Teen sex marketing signals end of innocence


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Teen sex marketing signals end of innocence"

「ティーン向けのセックスマーケティングが起こす、純潔の終焉」

(2002年7月18日配信)

Sex sells, even among Japan's prepubescent population, with the market for under 15s booming in the past couple of years, according to Spa! (7/23). Growing numbers of ever-younger kids can now squeeze their tiny tushes and budding boobs into skimpy lingerie that are reaping mega-millions of yen for its makers.
セックスは売れる。日本の、思春期前の子供たちの間でさえもだ。15歳以下の子供たちを対象とした市場は、この2-3年は大盛況だ。(Spa! 7/23)小さなおしりとふくらみかけのおっぱいを、“布が足りない”ランジェリーにギュッとつめこむ、これまでになく若い子達が増えている。結果、この市場は何億円規模へと成長している。

But the emphasis on using sex to sell to kids is also having adverse effects, as Japan becomes afflicted with a plague of prepubescent promiscuity.
しかし、子供に物を売るために、セックスを強調しすぎることは弊害も生む。日本は、思春期前の子供たちのフリーセックス状態に悩まされるようになった。

Children's clothing maker Naruyama International has grown to reap sales of 2.2 billion yen, providing clothes for kids in styles normally produced for adults.
子供服メーカーであるナルヤマ・インターナショナル *1 は、大人向けデザインの子供服を販売することで、売り上げ22億円へと成長した。

Japan's top lingerie maker, Wacoal Corp., has also got in on the act, releasing a line of littlies lingerie to cash in on the image of the sexy schoolgirl.
日本トップの下着メーカーであるワコールも、セクシーな女子学生イメージの“小さめな”ランジェリーシリーズを販売して儲けようと、この動きに加わった。

"Fashionable designs are popular. Naturally, underwear designs change according to the rate of growth, but we have developed a line of products while considering the needs of the low teen market, such as producing designs that don't stand out under a school uniform or sleeveless camisoles for spring and summer," a Wacoal spin doctor tells Spa!
「ファッショナブルなデザインは好評です。普通、下着のデザインは発育の度合いに合わせて変えるんです。しかし、私どもはローティーン向け市場のニーズ  - 例えば、学校の制服や、春夏のノースリーブ・キャミソールの下でも目立たないこと - などを考慮に入れつつ、商品シリーズを開発しました。」
ワコールのメディア担当者は、Spa!にそう語る。

Toymaker Bandai Co. has also found success targeting lusty low-teens with its kids' cosmetic kits.
玩具メーカーのバンダイは、色気づいたローティーン用の化粧セットで成功を収めた。

"One reason why parents buy this sort of thing for their kids is that mothers nowadays were the generation of young women that could spend lots of money to look pretty during the days of the bubble economy," a Bandai spielmeister tells Spa! "Lots of popular bands nowadays, like Morning Musume or Mini Morning Musume are made up of young girls barely in their teens. Girls want to look like these stars. For that reason, it's hardly strange that little girls are interested in cosmetics and looking glamorous."
「現在の母親はバブルのころには若い女性で、可愛くなるためにずいぶんお金を使ったことでしょう。これが、こういったものを子供に親が子供に買い与える理由のひとつなんです。」
バンダイの“遊びのマイスター”はSpa!に対してそのように語る。
「モーニング娘やミニモニなど、今の人気バンドの多くは、メンバーがティーンになりたての少女。女の子達は、ああいうスターの姿になりたがります。だから、小さい女の子が化粧品に興味を示したり、グラマーに格好をしても、決しておかしくはありません。」

Some blame the mass media's fascination for fornication with sparking off a schoolkid sex wave." You can't deny the role the media has played in inspiring kids under 15 to have sex," Tsuneo Akaeda, a gynecologist who runs free weekly sex therapy sessions for Tokyo schoolgirls, tells Spa! "With all these reports screaming, 'So many kids use telephone dating clubs,' or 'So many kids sell sex,' it becomes easier for kids to say they have sex because everybody else is doing it. This makes some lonely kids even lonelier than before and because they've heard all these media reports about sex they have no problems with going out and doing it themselves."
学生たちにセックスの波をもたらしながら、セックスがらみの報道に夢中のマスコミを非難するものもある。
「マスコミが、15歳以下の子供にセックスするよう吹き込こむ役目を果たしている、これは否定できないでしょう」
東京の女子学生向けに、無料のセックスセラピーを毎週開催している産婦人科医のアカエダ・ツネオは語る。
「“とても多くの子供がテレクラを利用している”、“とても多くの子供たちが売春をしている”。こう喧伝する報道あるので、子供たちが“みんなもやってるから自分もやるの”と言いやすくなったのです。こうなると、一人ぼっちの子はいっそう寂しくなりますし、どのマスコミもセックスについて報じているのを聞いたからという理由で、デートもセックスも問題なく受け入れます。」

Being bombarded with information about sex through TV, magazines, comics, the Internet and adult movies,even young kids see sex as being something routine instead of carrying a special aura.
TV、雑誌、マンガ、ネット、アダルトビデオ。こういったセックス情報の爆撃にさらされているため、
若い子供ですら、セックスを特別なものではなく、当たり前の何かのように捉えるのだ。

Technological advances haven't done much to protect children's innocence, either. Mobile phones, a tool possessed by nearly every junior high school pupil in Japan, allow kids to enter a world without adults, leading a rapid increase in opportunities to meet -- and frequently have sex with -- people their older carers know nothing about.
テクノロジーの進歩も、子供たちの純真さを守るには、対して役立たなかった。日本ではほとんどすべての中学生が持っている携帯電話。これのおかげで、子供たちは大人なしの世界へ入ることができる。また保護者の知らない人間 - セックスの相手になることはよくある -と出会う機会が急速に増えるのだ。

"With so many kids beset with loneliness and a desire to be liked, very few are capable of saying 'No,'" a school counselor says.
学校のカウンセラーは次のように言う。
「孤独の悩み、好かれたいという願望を持っている子は多いので、“ノー”と言える子はほとんどいません」

Teen sex advisor Akaeda says the solution is simple.
"Schools, communities and families have got to tell kids that they're important people," he tells Spa! "If the kids can be confident of their worth to others, when they get pressured for sex they'll have the confidence to say things like, 'If you want sex, why not go and see a prostitute?'"
10代の性のアドバイザーであるアカエダは、解決方法はシンプルだという。
「“あなたたちは大切な人間なんだ”って、学校、コミュニティ、家族が、子供たちに伝えるべきなんです。他人にとっての、自分の価値に自身が持てれば、セックスを迫られたときに、こんなふうに言えるはずです。セックスがしたいなら売春婦のとこへ行きなさいよ、って」

July 18, 2002

拡散状況

英語サイト
部分転載:http://www.asiangirlsfree.com/asian/japanese-teen-sex.html
Teen sex marketing signals end of innocence
http://www.digitaljournal.com/article/39878
一部引用。要約?


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。