Kitakyushu killer tortured family of 7 into fighting for approval - to the death

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Kitakyushu killer tortured family of 7 into fighting for approval - to the death"

「北九州一家7人虐殺犯、死刑判決との戦い」

(2006年8月18日配信)

Contemporary Japan's most heinous criminal, as Shukan Bunshun (8/17-24) describes Futoshi Matsunaga, is preparing to face the Fukuoka High Court in the autumn and fight the death sentence handed down to him for killing at least seven people.
週刊文春(8月17-24日号)の記事によると、現代日本の最も凶悪犯人である松永太は今秋の福岡高等裁判所での
少なくとも7人殺害に対する死刑判決控訴審に臨む準備をしている。

Matsunaga, 45, may even have killed more people in Kitakyushu in the period between February 1996 to June 1998.
松永(45才)は1996年2月から1988年6月の間に北九州でさらに多くの人を殺害していた可能性がある。

On Sept. 28 last year, the Kokura Branch of the Fukuoka District Court ordered Matsunaga and Junko Ogata, his 44-year-old slave-cum-lover, to go to the gallows after it found them guilty of seven counts of illegal confinement resulting in death. Matsunaga appealed the sentence the same day.
昨年の9月28日に、福岡地方裁判所小倉支所は松永太と緒方純子(44才、彼の奴隷兼愛人)に対して、
7人を不法監禁し死に至らしめたとして有罪とし、絞首刑を命じた。

"Because they did such a thorough job of destroying the evidence, the district court trial had only two items of material evidence. All the prosecution had to base their case on were statements from Ogata, which were a little bit weak to carry a trial of seven counts of murder," a reporter for a national daily tells Shukan Bunshun.
「彼らは証拠隠滅するためにそのような徹底的なことをしたので、地方裁判所での公判ではたった2つの物的証拠しかなかった。
検察側が裁判を維持するために持っていたものはオガタからの供述がすべてであった、
それは7人殺害の公判を推し進めるには少しばかり弱すぎた。」とある全国紙の記者が週刊文春に語る。

Matsunaga is a renowned con artist and superb sweet talker. He lured Ogata into his clutches not for himself, but to get his hands on the assets of her family members.
松永は名うての詐欺名人であり優れた煽て上手である。彼はオガタを彼の支配下に誘い込んだ、これは彼自身のためだけではなく、
彼女の家族の人たちの財産を手に入れるためであった。

"Matsunaga was a fugitive, but managed to get Ogata to fund his escape by pretending he was close to her," the district court ruling in their case said.
「松永は逃亡者であったが、彼は緒方に愛しているふりをして逃走資金を彼女から得ようとした。」と彼らの裁判を統括している地方裁判所は言った。

Unfortunately, Ogata was soon tricked into slavery, doing everything that Matsunaga ordered. It was a fate to befall other members of her family.
不幸なことに、緒方はすぐに騙されて、松永の命令を何でもきく奴隷になった。彼女の家族の彼女以外の人たちに不運が降りかかる運命だった。

"Matsunaga locked (all seven) up in a single room of an apartment and kept them prisoner there. He had complete control over their eating and toilet habits, as well as dictating their daily lives. If they disobeyed him, he would repeatedly electrocute them," the national daily's reporter says.
「松永は(7人全員を)あるアパートの1室に鍵かけて、そこに彼らを捕虜として閉じこめた。彼は食事そしてトイレについて完全に管理した、
同様に、日常生活についても指図した。もし、彼らが彼に逆らえば、彼は電気ショックを繰り返し彼らに与えた。」とその全国紙の記者が言う。

Matsunaga used electrocution to wear down his victims' resistance, wrench their wills into obeying him and turned them into slaves. With the occasional choice word or two, he slowly turned each of the victims against each other and, even though they were all members of the same family, manipulated them into fighting each other to secure his favor. Eventually, he convinced his slaves to start killing each other.
松永は彼の犠牲者たちの抵抗を弱めるため、彼らの意志をねじ曲げて彼に服従されるために電気ショックを使った、そして彼らを奴隷にした。
辛辣で怒りのこもった言葉の1つか2つで、彼は時間をかけて被害者たちのそれぞれが互いに反目するようにした、
彼ら全員が同じ家族の人たちであるにもかかわらず、彼の贔屓を得られるように互いに喧嘩するように操った。
やがて、彼は奴隷たちがお互いに殺し合うだろうと確信した。

Each time one of the members of Ogata's extended family killed a relative, the others would obey Matsunaga's orders on disposing the body, cutting it up with knives or saws. The fleshier parts of bodies were cut into large chunks that were boiled down. Bones were removed and ground up in food processors. This was all mixed into a concoction Matsunaga likened to the sauce used in Korean yakiniku barbecue meals and either flushed down the toilet or dumped into the sea, destroying evidence of the death that had occurred.
緒方の拡大家族の人たちの中の1人がひとりの親類を殺した度に、他の者たちは包丁やノコギリで切り刻んで死体を始末しろと言う松永の命令に従った。
バラバラにされた死体の肉の部分は切り刻まれて大きな塊にされ、煮込まれた。骨は取り除かれて、フードプロセッサーですり潰された。
これらはすべて混ぜ合わされて調製物とされた、松永はこれを朝鮮焼肉料理で使われるソースとして称していた、
そしてトイレで流されるか海に投棄された、殺人の証拠隠滅はこのようにして起こった。

Matsunaga, during his trial, denied any direct involvement in the Ogata family's gruesome body disposal.
松永は、彼の公判中、緒方一家の陰惨な死体処理について、一切の直接的関与を否認した。

"I was only the producer who showed them what they needed to do. It was sort of the same thing as needing an architect to construct a building," Shukan Bunshun quotes Matsunaga as saying during his trial.
「私は彼らがする必要のあることを彼らに示した、たった1人のプロデューサーだった。
それは1つの建物を建築するときに建築家が必要なことと似たようなものだった。」と週刊文春は松永が公判中に言ったことを引用する。

Matsunaga was convicted for the murders and sentenced to death, as was Ogata. Seconds after the verdict was handed down, Matsunaga instructed his lawyer to appeal the ruling.
松永は複数の殺人で有罪となり死刑を宣告され、緒方も同様の宣告をされた。判決は言い渡された数秒後、松永は彼の弁護士に控訴すると言いつけた。

"Now, Matsunaga is preparing his appeal with the aid of another court-appointed lawyer. He appears to be thriving in the prison environment and is the picture of health," Shukan Bunshun says, adding that he is still forbidden by the courts from communicating with anybody other than his lawyer for fear that his cunning mind will get to work using others to create further evil.
”現在、松永は別の法廷弁護人の援助を受け彼の控訴審の準備をしている。彼は刑務所の環境を楽しんでいるようであり、
そして健康そのものである。”と週刊文春は言い、彼は未だに彼の弁護士以外との接触を裁判所によって禁止されている、
他人を使ってさらなる悪事を引き起こそうという彼の狡賢い考えが生じるのではないかという恐れがあるからだ、と付け加えた。

(By Ryann Connell)
ライアン・コネル

August 18, 2006

###

Kitakyushu killer tortured family of 7 into fighting for approval - to the death
The Mainichi Shimbun
August 18, 2006
Source: http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/archive/news/2006/08/20060818p2g00m0dm020000c.html
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2005/en/20050303-kitakyushu_serial_murders.html

納品:7/17

記事について

世間の注目を集めた殺人事件であるにもかかわらず、毎日新聞の取材や記事についてはまったく使わず、
「週刊文春」の記事をソースにして記事を書いている。

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2005/en/20050303-kitakyushu_serial_murders.html
英語サイト
http://crimeshots.com/forums/showthread.php?t=4123


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。