Tortured by temptation, turned-on teacher traps untainted teen

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Tortured by temptation, turned-on teacher traps untainted teen

誘惑に責め苛まれて、性的に倒錯した教師が清らかなティーンエイジャーを罠でとらえる

Tortured by temptation, turned-on teacher traps untainted teen 2008,01,12
Uramono Japan February BY Masuo Kamiyama
誘惑に責め苛まれて、性的に倒錯した教師が清らかなティーンエイジャーを罠でとらえる 2008,01,12
裏モノJAPAN 二月号 カミヤママスオ記
1
Several sensational stories from the States have appeared in the Japanese media about pulchritudinous pedagogues pouncing on precocious proteges.
Now the shoe is on the other foot, so to speak.
合衆国発祥の、世間をあっと言わせるさまざまな記事が、日本のメディアにも登場している。早熟な秘蔵っ子に襲いかかる容姿端麗な教師についてのものだ。
今回は、いうならば、立場が逆転しているのだが。
2
"Seven years ago, I was seduced by one of these 'ero-teachers,'" confesses Shinya Nito in Uramono Japan (February).
"There may be some people who would envy what happened to me, but frankly, I'm not proud of it."
「七年前、私は『エロ教師』の一人に誘惑されました」と、ニトウ・シンヤは裏モノJAPAN(ニ月号)の中で告白する。
「私に起こったことを羨ましがる人もいるかも知れませんが、しかし正直なところ、私はあのことを自慢に思っていません」
3
Nito, now a 20-year-old university student, relates what occurred when he was in his first semester of 7th grade.
現在二十歳の大学生・ニトウは、七番目の学年(中学一年)の最初の学期のときに起こったことを話す。
4
His new homeroom teacher, Yukari Takahashi (a pseudonym) was 28.
Although her face was quite attractive -- slightly resembling TV performer and model Kaori Manabe -- she adopted a stern demeanor and came across as a strict disciplinarian.
The kids found her a bit intimidating, calling her "Iron Yukari" behind her back.
彼の新しい担任教師であるタカハシ・ユカリ(仮名)は二十八歳だった。
たしかに彼女の顔は魅力的ではあったが――テレビ芸能人でモデルの眞鍋かをりにちょっと似ていた――彼女はいかめしい態度をしていて、非常に厳しい人だと思われていた。
生徒たちは彼女のことをちょっと怖いと思ったので、彼女のいないところでは、彼女を「鉄のユカリ」と呼んでいた。
5
The school year began the first week of April and about a month later, after the students returned from their "Golden Week" holiday, Nito noticed a subtle change in Yukari's attitude toward him.
She became more indulgent, and once, when passing him in the corridor going the opposite direction, she brushed up against him in a manner that could have only been intentional.
学年が四月の第一週にはじまり、約一ヵ月後、生徒たちが「ゴールデンウィーク」休暇から戻ってきた後、ユカリのニトウに対する態度がわずかに変わったことに、彼は気がついた。
彼女はより寛容になり、一度、反対側に行こうとして廊下で彼とすれ違ったとき、わざととしか思えないやり方で、彼女は彼にこするように軽くぶつかった。
6
After his phys. ed. class, Yukari would try to get close to him for a whiff of his adolescent pheromones.
彼の体育の授業の後には、彼の若々しいフェロモンを一嗅ぎしようとして、ユカリは彼のそばに近づこうとしたものだった。
7
One day, Nito received a mushy note from one of the girls in his class, and the two sat together and chatted while eating their box lunches.
ある日、ニトウは甘酸っぱいメモを同じクラスの少女から受け取って、二人は一緒に座っておしゃべりをしながら弁当を食べた。
8
Seeing this, an infuriated Yukari bellowed, "What do you think you're doing? Don't you know it's against the school rules for boys and girls to slide their desks together and eat like that!"
それを見て、カンカンに怒ったユカリは「あなた達、自分がやっていることを何だと思っているの? 男子と女子が机をくっつけてそんな風に食べることは、校則に違反しているということを知らないの?」と怒鳴った。
9
Nito was ordered to report to the detention room after class, where Yukari stood waiting, nervously tapping her foot.
ニトウは放課後に罰として居残り用の部屋に来るよう命令され、そこでユカリは、神経質にコツコツと足を踏み鳴らしながら、立って待っていた。
10
"You should be devoting time to your studies!" Yukari ranted at him.
"What do you think you're doing,spending time with that girl?" she exclaimed, delivering a sharp open-handed slap to his cheek.
He cringed.
「あなたは勉強に時間を充てるべきなの!」と、ユカリは彼に怒鳴り散らした。
「あの女の子と時間を過ごすなんて、自分のしたことをどう思ってるの?」と、彼の頬に鋭い平手打ちをくらわしながら、彼女は大声でいった。
彼は縮こまった。
11
"As your punishment, I want you to strip completely! Come on -- do it! Now!"
「罰として、あなたには服を全部脱いでもらいます!さあ――脱ぎなさい!今!」
12
Nito stripped to the buff and standing there naked, face downwards and trembling, he noticed a sensation of redness and swelling in his groin.
ニトウは素っ裸になり、うつむいて震えながら全裸でその場に立って、股間の赤さと膨らむ感覚に気がついた。
13
"Is your widdle 'chinchin' getting bigger, Nito-kun? Hmmmmm?" she teased, maliciously.
「あなたのちっちゃな『ちんちん』は大きくなろうとしているの、ニトウくん? ふーん?」と、彼女は意地悪くからかった。
14
Humiliated, he could not produce so much as a word in response.
恥ずかしい思いのため、彼は返事の言葉をただの一言も思いつけなかった。
15
With a mischievous smile, she slid back his foreskin and began yanking on his swollen member.
In a matter of about 10 seconds, he was spurting seed.
意地の悪い笑顔を浮かべながら、彼女は包皮を剥いて、彼の膨張した男根をグイッと引っ張り始めた。
ほんの十秒ほどで、彼は種をほとばしらせていた。
16
Nito notes that he had heard of the word "onani" (masturbation) before, but at this point said he had yet to experience it himself.
His reaction to this was not unlike a girl who had just lost her hymen: he began sobbing in shame and embarrassment.
ニトウがいうには、彼は「オナニー」(マスターベーション)という言葉を以前聞いてはいたが、その時点で彼はまだオナニーを自分自身でやったことがなかった。
このことに対する彼の反応は、処女膜を失ったばかりの少女とよく似ていた。恥ずかしさと困惑のため、彼はむせび泣き始めたのである。
17
"Awww, I'm sorry, did I make you cry? Well, we can overlook it this time, but make sure you don't tell anybody. You'd be expelled, and wouldn't be able to go to high school either."
「あらら、ごめんなさい。私、あなたを泣かせちゃったの?そうね、このことは今回は見逃しましょう。でも誰にも言ってはいけません。言ったらあなたは放校されるでしょうし、高校にも入れなくなるでしょう」
18
Unable to tell even his friends, at the age of 13, Nito became his teacher's pet in the worst possible sense.
友達に話すことすらできず、十三歳で、ニトウは、考えられうる限りで最悪の意味で、先生のお気に入りの生徒となった。
19
"Ejaculating lots of sperm will make you smarter," she would exhort him, popping a porn production into her DVD player, and then proceeding to repeatedly bring him to orgasm by oral, and manual, means.
「大量の精子を射精すると頭がよくなるわ」と、ポルノ作品をDVDプレイヤーに入れながら彼女は彼に言い聞かせたものだった。そして口や手を使って、彼をオルガズムに繰り返しいざなう行為を始めた。
20
Finally, Yukari took Nito home and on her bed they went all the way.
His initial instruction in illicit intercourse turned out to be the opening shot of a sexual marathon.
ついに、ユカリはニトウを家に連れていき、彼女のベッドで二人はありとあらゆるセックスをした。
彼の不道徳的な性交渉における最初の指示は、結局は性のマラソンの最初の発射であることがわかった。
21
"Just like those stories about American teachers who seduced their students," Nito tells Uramono Japan,"she would demand sex from me constantly, not only in her home, but in the classroom, in her car and in public parks. I was under the impression that there was nothing on her mind except sex, sex and more sex."
「自分の生徒を誘惑するアメリカ人教師の話とちょうど同じように」と、ニトウは裏モノJAPANに語るのだが、「彼女は絶え間なく私からセックスを求めたものでした。彼女の家の中だけではなく、教室の中でも、彼女の車の中でも、公園の中でも。彼女の頭の中には、セックスと、セックスと、さらなるセックスしかない、と私は思いました」
22
The end, when it came, was totally unexpected.
Nito had just collapsed in exhaustion after getting off for the third consecutive session.
終りが訪れたのは、まったく思いもよらないときだった。
そのときニトウはちょうど、立て続けに三回性交渉をし終わったせいで、疲れきって崩れおちたところだった。
23
"I'm quitting my job at the school," she informed him abruptly.
"I have a baby in my stomach. Your baby ... He'll be a gorgeous child who'll look like you. And after he grows up, maybe I'll love him just as much as I loved you."
「私、学校の仕事を辞めるの」と、彼女は彼に唐突に告げた。
「私のお腹の中に赤ちゃんがいるの。あなたの赤ちゃんよ……。彼はあなたに似た素敵な子供になるわ。そして彼が成長したら、たぶん、あなたを愛したのとちょうど同じくらい、私は彼を愛するでしょう」
24
So by the time he was ready to enter his 2nd year of middle school, Nito recollects, his first love had not only called it quits, but left the teaching profession.
ニトウは回想するのだが、そんなわけで、彼が中学ニ年に進級しようという時までには、彼の初恋の人は、別れを告げただけではなく、教職も辞めてしまった。
25
And what became of Yukari after that? Nito would only sigh and say, "Whether the reason she told me for her leaving was true, or if there was some other reason, I don't think I should know -- and don't want to know either."
さて、その後ユカリはどうなったのだろう? ニトウはため息をついて言うだけだろう。「彼女が私に語った、別れの理由が本当か、それとも他に理由があったのか、私にはわからないだろうと思います――そして、わかりたくもありません」と。
26
(Mainichi Japan) January 12, 2008
(By Masuo Kamiyama, contributing writer).
(毎日 日本) 2008年1月12日
(寄稿執筆者 カミヤママスオ記)

参考資料

眞鍋かをり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9E%E9%8D%8B%E3%81%8B%E3%82%92%E3%82%8A

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080112
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-01-13
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2008/01/
海外ブログ
http://lifeinmotion.wordpress.com/2008/01/16/tortured-by-temptation-turned-on-teacher-traps-untainted-teen/ *1
英語サイト
http://www.trulyunusual.com/wards/showthread.php?t=15056

翻訳者の感想

第2節
"There may be some people who would envy what happened to me, but frankly, I'm not proud of it."
「私に起こったことを羨ましがる人もいるかも知れませんが、しかし正直なところ、私はあのことを自慢に思っていません」
ここ、元記事を変えてるかもしれません。中学時代のエロ体験を自慢する人から、性暴力の被害者へと。
でも元記事の載った本自体が正確さを追求していないはずなので、つっこんでも得るものが少なさそうです。
第2節、第4節
タカハシ・ユカリが仮名なのに、ニトウ・シンヤが仮名でないのは何故かちょっと不思議。
第24節
left the teaching profession.
教職も辞めてしまった。
これ、『勉強になる性的専門技能を(ニトウに)残した』みたいな意味も持っているのでは?
と思いましたが、いくつか辞書をひいても確信が持てなかったので素直に『教職も辞めてしまった』と訳しました。
第25節
今回もカミヤマはセンチメンタルっぽい終わり方にしていますね。
最後のニトウのセリフは、仮定法になっていますから、誰かの(おそらくカミヤマ)創作でしかありません。

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。