Schoolgirls' decade of decadence: panty sales have punters panting

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Schoolgirls' decade of decadence: panty sales have punters panting

「女子高生たちの堕落の10年:パンティー販売が買春客の欲望を煽る」

(2003年4月2日配信)
Bloomer seller, or burusera, shops that popped up across Japanese cities in the '90s taught schoolgirls that they could make money selling their soiled panties or school uniforms, according to Spa! (4/8).
90年代に突如として日本全国の街にあらわれたブルマーセラー、またはブルセラショップは女子学生たちに汚れたパンティーや制服を売ってお金を儲けることを教えた。

Once schoolgirls realized that sex sells, it didn't take many long to fall into the trap of selling themselves, sparking the mid-decade boom in enjo kosai, a euphemism for prostitution that literally translates as "compensated dating."
ひとたび、女子学生たちが性は売れるということに気づいてしまったので、彼女たち自身を売るというワナに落ちてしまうのには長い時間がかからなかった。10年間ブーム半ば辺りでの、援助交際(文字どおりに訳せば、"compensated dating"という売春の婉曲表現)の突然の流行である。

From there, the Internet provided schoolgirls with online sites and the anonymity they needed to safely continue their lascivious pursuits for cash, making some wonder whether schoolgirl prostitution is a Japanese ailment or part of the culture.
そこから、インターネットは女子学生たちにオンラインサイトと匿名性(彼女たちはお金のための淫らな仕事を安全に続けることが必要であった)を提供し、女子学生売春が日本の一過性の文化なのかそれとも文化の一部なのか分からなくした。

Over the coming few days, we'll look at how Spa! has seen the decade of decadence where schoolgirls turned from demure, bobby-soxed innocents to insatiable sex workers contributing by some estimates as much as 65.3 billion yen to Japan's underground economy.
これから2~3日にわたって、我々はスパ!がどのように墜落の10年間(お上品な、ボビーソックスの似合う無邪気な女子学生たちが、ある試算では日本の裏経済に653億円に上る貢献をしているとされる強欲なセックス労働者に変貌した)を見ていたかに注目してみようと思う。。

Mayuko Horita, now a 28-year-old employee of a major apparel maker, was one of the first schoolgirls to get into the panty selling scene in the early '90s.
ホリタ マユコ、ある大手アパレルメーカーの社員、28才、は90年代にパンティー販売(舞台)に身を投じた最初の女子学生たちの中の1人であった。

"At the time, the papers and TV were filled with stories about burusera.
It must have been about the summer of '92, when I was in my second year of high school.
A classmate asked me if I was interested in selling my panties.
I didn't hesitate, nor did I see anything wrong with it.
In fact, I was a little bit peeved that I hadn't found out earlier about such an easy way to make money.
The shop was set up in an apartment in a Tokyo condominium.
It was really sleazy," Horita tells Spa! adding that market rates at the time were about 100,000 for a complete uniform from a top private high school and around 1,000 yen for a pair of dirty undies.
「当時、新聞とテレビはブルセラについての情報で溢れていた。
それは私が高校2年生だった92年の夏ごろだったに違いない。
ある同級生が私がパンティーを売るのに興味ないって聞いてきた。
私は躊躇わなかったし、悪いことだとも思わなかった。
それどころか、そんな簡単にお金を儲けられるってことにもっと早く気づいていなかったことがちょっと癪に感じた。
そのお店は東京のアパートの1室にあった。全然安っぽかった。」、ホリタさんはスパ!に語り、その当時の市場価格は一流高校の制服1式がだいたい10万円で汚れた下着1式が1000円ぐらいだったと付け加えた。

"It was really unproductive wearing the same pair of panties around for two or three days, so some of the girls taught me that I should coat several pairs of panties with yogurt and dry them out with a hair dryer so it looked like they were vaginal discharges," Horita says.
「2~3日間も同じパンティーを履いているなんてまったく生産的ではなかった、そうしたら何人かの女の子が数枚のパンティーにヨーグルトを塗ってヘアードライヤーで乾かせばオリモノようになるからそうすればいいと教えてくれた。」とホリタさんは言う。

Social reporter Yoshiki Fujii was well versed in the ejaculation industry of the time.
社会記者フジイ ヨシキは先進的なオリモノ工業に非常に精通していた。

"Burusera shops had actually been around for about 10 years before the media started taking an interest in them in around 1992, thanks to places like Miki in Takadanobaba, which were suddenly attracting schoolgirls.
But rather than panties or uniforms, the shops made their big money getting schoolgirls to appear in dirty videos," he tells Spa!
ブルセラショップは、女子学生たちの間で突然人気がでた高田馬場のミキのような場所のおかげでメディアがそれらに興味を持ち出した1992年ごろ以前の、約10年間にもあちこちに確かにあった。
しかし、パンティーや制服よりもむしろ、そういう店はAVに女子学生たちを出演させることによって大金を稼いでいた。」と彼はスパ!に語る。

Horita says she was approached by a burusera shop owner to appear in a stick flick.
ホリタは言う、彼女はあるブルセラショップオーナーにAVに出演の話を持ちかけられた。

"My friend starred in one.
It was 50,000 yen if you masturbated, and double that for doing oral.
I wasn't hungry enough for cash that I'd go that far.
I only let my photo be used to sell my dirty knickers," she says.
「私の友達があるAVに主演した。
もしオナニーすれば5万円、フェラすれは2倍だった。
私はそこまでするはお金に飢えていなかった。
私は、私の汚れたパンティーを売るために、私の写真を使うことだけを許した。」

By 1993, the burusera boom was on the way out.
Police started arresting burusera store operators and sellers of the videos in which schoolgirls appeared.
Over 100 schoolgirls were taken into protective custody.
Action couldn't be taken under the Child Welfare Law as it was set up at the time, so offenders were arrested for breaking laws related to the sale of secondhand goods.
1993年までに、ブルセラブームは廃れていった。
警察がブルセラショップオーナーたちと女子学生たちが出演するビデオの販売者たちを検挙しはじめた。
100人以上の女子学生たちが保護施設へ入れられた。
その当時児童福祉法が設立されていたのだがその法律は適用されなかった、それで犯罪者たちは中古品販売に関する法律違反で逮捕された。

With the demise of the burusera, date clubs such as Pudding and Julianas Shinjuku which were frequented by yakuza and other seedy types popped up briefly and proved popular with schoolgirls descending further into the netherworld through the sale of their nether regions.
But police soon launched a crackdown and the clubs were shuttered.
ブルセラの消滅とともに、ヤクザそして他の胡散臭いタイプの者たちが集まるようなPuddingそしてJulianas Shinjukuのようなデートクラブが一時的であったが突然現れ、裏世界から彼女らの股間販売へとより堕落していく女子学生たちの人気を博した。
しかし、すぐに警察は取締に乗り出しそれらクラブが閉店させられた。

"Thinking back now, it was great fun to be able to use being a schoolgirl as a type of sellable brand name," one-time panty seller Horita tells Spa!
"I didn't actually make much money out of selling my panties.
I have no regrets, but I do think now that I was such a kid when I was doing that."
「今振り返ってみれば、女子学生というある種の人気ブランドネームを使えるってことはすごく楽しいことだった、」と元パンティー売りのホリタさんがスパ!に言う、
「実際にはパンティー売りではそんなにお金を稼がなかった。
後悔はないけど、そんなことをしていたときの私は出来の悪いガキだっと今では本当に思う。」

As the decade moved into its middle years, attitudes began to change. Guys who had once been content to shell out cash to buy schoolgirls' panties would start wanting to get into them.
この10年間の中頃には、様相は変わりだした。かっては女子学生たちのパンティーを買うのにお金を払うことの満足していた奴らが、それらを身に着けたいと思い出したのである。

(Today's story is the first of three about schoolgirl prostitution in Japan. The remaining stories will run on Thursday and Friday.)
(今日の記事は日本での女子学生売春についての3部作の最初の記事である。残りの記事は木曜日と金曜日に掲載される予定です。)

※ 署名なし

April 2, 2003

###

Schoolgirls' decade of decadence: panty sales have punters panting
The Mainichi Shimbun
April 2, 2003
Source: http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/archive/news/2003/04/20030402p2g00m0dm999000c.html
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2004/en/20040619-waiwai_burusera.html

編集中:7/17


拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2004/en/20040619-waiwai_burusera.html

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。