Love hotels adapt to women changing spots

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Love hotels adapt to women changing spots

ラブホテルは様変わりして女性向けになる

0
Love hotels adapt to women changing spots 2004,10,13
Shukan Post 10/22 By Ryann Connell
ラブホテルは様変わりして女性向けになる 2004,10,13
週刊ポスト 10/22 ライアン・コネル記
1
Every minute, an average of 951 couples hit a love hotel somewhere in Japan,creating a 4 trillion yen a year industry that accommodates twice the number of annual visitors to Tokyo Disney Resort and easily exceeds the takings of the Japan Racing Association, according to Shukan Post (10/22).
1分ごとに平均で951組のカップルが日本のどこかのラブホテルに赴き、年間で4兆円市場を創出していて、宿泊人数は東京ディズニーリゾートの年間訪問者数の二倍にあたり、JRA(日本中央競馬会)の収益をらくらくと超過している。週刊ポスト(10/22)より。
2
"Love hotels originated with the 'tsurekomi ryokan' (bring-your-own inns) that popped up just after the end of the (Second World) War," love hotel commentator and consultant, Vitamin Miura tells Shukan Post.
"Right at the end of the war, the Home Affairs Ministry ordered local governments to build 'relief' facilities to cater to the Occupation forces. They used the 'machiai okiya' (waiting tearooms) that had been around since before the war and added hotels where American soldiers could bring in their prostitutes. These became known as the 'tsurekomi ryokan' and popped up all over the Ueno area of Tokyo. When prostitution was outlawed in 1957, tsurekomi ryokan began concentrating in commercial areas, growing in number by about four times in about three or four years."
「ラブホテルは『連れ込み旅館(自分自身で連れてくる宿屋)』に起源を発します。連れ込み旅館は(第2次世界)大戦が終わってすぐに現れだしました」とラブホテルのコメンテーターにしてコンサルタントの、ビタミン三浦は週刊ポストに語る。
「終戦直後に、内務省が地方自治体に占領軍に提供するための『慰安』施設を作るよう指示しました。地方自治体は戦前から存在していた『待合置屋(待つティールーム)』を使い、さらにホテルを追加し、そこにアメリカ兵士は自分の売春婦を連れてくることができました。それらは「連れ込み旅館」として知られるようになり、東京の上野のいたるところにたくさん現れました。1957年に売春が非合法にされたとき、連れ込み旅館は商業地区に集中し始め、3年か4年くらいのうちにその数を約4倍に増やしました」
3
Tsurekomi Ryokan were fairly basic, existing simply to allow couples a place to consummate whatever relationship they had established.
Toilets, coolers and heaters were largely non-existent, while the reputation of the facilities was, to put it mildly, bleak.
連れ込み旅館にはまったく最小限度のものしかなく、カップルの関係がどんなものであろうと二人が床入りするための場所としてのみ存在する。
たいていトイレやクーラー、ヒーターは存在せず、その設備にたいする評判は、控えめに表現して『殺風景』である。
4
Things changed when Japan's economy started to skyrocket in the early '60s.
Tsurekomi Ryokan cleaned up their act to become "business hotels" catering to traveling salarymen, or "love hotels" for couples seeking a ride of a different sort.
60年代早くに日本経済が急成長を始めてから状況は変わった。
連れ込み旅館は自分たちの生業をすっかりかえて、出張中のサラリーマンの要求を満たす『ビジネスホテル』になるか、変わった趣向の性交を求めるカップルのための『ラブホテル』になった。
5
Love hotels got their name partly by accident.
ラブホテルというネーミングはいくぶん偶発的なものである。
6
"(Osaka's Hotel Love) used to have a flashing advertisement that revolved around over its roof. People saw the ad, thought it was saying 'Love Hotel" and not 'Hotel Love' and the name became common.
It really stuck when love hotels started equipping rooms with ceiling mirrors and revolving beds," Miura tells Shukan Post.
「(大阪のホテルラブは)屋根の上で回転する電光広告掲示板を使っていたものでした。その広告を見た人々が、『ホテルラブ』ではなく『ラブホテル』と書いてあると考え、その名前が一般的になりました。
ラブホテルが天井の鏡や回転ベッドを部屋に取り付け始めたときに、しっかり定着しました」と三浦は週刊ポストに語る。
7
Love hotels have developed along with postwar Japan and, perhaps mimicking society now, have become more in tune with the demands of the female customers who are also making a bigger mark in the wider world.
ラブホテルは戦後の日本と一緒に発展してきて、おそらくは現在の社会を模倣して、女性客――彼女たちはより広い世界においてより大きな存在感を示している――の要求に的をより絞るようになっていった。
8
"More love hotels go out of their way now to cater to women. The flashy decorations and revolving beds that used to embarrass women are now a thing of the past. Now,love hotels are decked out in neutral colors and decorated in styles women like, while they're also equipped with brand name shampoos, conditioners and other amenities directed at women. Let's not forget that the decision to have sex now rests with women instead of men," Miura says.
"Love hotels are now of the mind that if one of their couples splits up, the guy may never come back again, but the woman may go there with other men."
「現在ではより多くのラブホテルが女性の要望を満たすために格別の努力をしています。かつては女性を恥ずかしがらせた派手な装飾や回転ベッドは、今では過去のものとなりました。現在、ラブホテルは中間色で飾り立てられ女性が好むスタイルで装飾されていて、なおかつブランド物のシャンプーとコンディショナーやそれ以外の女性向けグッズを備え付けています。現在ではセックスするか決めるのは男性ではなく女性次第であるということを忘れないようにしましょう」と三浦はいう。
「現在ラブホテルは、カップルが別れた場合男の方は二度とくることはないけれども、女のほうは別の男とくるかもしれないところと考えられます」
9
Twenty-first century love hotel rooms are also more lavish than their predecessors.
21世紀のラブホテルの部屋はまた、以前のそれに比べてより豪華になっている。
10
"Many offer a couple of free drinks in the refrigerator of every room, others provide free dinner or breakfast, while more have cordon bleu chefs ready to prepare free food from an extensive menu," the owner of the Hotel Vie-Bonheur Kobe tells Shukan Post.
"Love hotels aren't exclusively for couples any more. Some people even bring their kids with them, especially when they book out suites,which are hugely popular among middle-aged couples and those celebrating anniversaries."
「多くはカップルに各部屋の冷蔵庫の中にフリードリンクを提供し、他のものはフリーのディナーや朝食を提供していて、さらに多くではコルドンブルーの料理人を擁していて品ぞろえが豊富なメニューからフリーの食料を提供できるようになってます」とホテル・ヴィーボヌール神戸のオーナーは週刊ポストに語る。
「もはやラブホテルはカップルだけのためのものではありません。一緒に子供を連れてくる人もいて、とりわけスィートを予約するときはそうです。スィートは中年カップルや記念日を祝う人たちに大人気です」
11
Love hotel expert Miura agrees.
ラブホテルの専門家・三浦は同意する。
12
"In the Kansai area, it's common for the love hotel to try and snare a bigger share of customers by offering free the contents of a fully stocked fridge, while in the Kanto,there's a greater emphasis on mood making, such as fitting rooms with 'black lights' that make anything white shine with a mysterious glow," he says.
「関西地方では、ラブホテルが満杯になった冷蔵庫の中身を無料で提供することでより多くの顧客を惹きつけようとすることが一般的です。一方関東では、(どんな白いものにも神秘的な輝きを与える)「ブラックライト」を備えた着付け室など、ムード作りにより大きなウェイトを置いています」と彼はいう。
13
Many love hotels have well and truly crossed into the domain of respectability,the only feature distinguishing them from standard accommodation being the double price system which has one charge for an overnight stay and a separate rate for those who only want rooms for a few hours.
多くのラブホテルは本当にとても尊敬に価するものになってるといえる。ラブホテルを普通のホテルと区別しているものといえば、一泊滞在向けの料金と数時間しか部屋を使わない人のための別の値段がある、二系統の料金システムだけだ。
14
In fact, many use the establishments as an alternative to regular stopovers.
実際、多くの人はこれらの宿泊施設を通常の途中下車の代替策として利用している。
15
"Love hotels must constantly spend money if they want to continue attracting customers, so their survival depends on equipment investments. Some places sell themselves as welcoming even guests staying alone," Yukari Suzuki, a writer who attributes Japan's postwar economic success to the health of the love hotel business, says.
"Love hotels don't need reservations, so many people stay out drinking till late, then go and stay there alone after they've finished. Many salarymen like going there just so they can lie around in the lavish baths."
「顧客を引きよせ続けたいと思うなら、ラブホテルは常にお金を使わなければなりません。なのでその生き残りは設備投資にかかっています。いくつかは、独りだけで滞在する客ですら歓迎することをセールスポイントにしています」と日本の戦後経済の経済の成功の原因をラブホテルビジネスの繁栄と考える作家・鈴木 由加里はいう。
「ラブホテルには予約の必要がないので、多くの人達が夜遅くまで飲んで、飲み終わるとラブホテルに行って一人で滞在します。多くのサラリーマンが、豪華な風呂の中で体を横たえることが出来るというまさにそのことのために、ラブホテルに行きます」
16
Love hotels can present problems, however, especially as Tokyo Gov.
Shintaro Ishihara has cracked down on the sex business in the capital, effectively making the establishments the workplaces of the hoteheru, professionals who turn tricks for cash.
とはいえラブホテルが問題を提することもある。
特に東京都知事石原慎太郎が都内のセックスビジネスに断固たる措置を取っていて、ラブホテルは実際上ホテヘル――金のために客をとるプロの娼婦――の働き場所になってきている。
17
Some, however, are grateful the pros choose their inns.
しかし玄人女たちがこれらの宿泊施設を選んだことを喜んでいる者もいる。
18
"We've got to constantly keep the place in shape or people will stop coming back," the operator of a love hotel in Maruyamacho, part of Tokyo's trendy Shibuya district, says.
"Frankly speaking, we're glad to make deals with sex businesses to use our rooms just because of the steady income it gives us."
「私たちはつねにホテルをいい状態にしておかなければなりません。そうでなければ人々はまた利用することをやめるでしょう」と東京のオシャレな渋谷区にある円山町のラブホテルの経営者はいう。
「率直にいって、ただ安定した収入を私たちに与えてくれるというだけで、私たちの部屋を使ってくれるようセックスビジネスと喜んで契約をしたいです」
19
Despite helping to keep the accommodation industry afloat, not everybody is happy with the way the bonking business dominates the love hotel scene in Shibuya.
宿泊業界を好調にし続けるのに一役買っているにもかかわらず、渋谷のラブホテル情勢をオマンコ産業が牛耳っているやり方に、全員が喜んでいるわけではない。
20
"If there are more hoteheru, the chances are that crime will also rise," an insider from the Shibuya Hoteliers and Inn Operators Union tells Shukan Post.
"We don't want Maruyamacho to be equated with hoteheru, so we're talking with the cops about what we can do to stop this."
By Ryann Connell Staff Writer
「ホテトルが多くなれば、犯罪が発生する機会も増えるでしょう」と渋谷ホテル旅館組合の人はいう。
「円山町といえばホテトルとは思われたくないので、そうさせないために私たちができることを警察と相談しています」
ライアン・コネル記 スタッフライター
21
October 13, 2004
2004年10月13日

参考資料

ビタミン三浦
http://www.v-miura.net/
ホテル・ヴィーボヌール神戸
http://www.vie-bonheur.com/
鈴木 由加里
http://spysee.jp/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E7%94%B1%E5%8A%A0%E9%87%8C/1291861/
石原慎太郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E6%85%8E%E5%A4%AA%E9%83%8E

拡散状況

Asian Sex Gazzete
http://www.asiansexgazette.com/asg/japan/japan02news12.htm *1
http://www.jstage.jst.go.jp/article/jaabe/5/2/5_301/_cit


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。