Whiskey makers drunk on success of hip flower

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。


"Whiskey makers drunk on success of hip flower"
「ウィスキーメーカーは最新流行の花の成功に乾杯した」
http://mdn.mainichi.co.jp/waiwai/0404/040428nymphs.html
(2004年4月28日配信)


Holy tarnations! Violet carnations!?!

たいへんとほうもない!スミレ色のカーネイション?!?


Violet-colored carnations don’t seem to be too weird unless you consider they’re an offshoot of the quest to develop a blue rose that is being carried out by the company that made a Japanese whiskey judged the finest in the world, Shukan Asahi (5/17-24) notes.

スミレ色のカーネイションは世界一だと評価される日本のウィスキーを作った会社によって行われている青いバラを開発するための探求の副産物だということをあなたが考慮しなければそれほど不可思議だとは感じない、と週刊朝日(5月17-24日号)は指摘する。


A subsidiary of Suntory Inc., the Japanese brewer of beer and world-class whiskey, come up with Moondust carnations that, instead of typical red, are a deep violet color reminiscent of the lunar surface.

日本のビールや世界で一流のウィスキーの醸造会社である、サントリーInc.の子会社は、典型的な赤の代わりに、月の表面を思い出させる深いすみれ色をしたムーンダストカーネイションを生産している。


Sounds like bulldust, but Moondust carnations have been on the Japanese market since ’97, but have started attracting attention again recently for a number of reasons. Improved production methods have made Moondust carnations more common. They were also the first products approved for production after Japan gave the green light to growing genetically modified flora in February.

砂ぼこりのように聞こえるが、ムーンダストカーネイションは97年から日本市場に存在している、だが沢山の理由により最近再び注意を惹き始めている。生産方法の改善はムーンダストカーネイションをより一般的にした。それらはまた日本が2月に遺伝子組み換えの植物を育てることを許可した後生産を許可された最初の製品でもあった。


But Moondust carnations would never have even emerged had it not been for blue roses.

だがムーンダストカーネイションは青いバラのためでなく出て来たのでは決してない。


“Roses have been cultivated since Biblical times. This continuous process of seeking improvement has resulted in the creation of over 20,000 varieties of roses, but, for some reason, it has been impossible to make a blue rose,” Yoshihiro Ueda, a professor at Chiba University, tells Shukan Asahi.

「バラは聖書の時代以来栽培されてきました。この継続的な改良点を探す過程は20,000種類以上のバラを生み出す結果となりましたが、いくつかの理由から、青いバラを作るのは不可能です。」と千葉大学教授ウエダヨシヒロは週刊朝日に語る。


Ueda says that before a genetically modified blue rose can be conjured up, the genes that prevent roses from turning to blue have to first be eliminated. Finding these genes is a task so difficult, though, it’s almost as though Mother Nature is green thumbing her nose at the brainiacs working on the problem.

ウエダは遺伝子組み換えのバラがすばやく出る前に前に、バラが青くなるのを阻害する遺伝子が始めに取り除かれる必要がある。これらの遺伝子を探すのは大変な仕事だが、それはほとんど母なる自然がその問題に取り組む異例な頭脳を持つ人々を嘲るかのようだ。


“Theoretically, and technology viewpoint, we’ve reached the point where we should be capable of producing blue roses, but the biggest problem has probably been companies struggling with the flagging economy, limiting the amount of funds and human resources that can be devoted research,” Ueda tells Shukan Asahi.

「理論的、技術的観点では、私達は青いバラを生産しうるはずの地点に達しているが、もっとも大きな問題は多分経済の警告や、資金量や研究に投入されうる人的資源の限界と会社との闘いになっている。」とウエダは週刊朝日に語る。


Suntory Flowers, the number of the brewing conglomerate, has been working on the development of a blue rose since 80’s. The company hasn’t made it so far, but Moondust carnations are one of the by-products of its research.

数ある醸造会社のコングロマリットのひとつである、サントリーフラワーズは80年代以来青いバラの開発に取り組んでいる。その会社は今までのところではそれを作っていないが、ムーンダストカーネイションはその研究の副産物のひとつだ。


Now, Moondust carnations are grown at special farms the company owns in Ecuador and Colombia and sell for 300 to 400 yen apiece in Japan. Only 400,000 Moondust carnations are produced yearly and they sell like hotcakes.

今、ムーンダストカーネイションは会社がエクアドルとコロンビアに所有する特別な農場で育てられており日本では一輪300~400円で売れる。一年にたった400,000輪のムーンダストカーネイションが生産され飛ぶように売れる。


“Carnation have got the fastest cultivation of cycle of the three main types of cut flowers of which they are one and are joined by roses and chrysanthemums,” Suntory Flowers Managing Director Hiroshi Uratani tells Shukan Asahi, explaining why Moondust carnations were the first cabs off the rank. “We’ve already developed five different variations and sold some 9 million flowers around the world.”

「カーネイションはそれらが内ひとつでありバラとキクが加えられる切花の主な3種類の中で最も早い栽培のサイクルです。」とサントリーフラワーズのマネージングディレクターのウラタニヒロシは、なぜムーンダストカーネイションが乗り場から離れた最初のタクシーになったのか説明しながら、週刊朝日に語る。「私達はすでに5種類の異なった花を開発し世界中で約900万輪の花を売っています。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。