Japan's first generation of 'have-it-all' women looking for one last thing: love

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japan's first generation of 'have-it-all' women looking for one last thing: love

日本の最初の「何もかもを手に入れる」世代の女性が最後に一つ求めていたものは恋

Japan's first generation of 'have-it-all' women looking for one last thing: love 2008,06,19
Sunday Mainichi
日本の最初の「何もかもを手に入れる」世代の女性が最後に一つ求めていたものは恋 2008,06,19
サンデー毎日
1
"It wasn't just what university he came from, he also had to have gone to good high and junior high schools. And he had to be working for top-ranked company. He needed to be 15 centimeters taller than I am and be a good driver. I didn't want anyone whose eating manners were bad. They had to know a lot about wine and champagne, but also be sensible drinkers. And, on top of all that, he needed to have similar values and be a person I could respect, or there was no way I'd marry him," a 40-year-old woman working as an architect tells Sunday Mainichi, outlining what she wanted in a husband while she was still in her 20s.
「大事だったのは、男の出身大学だけではなくて、彼は良い中学と高校にも通っていたのでなければなりませんでした。そして彼は一流企業で働いていなければダメでした。彼は私より15センチ背が高いことが必須で、車の運転がうまくなければダメでした。食事のマナーが悪い男なんてまっぴらでした。ワインやシャンパンに詳しくなければならず、しかし酒の飲み方に節度がなければダメでした。そして、更にその上に、彼は私と同じ価値観を持っていて私が尊敬できる人でなければならなくて、さもなければ彼と私が結婚するなんてお話にもなりませんでした」と建築士として働いている40才の女性はサンデー毎日に語り、彼女がまだ20代だった間に夫に何を求めていたかの概略を説明する。
2
Gradually, as the woman went through her 30s, she found herself relaxing her conditions and found herself a boyfriend when she accepted about one-fifth of what she had been looking for.
As time passed and she still couldn't find a husband, her ideals became even less stringent, particularly around the time of her birthday.
Finally, at 39, she tied the knot.
この女性は30代になると次第に、自分が条件を緩めていることに気が付き、かつて彼女が求めていたものの5分の1で我慢したときにボーイフレンドを見つけた。
時は過ぎ、彼女はまだ結婚相手を見つけられず、彼女の基準はさらに厳しくなくなった――彼女の誕生日の頃は特に。
とうとう、39才で、彼女は結婚した。
3
"I guess I had a lot of things I wanted, but I got married in the end, so I have no worries now," she tells the current affairs weekly produced by the Mainichi Newspapers.
"I guess it might have been because marriage put my mind at ease, but my career is also progressing better."
「私は欲しい物をたくさん持っていたのではないかと思います。でも私は結局結婚できました。だから今、私に心配事はありません」と彼女は、毎日新聞社が発行している週刊時事問題誌(サンデー毎日)に語る。
「これは、結婚が私の頭を安心させたからではないでしょうか。しかし私のキャリア(職歴)もまた向上しました」
4
Sunday Mainichi notes that Japanese women aged 40 or thereabouts are the first generation in this country who've been able to pursue careers and motherhood.
While most of them are making a fist of it, according to the weekly's survey of 120 married 40- something women, are lot of them are also pondering about what it actually means to be a woman as opposed to just being a wife or mother.
サンデー毎日は言及する:40才前後の日本人女性は、キャリアと母親業の両立を達成しようとすることが出来た日本での最初の世代である、と。
彼女たちのほとんどが上手くやってのけている一方、サンデー毎日による既婚40代女性120人についての調査によると、彼女たちのうちの多くは、ただ妻や母であることと対比して、女であるということは一体どういう事を意味するのか、についてよく考えている。
5
"I married, had kids, got a career and it's all going really well. People tell me I should have no worries in the world, but for some reason, I feel lonely every day," a 43-year-old woman tells Sunday Mainichi.
"I guess I dream of falling in love again, to feel that thrill. I realize I sound like a silly schoolgirl, but perhaps I'm getting the feeling that my 'use-by' date as a woman is approaching."
「私は結婚し、子供もいて、キャリアを得て、すべてが本当に上手く行っています。みんなは私に、世界には何も心配することが私にはなかっただろう、と言いますが、しかし何故か私は毎日孤独を感じています」と43才の女性はサンデー毎日に語る。
「私はあの興奮を感じるためにまた恋に落ちることを夢見ているのではないでしょうか。私の言ってることが馬鹿な女子生徒みたいに聞こえるということには気がついています。しかしもしかすると、私は女としての『賞味』期限が切れそうだという気持ちになりつつあるのかもしれません」
6
Others have similar sentiments.
同様の心情を持つ女性は他にもいる。
7
"When people get into their late 40s, the number going through menopause increases dramatically. Menopause brings with it the impression that you're finished as a woman," a 44-year-old woman in the publishing industry tells Sunday Mainichi. "I have a really strong urge to confirm for myself one more time that I'm still a woman."
「40代後半になると、更年期を経験する人数は劇的に増加します。更年期は女として終わってしまったという気持ちを感じさせます」と出版業界の44才の女性がサンデー毎日に語る。「自分はまだ女だ、ともう一回自分で確認したいという本当に強い衝動を、私は持っています」
8
Women now in their 40s came of age during Japan's heady "bubble" economy of the late 1980s, and it appears their attitudes toward playing around were shaped during those times, the weekly says.
現在40代の女性は、80年代後半の日本のイカれた『バブル』経済の間に成人した。そして彼女たちの浮気についての心構えは、この時期に形成された、とサンデー毎日は言う。
9
"Having been through those days, there are parts of me that would find it relatively easy to plunge into an extramarital affair," a 44-year-old housewife tells Sunday Mainichi. "And I look at others around me and think the same about them."
「あの日々を経験したので、結婚相手以外との情事に飛び込むことを比較的簡単だと思う自分もいます」と44才の主婦はサンデー毎日に語る。「そして私の周囲の女性を見てみると、彼女たちもまさに同様だと思います」
10
Of the 120 married women in their 40s that the respectable magazine surveyed, 17 reported they were seeing men other than their husbands.
Of these, eight were involved with men who were also married, but the remaining nine are entangled with people such as their child's swimming coach or tutor, or their own tennis coach.
All these men were at least 10 years younger.
この立派な雑誌が調査した40代の既婚女性120人のうち、17人が自分は夫以外の男と会っていたと報告する。
彼女たちのうち、8人が既婚男性と関係していて、残りの9人は、子供の水泳コーチや家庭教師、あるいは自分自身のテニスコーチとまぐわっていた。
これらの男性は全て、少なくとも10才年下だった。
11
"Honestly, I really want to love my husband all over again, but it doesn't look like I do anything for him anymore," a 41-year-old woman working for a foreign manufacturing company tells Sunday Mainichi.
"I don't want to reach my 'use-by' date for a woman like this. And that was what I was thinking when I first met my boyfriend."
「正直にいって、私は本当に、私の夫をもう一度愛したいのですが、私はもはや夫のためなら何んでも出来る気にはなれません」と、外資系の製造業で働く41才の女性は言う。
「私はこのような女としての『賞味』期限切れにはなりたくありません。そしてこのことが、私が私のボーイフレンドと初めて会ったときに考えていたことでした」
12
Many women see a fling as their final chance at love.
多くの女性が、情事を彼女たちの恋の最後の機会だとみなしている。
13
"Extramarital love is still love, right?" a 43-year-old dentist tells Sunday Mainichi.
"It may be our last chance at love, so we give it everything and justify our actions."
「不倫の恋も恋のうち、でしょ?」と43才の女性歯科医はサンデー毎日に語る。
「それは私たちの最後の恋の機会かもしれないので、私たちは全力を尽くし、自らの行動を正当化します」

拡散状況

AsianOffbeat
http://www.asianoffbeat.com/default.asp?display=1835
Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080619
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-06-20
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2008/06/
海外ブログ
http://sonletay.vox.com/library/post/middle-aged-japanese-women-seek-one-last-thing-love.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。