Cuddling up to creepy creatures using the espresso hold is no laughing matter


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Cuddling up to creepy creatures using the espresso hold is no laughing matter

"エスプレッソ・ホールド"という持ち方で、気持ちの悪い生き物を持つことは笑い事ではない

Cuddling up to creepy creatures using the espresso hold is no laughing matter 2007,09,19
Cyzo October By Ryann Connell
"エスプレッソ・ホールド"という持ち方で、気持ちの悪い生き物を持つことは笑い事ではない 2007,09,19
サイゾー10月号 ライアン・コネル記
1
A couple of geek photographers have found themselves with a hit on their hands upon producing a book advising on how to handle creatures of all sorts from cuddly little bunnies to deadly poisonous snakes, according to Cyzo (October).
二人のオタク写真家がある本を出版したら、それが大ヒット作になった。その本は、かわいいちっちゃなウサギから致死性の猛毒を持つ蛇にいたるまでの、ありとあらゆる種類の生き物の持ち方の指南書であった。サイゾー(10月号)より。
2
Toshimitsu Matsuhashi and Keisuke Kamiya produced "Ikimono no Mochikata Daizen (Everything You Need to Know About Holding Creatures)," which went on sale in August and has since moved toward achieving cult status.
「生き物の持ち方大全(生き物を持つときに知っておくべきことの全て)」という本を出版したのは、松橋利光と神谷圭介だ。この本が発売開始されたのは8月で、その人気はカルト的なものになろうとしている。
3
Among the reasons for the book's success have been its silly cartoon pictures alongside photos of creatures, as well as for its advice like recommended the "espresso hold," which advises praying mantises be held the same way you'd hold a small cup of dark coffee handle with a thumb and forefinger if you want to avoid being bitten.
この本がこんなにも売れている理由といえば、生き物の写真に沿えられているバカげた漫画の絵と、さらには「エスプレッソホールド」――カマキリに噛まれたくなければ、漆黒のコーヒーが入った小さなカップを持つように親指と人差指を使って持つ――などと推奨されているアドバイスだ。
4
Although the book, which tells readers how they can safely pick up anything from pets like rabbits and stag or unicorn beetles to venomous snakes and scorpions, appears to be a bit of a joke, especially as it's packed with silly pictures, the book's authors say the publication is very serious.
ウサギやクワガタムシ・カブトムシのような愛玩動物から猛毒の蛇やサソリまでに及ぶあらゆるものの持ち方を読者に教えるこの本は、とりわけバカげた絵がついているために、取るに足らない冗談のように見えるのだが、この本の著者たちは、この刊行物は大変真面目なものだと言う。
5
"Even all the silly stuff is based on what you really need to do," Kamiya tells Cyzo.
"If you grab a praying mantis by the espresso hold, it can't open its pincers and you can hold onto it without fear of ever being attacked. We get into safety issues like that, the images in the book are all clear and easy to understand. If someone can pick up a creature that nobody else knows how to handle, they're going to be admired. We've produced a book that is going to make people popular."
「どんなバカげたことも、実際にする必要のある事実に基づいています」と神谷はサイゾーに語る。
「もしエスプレッソホールドでカマキリをつかめば、カマキリはカマを広げることが出来ないので、攻撃されることを恐れずにカマキリをつかむことが出来ます。我々はこういった安全性の問題にまで踏み込んでいて、本に描かれた図面は理解しやすいように明確に書かれています。もし他には誰も持ち方のわからない生き物を持ち上げられれば、その人は賞賛されます。我々は人々を人気者にする本を作り上げたのです」
6
Matsuhashi, who has been photographing all sorts of different creatures for the past decade, was the guy who came up with the idea for the book and followed on from his dream to publication.
過去の十年にわたってあらゆる種類の様々な生き物の写真を撮ってきた松橋は、この本のコンセプトを考えつき、彼の夢を追いかけて出版にこぎつけた男である。
7
"I've always been pretty childish myself. This, combined with a need to do a job that allowed me to have some fun, made me decide to produce a children's book," he says.
"Most kids' books tend to be a bit textbookish. So I made the book as though I was producing it for adults while messing around with the contents at the same time."
「私はいつも結構子どもっぽいんです。このことが、趣味と実益を兼ねた仕事の必要性と一緒になって、子ども向けの本を作ることを私に決心させました」と彼は言う。
「たいていの子ども向けの本はちょっと教科書っぽいです。なので私はこの本を、大人向けの本を作っているかのように、本のナカミをイジリながら作りました。
8
Surprisingly, Matsuhashi isn't too keen to take on the advice he offers to those who read his book.
"I hate all the animals we've mentioned. I've got a real thing for cleanliness," he tells Cyzo, with a laugh.
"Actually, some of the creatures we mention in our books, like scorpions or poisonous snakes, are really, really dangerous, so even following the stuff in the book I still wouldn't advise anyone to try and pick them up." (By Ryann Connell)
意外なことに、松橋は彼自身が読者に示しているアドバイスを受け入れることに乗り気ではない。
「私は、我々が本に登場させた動物たち全部が嫌いです。私は潔癖症なんです」と彼は笑いながらサイゾーに語る。
「実のところ、サソリや毒蛇など、我々が本に登場させた生き物の中には本当にとても危険なものもいるので、たとえこの本に書かれている指示に従うとしても、危険な生き物を掴んでみることは誰に対してもアドバイスしません」(ライアン・コネル記)
9
(Mainichi Japan) September 19, 2007
(毎日 日本)2007年9月19日

参考資料

松橋利光
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%A9%8B%E5%88%A9%E5%85%89
神谷圭介
http://spysee.jp/%E7%A5%9E%E8%B0%B7%E5%9C%AD%E4%BB%8B/1028012/

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20070922
The Black Ship
http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/2022-cuddling-up-creepy-creatures-using-espresso-hold-no-laughing-matter.html
英語サイト
http://www.blog.rupromportal.info/uncategorized/mainichidailynews-cuddling-up-to-creepy-creatures-using-the-espresso-hold-is-no-laughing-matter/


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。