New clutch of Tokyo panty flashing bars offer the best view in the house

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




New clutch of Tokyo panty flashing bars offer the best view in the house

東京のパンチラバーの新しい魅力が、賭博場での最良の眺めを提供する

New clutch of Tokyo panty flashing bars offer the best view in the house 2008,04,22
Friday 4/25 By Ryann Connell
東京のパンチラバーの新しい魅力が、賭博場での最良の眺めを提供する 2008,04,22
FRIDAY 4/25 ライアン・コネル記
1
"Chirasshaimase!"
「チラッしゃいませ!」
2
Enter just about any Japanese business establishment and you'll almost invariably be greeted by an employee with a call of "irrashaimase," or welcome.
日本ではおおむねほとんどどのお店でも入店すると、従業員に「いらっしゃいませ」という歓迎の言葉であいさつされるのがほとんど常だ。
3
But "chirasshaimase," a combination of the welcome and "chirarism", the Japanese term used to describe a flash of bra or panties, has become the traditional greeting for new kinds of exhibitionist, saucy services now operating in Tokyo, according to Friday (4/25).
しかし「チラッしゃいませ」――歓迎と「チラリズム(ブラやパンティーをチラっと見せることを表す日本の言葉)」を合わせたもの――が、現在東京で経営されている新種の露出のいかがわしいサービスのための伝統的なあいさつになってきている。FRIDAY(4/25)より。
4
During the heady days of Japan's economic bubble in the 1980s, the country saw an explosion in the number of bottomless cafes and restaurants, where waitresses worked without any panties and offered customers a fleeting glimpse of their nether regions courtesy of strategically placed cameras, mirrors or fans.
1980年代における日本のバブル経済の高揚した日々の間、日本ではヌードを売り物にするカフェや飲食店の数が爆発的に増えた。そこではウェイトレスがパンティーを全く着けずに働き、計画的に配置されたカメラ・鏡・ファンを使って、客に下半身の部位のチラ見せをを提供するのだ
5
And though a combination of modern. more conservative attitudes and Tokyo Gov. Shintaro Ishihara's crackdown on adult entertainment districts mean the raw flesh servings are limited to sushi, the practice of chirarism remains as popular -- and in some cases, as profitable -- as ever.
最近のより保守的となった態度と石原慎太郎東京都知事の成人娯楽街にたいする取り締まりによって、むき出しの肉を提供できるのは寿司だけに限られてしまったにも関わらず、チラリズムの実践は、今までと同様に人気があるままである――そしていくつかの場合は今までと同様に採算がとれる。
6
Fetish Kissa Chirarism P is a chirarism cafe in Tokyo's Ikebukuro district.
At first glance, it looks like any ordinary cafe, with a 15-seat counter, a few round tables and LCD monitors placed on each table.
It starts getting different with cups of coffee that cost 1,200 yen, about three times the price of the equivalent latte in a regular coffee shop.
And things really change when it comes to the way the waitress presents the coffee as hidden cameras film up her skirt and beam the images to LCD monitors in front of the client.
フェティッシュ喫茶・チラリズムPは、東京の池袋にあるチラリズムカフェだ。
一見、チラリズムPは普通のカフェと同じように見える。カウンターには席が15席あり、少数の丸いテーブルがあり、それぞれのテーブルには液晶ディスプレーモニターが設置されている。
コーヒーに千二百円かかるというところで、違いに気がつきだす。これは普通の喫茶店での同等のラテの約三倍の金額である。
ウェイトレスがコーヒーを持ってくるときに隠しカメラがスカートの中を覗いて客の前の液晶ディスプレーモニターに画像を送信する段になると、ますます違いが明らかになる。
7
"If you chat with us, we'll even lean our arms down on the counter and talk to you," waitress Nao tells Friday, implying the table staff will also offer a glimpse of cleavage through their uniforms.
「私たちとおしゃべりするとき、私たちはカウンターの上に腕をもたせかけもして、話しかけます」とウェイトレスのナオはFRIDAYに語り、テーブルスタッフが制服の間から胸の谷間を一瞬見せるすることを示唆する。
8
In the newly opened Pan Kissh in Shinjuku's Kabukicho, slipping a pre-paid gambling chip into the high heels of a waitress entitles the customer to watch as the waitress removes her bra, puts on a business shirt and then carries their drink to him between her breasts.
Another payment allows customers to use a fishing rod and line to raise the already skimpy skirts on waiting staff, once again gaining a glimpse of garters and other goodies.
新宿・歌舞伎町の最近開店したパンキッシュでは、プリペイドのギャンブル用チップをウェイトレスのハイヒールに入れることで、ウェイトレスがブラをはずしビジネスシャツを身につけ両胸の間で飲み物をはさんで客に運んでいくところを、客は見ることが出来る。
追加料金を払うと、客は釣竿と釣り糸を使って、給仕するスタッフのすでに肌を露出しすぎているスカートを上にあげて、ガーターやその他の素敵なものをまたしてもチラッと見ることが出来る。
9
Also in Kabukicho is Panchira Cafe and Bar Maidol, a dimly lit drinking spot with mirrors built in to its counter bar.
Entry to the bar is 3,000 yen, and customers buy poker chips at an additional 500 yen apiece.
Ordering a drink, the waitress will fling one leg up onto the bar with the mirror giving a flashing glimpse of her undies.
Attached to her leg is a money box.
Insert a chip and you get the drink handed to you.
For 2,000 yen's worth of chips, waitresses will sit up on the mirrored counter bar with their legs spread for 30 seconds.
またしても歌舞伎町にあるのはパンチラカフェバー・メイドルだ。ぼんやりと照明された酒場で、カウンターバーには鏡が備え付けられている。
バーに入店するには三千円かかる。そして客はポーカーチップを一枚につき五百円で買う。
飲み物を注文すると、ウェイトレスは片足をカウンターの上に振りあげて、鏡に彼女の下着のチラ見えが映る。
彼女の足についているのはお金を入れる箱だ。
チップを入れると飲み物を手渡してもらえる。
二千円相当のチップで、ウェイトレスは鏡ばりのカウンターバーの上に座って、三十秒間彼女の足を広げる。
10
"We don't allow any touching at all," Panchira Cafe's Ichigo tells Friday.
"Even so, everyone who comes here enjoys the sexy atmosphere." (By Ryann Connell)
「お触りは厳禁です」とパンチラカフェのイチゴはFRIDAYに語る。
「ですが、ここに来る人はみんなセクシーな雰囲気を満喫します」(ライアン・コネル記)
11
(Mainichi Japan) April 22, 2008
(毎日 日本) 2008年4月22日

拡散状況

Blogger
部分転載:http://hbegg.blogspot.com/2008/04/japanese-panty-bar.html
Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080422
英語サイト
http://jbunnyplanet.com/JAV-porn/2008/05/01/new-tokyo-panty-flashing-bars-offer-the-best-view-in-the-house/
http://www.militaryphotos.net/forums/showthread.php?t=133095
http://www.myxxxfriend.com/new-clutch-of-tokyo-panty-flashing-bars-offer-the-best-view-in-the-house/
http://referenceblog.canalblog.com/archives/2008/04/22/8941734.html
http://www.trulyunusual.com/wards/showthread.php?t=17307


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。