generation'

抜け目のないコバブル女子生徒たちが逆境に打ち克ち「スペシャルジェネレーション」になる

0
Savvy schoolgirls of the Little Bubble beat the odds to become the 'special generation' 2008,03,11
AERA 3/10 By Ryann Connell
抜け目のないコバブル女子生徒たちが逆境に打ち克ち「スペシャルジェネレーション」になる 2008,03,11
AERA 3/10 ライアン・コネル記
1
Japan's kobaburu babes, the schoolgirls of the mid-'90s who drove the country's trends, have plied the talents they picked up then to become a powerful force even today, though by rights they shouldn't be,according to AERA (3/10).
日本のトレンドを動かした90年代中ごろの女子生徒たち・日本のコバブル女子が、今日においても力強い影響勢力となるために、当時習得した手腕を発揮しているが、当然だが彼女たちはそうはならないようだ。AERA(3/10)より。
2
Kobaburu or "Little Bubble" women are now in their late 20s.
They're the same women who, as schoolgirls, were spoiled rotten by marketers a decade ago who gladly handed over cash and pricey valuables to them just to be able to boast that the items were hot among schoolgirls and thus hyper-fashionable.
コバブルすなわち「小バブル」な女性たちは、現在二十代後半である。
彼女たちは、十年前マーケッターによって、女子生徒のときに甘やかされて堕落してしまった女性たちと同じ女性たちである。マーケッターは、これらの品物は女子生徒の間で目下人気があるから超ファッショナブルなのだ、と喧伝できるようにするためだけに、金や値のはる貴重品を彼女たちに喜んで手渡した。
3
For a few years from about 1995 on, schoolgirls wearing loose socks became the barometer of Japanese fashion, and they experienced their own little economic bubble like they'd watched their parents go through as Japan's economy burgeoned in the late '80s.
And the kobaburu babes have parlayed what they picked up during the halcyon days when they were the center of the country's consumer economic attention to put their talents to work in today's new economy, even though times have been tougher for their generation than any other in the postwar period.
1995年頃から数年の間、ルーズソックスをはいた女子生徒たちは、日本のファッションのバロメーターとなり、彼女たちはちょっとした自分たち自身の経済バブルを体験した。それは彼女たちが、日本経済が80年代後半に急速に成長したときに親たちが体験したのを、見たところのものに似ている。
そしてコバブル女子は、彼女たちが日本の消費者経済の注目の中心であった、平穏で幸福な時代の間に習得したものを活用して、現在の新しい経済の中で彼女たちの手腕を発揮しようとしている。とはいえ時勢は、彼女たちの世代にとって、戦後のどの世代にとってよりも、厳しくなっている。
4
"These women are part of the Lost Generation, the women for who it was almost impossible to find a career in a major corporation after graduating, but they have absolutely no recognition of this," Yasuko Nakamura of Boom Planning, a marketing company that centers its work on schoolgirls, tells AERA.
"For these women, changing jobs is a perfectly natural thing to do and they believe that if they missed out on getting a job at the place they most wanted to, they will still have a chance to get there in the end."
「これらの女性は失われた世代の一部――卒業後に大企業に就職することがほとんど不可能だった女性たち――ですが、彼女たちはそのことを全然まったく認識していません」と、女子生徒を主なターゲットとした仕事をしているマーケティング会社・ブームプランニングの中村泰子はAERAに語る。
「こういった女性にとって、転職は完全にして当然のことであり、最も就きたかった職に就けなかったとしてもいつかは就ける機会があるだろう、と彼女たちは信じています」
5
A feature of the kobaburu babes, the women's weekly says, is to utilize the networks they built up as schoolgirls while exchanging mobile phone numbers and purikura photos.
They're also advance planners and strategic thinkers.
この女性週刊誌(AERA)がいうには、コバブル女子の特徴は、女子生徒のときに携帯電話の番号やプリクラ写真を交換しながら作り上げてきた人脈を使う、ということだ。
彼女たちはまた、時代に先駆けたプランナーであり戦略的な思索家である。
6
"I always dress so that the first impression people get of me is that of an ordinary OL (female office worker). That gives people a surprise when they learn how well I can get the job done," says Chie, a 27-year-old movie company employee.
"It's pretty easy to make yourself look good."
「私はいつも、みんなが私から受ける第一印象が平凡なOL(女性会社員)みたいになるように服を着ます。そのため、私がとても仕事をよくできることにみんなが気がつくと、みんなはとても驚きます」と、二十七歳のムービー会社社員・チエはいう。
「自分をよく見せることはとても簡単です」
7
Yuko Kitakaze, a representative of Dentsu Consumer Insight, a marketing company that has long tracked trends among the women now being called the kobaburu babes, agrees.
現在コバブル女子と呼ばれる女性たちのトレンドを長い間追跡調査してきたマーケティング会社・電通消費者情報トレンドボックスの代表・北風祐子も、同意見である。
8
"On the outside, these women look flashy and powerful, but on the inside they're scared. Unlike the women who came of age during the bubble era and are likely to throw everything into making successful love and working lives for themselves, only to wipe out by drinking if things don't turn out that way, the kobaburu generation work things out in advance so things do turn the way they want them to," Kitakaze tells AERA.
"They use the communication tools that developed when they were high school students to form strong networks to cooperate together. They have a really strong group awareness."
「外見は、これらの女性は派手で強そうに見えますが、内面では、彼女たちは怯えています。バブル期の間に成人し、恋と仕事をうまくやるためにはすべてを投げ打ってしまうような、それがうまくいかなかったら酒を飲んで忘れてしまうだけの女性たちとは違います。コバブル世代はあらかじめ物事をうまくやり遂げて、事態を自分が望むように変えます」と、北風はAERAに語る。
「彼女たちは、高校生のときに培ったコミュニケーションのツールを使って、強い人脈を作って一緒に協力します。彼女たちはとっても強い仲間意識を持っています」
9
And the kobaburu babes also differ from their elders by choosing early marriage and motherhood. Having struggled after graduating, they are also apparently aware of the importance of "seizing the moment" because happiness can be so fleeting.
そしてコバブル女子はまた、早期結婚と早期育児を選ぶ点で、彼女たちより年上の女性たちと異なっている。卒業後苦労してきたため、彼女たちは「機会を逃さない」ことの重要性にも気がついているようだ。なぜなら幸せとは儚いものとなりうるのだから。
10
Tomoki Shimano, chief editor of phenomenally successful fashion magazine AneCan, which targets the kobaburu women in their late 20s,is convinced this group is "a special generation."
二十代後半のコバブル女子をターゲットにした、驚異的な売り上げのファッション雑誌AneCanの編集長・嶋野智紀は、これらの世代は「特別な世代」であると確信している。
11
"This is the same generation that made incredible hits out of the Tamagotchi, purikura and (AneCan predecessor and sister publication) CanCam," he tells AERA.
"But the schoolgirl boom of the '90s didn't come about because there was a power about the schoolgirls of the time. It came about because there was a tremendous power in the generation of women who happened to be schoolgirls at the time." (By Ryann Connell)
「この世代は、たまごっちやプリクラ、(AneCanより先に創刊された姉妹誌)CanCamに信じられないほど熱狂したのと同じ世代です」と、彼はAERAに語る。
「しかし、90年代の女子生徒ブームが起こった理由は、当時の女子生徒にパワーがあったからではありません。ブームが起こったのは、この世代の女性にとんでもないパワーがあったからで、彼女たちは当時たまたま女子生徒だったのです」(ライアン・コネル記)
12
(Mainichi Japan) March 11, 2008
(毎日 日本) 2008年3月11日

参考資料

ブームプランニング
http://www.boom.co.jp/
中村泰子
http://spysee.jp/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%B3%B0%E5%AD%90
電通消費者情報トレンドボックス
http://www.dentsu.co.jp/trendbox/adkeizai/index.html
AneCan
http://ja.wikipedia.org/wiki/AneCan
CanCam
http://ja.wikipedia.org/wiki/CanCam

拡散状況

AsianOffbeat
http://www.asianoffbeat.com/default.asp?display=1604 *1
Blogger
http://kristonikkolo.blogspot.com/2008/03/taibukad-koolitdrukud-letasid-ootusi.html
Nigihara
http://www.nigihana.com/forum/showthread.php?t=7865
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-03-12
英語サイト
http://www.currentaffairsherald.com/?p=559
海外ブログ
http://sonletay.vox.com/library/post/little-bubble-schoolgirls-become-a-special-generation.html

翻訳者の感想

「コバブル女子」のネーミングはAERAの記事を担当した人とその企画に協力した電通消費者研究センターの人達で考えたようです。
  • 「コバブル女子」
「女子高生ブーム」でバブルな体験をし、自信満々で楽しく人生を送っている20代後半の女性たちのこと。
  • 第5節
the women's weekly says,
コネルはなぜかAERAを女性週刊誌扱いしています。日本語が読めない人が見たって女性誌とは思わないのでは。
日本語を読めるコネルの単なる勘違いとは考えにくいです。なにか意味があるんでしょうか。

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。