Gals lick up ultra super-sized cream cones


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Gals lick up ultra super-sized cream cones

ギャルはとてつもなく大きいソフトクリームをひとなめする

Gals lick up ultra super-sized cream cones 2006,02,20
Josei Jishin 2/21 by Ryann Connell
ギャルはとてつもなく大きいソフトクリームをひとなめする 2006,02,20
女性自身2/21 ライアン・コネル記
1
It's thick, creamy, comes in eight different flavors including Calpis and stands erect at a whopping 46.5 centimeters -- over 21 inches in the old parlance - and, according to the Pleasure Support Squad formed by Josei Jishin (2/21), Japan's gals can't stop licking it.
『それ』は太く、クリーミーで、カルピスを含む八種類の異なるフレーバーがして、46.5センチ――昔風に言うと21インチ以上――というべらぼうな高さで屹立して、そして、女性自身(2/21)が組織した喜び支援組によると、日本のギャルは『それ』を舐めるのをやめられないのだ。
2
Shame on those whose minds were below the belt, the tantalizing treat in question is actually the Tokudai Soft Cream (Whopper Ice Cream), one of the super-sized sweets growing numbers of Japanese women are scoffing down, according to the weekly.
しもネタを思い浮かべた人は恥を知るといい。女性自身によると、問題となっている思わせぶりな美味しい食べ物は、実はトクダイソフトクリーム(どでかいアイスクリーム)で、それをペロペロたべまくる日本人女性が増加中であるところのスーパーサイズのスイーツの一つなのだ。
3
"I found the Tokudai Soft Cream at Daily Chico in (Tokyo's) Nakano. Being the middle of winter, I wasn't too keen on tucking into an ice-cream, but when I saw it stacked up to 46.5-centimeters high, I just couldn't resist it. If the visual appeal wasn't enough, one mouthful and I was filled with pleasure," reports Yasuko, a member of the Josei Jishin Pleasure Support Team.
"It comes in eight flavors -- chocolate, strawberry, peppermint, Calpis (a lactose based mildly carbonated soda), orange, green tea and blackcurrant. It probably weighs more than a kilogram. And it only costs 300 yen! There is one problem with the super-sized ice-cream and that's trying to eat it all before it melts."
「私は(東京の)中野にあるデイリーチコでこの特大ソフトクリームをみつけました。真冬だったので、あんまりアイスを食べたい気分ではありませんでしたが、それが46.5センチの高さに達しているのを見たとき、私はもうそれに抵抗できなかったのです。もし見た目の魅力が十分でなかったとしても、ひとくちかぶりつくと、私は喜びで満たされました」と、女性自身の喜び支援組のメンバーの一人・ヤスコは報告する。
「それは八種類のフレーバーがします――チョコレート、いちご、ペパーミント、カルピス(やや乳化したソーダをベースにした乳糖)、オレンジ、抹茶、そしてブラックカラントです。それはおそらく一キロ以上もあります。そして値段はたったの300円です!このスーパーサイズのアイスクリームにはひとつ困ったことがあって、溶ける前に全部食べるのが大変なんです。
4
Giving a little more time though not skimping on the quantity is the Super Volume Parfait on sale at the Pier Jolly family restaurant in the Kanagawa Prefecture seaside city of Hiratsuka.
量はけちらないのにもっと時間をかけていいのは、神奈川県の海沿いにある平塚市のピアジョリーファミリーレストランで売り出されているスーパーボリュームパフェだ。
5
"The first thing you notice about the parfait is that it's served in a huge cup about the size of a beer pitcher. It has chocolate, strawberry and green tea-flavored ice cream, which adds to the color, another layer of fresh cream, then a layer of fruit, a slab of pancakes and finally some blueberry yogurt," Pleasure Squad reporter Toru, accompanied by three young university students, tells Josei Jishin.
"Initially, the girls were in ecstasy, taking turns to squeal in delight. After 10 minutes, their mouths were full and silence descended over the restaurant as they chomped away. Eventually, it took the four of us about 20 minutes to eat up the whole thing."
「このパフェでまず気がつくことは、これはビールのピッチャーくらいのサイズの大きなカップに入れられているということです。これにはチョコレート、いちご、色どりを加えている抹茶風味のアイスクリーム、さらに生クリームの層、そしてフルーツの層、厚切りパンケーキ、最後はブルーベリーヨーグルトがはいっています」と、三人の若い大学生をひきつれた喜び組のレポーター・トールは女性自身に語る。
「最初、女の子たちは歓喜の中で、順々に喜びの叫びを上げます。10分後、彼女たちの口はいっぱいになって、彼女たちがムシャムシャ食べるとレストラン中に沈黙が降ります。結局、私たち四人がすっかり食べ終わるのに約20分かかりました」
6
Gobbled down by the bucketful -- literally as it turns out -- was Yume no Buketsu Purin, the Dreamy Bucket Pudding, served by Sanmatei in Toyoda, Aichi Prefecture.
バケツ一杯分――これは文字通りにであることが明らかになるのだが――むさぼり食われるのは、愛知県トヨダのさんま亭で出されるユメノブケツプリン(夢のようなバケツプディング)だ。
7
"They really serve the pudding up in a bucket. The whole thing contains 2 liters. There's the equivalent of about 30 regular puddings inside and it has a diameter of 20 centimeters," Yasuko, the Pleasure Squad reporter, tells the weekly.
「本当にプリンがバケツに入れられて出されるんです。全体で2リットルあります。中には通常のプリン約30個と同量のものが入っていて、直径20センチです」と、喜び組レポーターのヤスコは女性自身に語る。
8
And, there's nothing weak about trying to tackle the Chotokudai Janbo Shuu, the Ultra-Super-Sized Cream Puff, a behemoth bunch of freshly whipped cream and custard encased in a light, fluffy pastry.
そして、超特大ジャンボシューを平らげようとすることも、大変さについてはひけを取らない。このシューは、軽くてふわふわのペストリーに包まれた泡立てられた生クリームとカスタードの巨大なかたまりの、ウルトラスーパーサイズのクリームパフだ。
9
"It's big enough to serve eight and the cream is not as sweet as in a normal cream puff. The custard part is easy enough to eat, but there's so much cream it often ends up spread around your mouth and stuck onto your nose without you ever realizing it," Toru the Pleasure Squad reporter tells Josei Jishin.
"The Ultra-Super-Sized Cream Puff is so messy it's probably not something you should eat together with somebody who's not a pretty close friend." (By Ryann Connell)
「八個だされると十分なほど大きくてで、クリームは普通のシュークリームのものほど甘くなく、カスタードの部分は十分食べやすいです。でもクリームが多すぎて、クリームが口のまわりについて気がつかないうちに鼻にくっついてしまうことがよくあります」と喜び組のレポーター・トールは女性自身に語る。
「超特大ジャンボシューは食べるとベチャベチャになるので、とても近しい友人と一緒のとき以外は食べない方がいいかもしれません」(ライアン・コネル記)
10
(Mainichi Japan) February 20, 2006
(毎日 日本)2006年2月20日

拡散状況

Psychommu Gaijin
部分転載:http://pgaijin.blogspot.com/2006/02/mainichi-daily-news-waiwai-gals-lick.html

翻訳の変更

第8節
そして、超特大ジャンボシュー――軽くてふわふわのシュー皮に包まれた、泡立てられた生クリームとカスタードの巨大なかたまり・ウルトラスーパーサイズのクリームパフ――に取り組もうとすることも、勝るとも劣らない大変さだ。
→そして、超特大ジャンボシューを平らげようとすることも、大変さについてはひけを取らない。このシューは、軽くてふわふわのペストリーに包まれた泡立てられた生クリームとカスタードの巨大なかたまりの、ウルトラスーパーサイズのクリームパフだ。
上記2010/9/3に変更

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。