Shinto priest joins the unholy ranks of boy diddlers


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Shinto priest joins the unholy ranks of boy diddlers"

「神道の祭司が少年をもてあそぶ人という不信心な身分に加わる」



For better or worse, the names of great religions all over the world have in recent years been sullied by their clerics diddling little boys. Now, Shinto, Japan’s native religion, can count itself among the ranks, according to Friday (3/1). A 51-year-old Shinto priest, whose name is being withheld because he escaped a criminal record by paying a fine that left him without a conviction, was caught sexually harassing a boy 35 years younger.
良くも悪くも、世界中の偉大の宗教の多くが近年、幼い少年をもてあそぶ聖職者らによって泥を塗られている。フライデー(3月1日号)によると、今度は日本固有の宗教である神道もその仲間入りをしたかもしれないとのことである。51歳の神職(罰金を支払って罪を逃れたため前科もつかないため、氏名は公表されていない)が、35歳年下の少年への性的嫌がらで捕まえられた。



Compounding matters, the perverted priest was the fifth-highest ranking priest at the Ise Shrine, the purported home of the Sun Goddess Amaterasu, who is held in popular belief to have spawned the Imperial line.
問題をさらに深刻なものにしているのは、皇室の祖先であると広く信じられている、太陽の女神アマテラスの住まう場所だとされている伊勢神宮で5番目に高い地位を占める神職だったのだ。



“We learned about the sex attack in a Feb. 1 newspaper story. It was extremely embarrassing, but the priest had not told us a word about it,” Takeo Nishimura, deputy head of the general affairs department at Ise Shrine tells Friday. “He did something that was totally inappropriate for an employee of Ise Shrine and he was fired the same day.”
「私たちは、2月1日付けの新聞記事で性的暴行について知りました。大変恥ずかしいことですが、神職はそのことについて私どもに一言も語っておりませんでした」と、伊勢神宮の総務課副課長ニシヌマ・タケオはフライデーに語る。「彼は伊勢神宮に勤めるものとしてまったく不適切な行為をしたため、同日解雇いたしました。」


Friday says the sex attack occurred on the night of Sept. 22 last year. The drunken priest walked into the public toilet of a train station and stood at a urinal immediately beside a 16-year- old schoolboy going about his business.
フライデーによると、性的暴行は去年の9月22日に起こった。酒に酔った神職は駅の公衆トイレに入り込み自分の用事に取り掛かっている16歳の学生のすぐそばの男性用小便器に立ちました。



Much to the amazement of the boy, the priest leaned over and stared at the lower half of his body.
その少年が大変驚いたことに、神職は身を乗り出し、彼の下半身を凝視した。



“Ooh. That’s a whopper,” the priest is accused of saying, before he reportedly reached over and gave the boy’s piece a squeeze.
「おーっ、でかいな」と言うと神職は、手を伸ばし少年のモノをしごいたと伝えている。



Shocked, the schoolboy grabbed the priest and dragged him to the stationmaster’s office. Incredulous station officials called in the police. At first, the priest vehemently denied the boy’s accusations. But, considering the state of the inebriated man of the cloth, the boy’s statements were believed and the priest pinched.
ショックを受けた生徒は、神職を捕まえて駅長室へと引きずっていった。驚きあきれた駅員たちは警察へ通報した。神職は初めは少年の主張を激しく否定していた。しかし、酒に酔った神職の様子を考慮すると、少年の供述が信用され、神職は逮捕された。



“We couldn’t believe it when he told us he was a high-ranking official at Ise Shrine,” the source from the Matsuzaka Police Station tells Friday. “We didn’t arrest him at first, just took him in for questioning. But, in the end, there was little doubt what the boy was saying was true, so we had to take the plunge.”
「彼が自分は伊勢神宮の高位の神職だと語ったとき、私たちは信じられませんでした」と、松阪警察署の関係者はフライデーに語る。「私たちは尋問するために連行しただけで、すぐには逮捕しませんでした。しかし、結局は少年の供述が本当であることにほとんど疑いがなく、私達は思い切らなければなりませんでした。」


Authorities finally acted in January, arresting the priest for indecent assault. The Chunichi newspaper reported his case on Feb. 2, by which time the priest had confessed. He readily admits to the wrongdoing now.
当局はついに1月に、神職強制わいせつ罪で逮捕を実行した。中日新聞は2月2日に彼の事件を報道した。この日までに神職は犯行を認めている。現在は罪を認めている。


“When I drink, I get really high. I went too far and just had a peep,” the priest says to Friday. “It’s true that I did tell the schoolboy he had a big one, but he’s wrong by saying that I gave him a squeeze. It was more like the tips of my fingers brushed across it. Naturally, I withdrew my hand immediately.”
「私はお酒を飲むと、本当に気持ちが高ぶるのです。私は度を超し、覗きをしてしまいました」と祭司はフライデーに語る。「少年に大きなモノを持っているねと声をかけたのは事実ですが、彼のモノをしごいたというのは本当ではありません。どちらかというと、私の指がちょっと触れたというくらいのものです。当然ですが、すぐに手を引っ込めました。」



Having dirtied Shinto’s name with a most unholy act, the priest is now seeking redemption.
とても不信心な行動で神道の名を汚したので、祭司は今贖罪を模索している。



“The victim is at a very difficult stage where he is undergoing many different emotions,” the priest tells Friday. “To have touched his manhood during such a difficult stage was a very silly act. I pray to gods that he will not be left with any long-term pain.”
「被害者は様々な感情を経験する、非常に難しい年頃です」と神職はフライデーに語る。「そのような難しい年頃に少年のモノを触る
触ることはとても愚かな行動でした。私は彼にどんな長期間の苦痛も残らないことを神々に祈ります。」






特に過激な単語をピックアップしておきます。

  • タイトルの "diddle" という単語は、「いじくる、もてあそぶ」のほか、「(女性と)セックスする、~でマスターベーションをする」という意味もあります。
 当然ながら、もっとソフト・適切な表現が存在します。

  • 第2段落の "spawn" という単語は、「(水生生物(魚・蛙など)が)産卵する」という意味の単語です。
 こちらもより適切だろう単語が存在します。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。