Love hotels tell tales

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Love hotels tell tales

ラブホテルは物語を語っテル

Love hotels tell tales 2008,05,24
Shukan Taishu 6/2  By Masuo Kamiyama
ラブホテルは物語を語っテル 2008,05,24
週刊大衆 6/2     カミヤママスオ記
1
A hostelry utilized mainly for short-term trysts is sometimes referred to in the American vernacular as a "no-tell hotel."
In Japan, such establishments are known as "love hotels."
主に短時間の逢いびきの際に利用される宿屋は時々、アメリカ俗語では「ノーテル・ホテル(no-tell hotel)」と呼ばれる。
日本では、そのような設備は「ラブホテル」として知られている。
2
One noticeable difference between the U.S. and Japan would appear to be that the "no-tell" stipulation does not apply to the latter -- at least in the case of Shukan Taishu (6/2).
The popular men's weekly tabloid once again serves up a spicy potpourri of titillating tales about the goings-on inside such establishments.
アメリカと日本の間の顕著な違いの一つは、「ノーテル(語らない)」という規定が日本では適用されないということに現れているであろう――少なくとも週刊大衆(6/2)による事例では。
この人気男性向け週刊タブロイド紙はまたもや、これらのホテルの内側の行状についての、刺激的な物語のわいせつな詰め合わせを提供する。
3
"About once a month on average, you hear about what those of us in this trade call 'makura sagashi' (pillow searching), which involves a woman drugging some guy with sleep medication and then making off with his valuables," relates the operator of one such hotel, located in Maruyama-cho on the back streets of Tokyo's bustling Shibuya district.
「平均して月に一度くらい、この業界の人間が「マクラサガシ(枕さがし)」と呼ぶところものが起こった、と聞かされます。女が睡眠薬を男に飲ませてから男の貴重品を持ち逃げすることが、枕さがしです」と、東京の活気のある渋谷区の裏通りにある円山町に位置するラブホテルの経営者は物語る。
4
"Most of the victims are terrified that their family or employer will find out they've been playing around, so they don't dare report the theft."
「被害者の多くは、家族や雇用主に自分が性的乱交にふけっていたと知られることを恐れるので、彼らはあえて盗難の被害届けをしません」
5
The peak period for romping rooms tends to begin at 11 p.m. on Friday and Saturday nights.
Often, three or four couples find themselves in a small alcove in the hotel lobby waiting patiently for a vacancy.
イチャつくための部屋が最もよく使われる時間帯は、金曜と土曜の夜の午後11時からはじまる傾向がある。
しばしば、3~4組のカップルが、ホテルのロビーの小さなアルコーブで我慢強く空き部屋を待つハメになるのだ。
6
"We know privacy is important, so we partitioned the lobby into separate cubicles so the couples won't have to look at each other," says a hotel manager.
"But some simply can't wait for a room to open up, and they start getting it on in the cubicle. Last spring a girl in the cubicle farthest from the entrance straddled her boyfriend's lap, and we could hear them pounding away. They were using their cubicle like couples do in those dimly lit coffee shops that couples use for necking."
「私たちはプライバシーが大切だと承知しているので、パーティションで区切ってロビーを隔離されたキュービクル(小空間)に分けたので、カップルが他のカップルを見なくてすむようになりました」と、ホテルのマネージャーは言う。
「しかし何組かのカップルは部屋が空くのを待ちきれず、ロビーのキュービクルでアレをヤリはじめるのです。去年の春には、入り口から一番遠いところの小空間の中で少女が彼氏の膝の上にまたがっていて、私たちにはかれらがバコバコやっているのが聞こえました。かれらはキュービクルを、カップルが愛撫のために使う照明の仄暗いコーヒーショップでするように、使っていました」
7
At a hotel in a certain Tokyo suburb, some couples merely pull into the secluded underground parking lot and get it on without disembarking from their car.
東京郊外のあるホテルでは、周囲から隔絶した地下駐車場に自動車を乗り入れて、自動車から降りないでアレをヤるだけのカップルもいる。
8
"We have security cameras that monitor the parking area," he recalls.
"On the monitor we could see the bottoms of the girl's bare feet banging on the dashboard. Then after 10 minutes or so of this, instead of getting out of the car and checking into a room, the guy just started the engine and drove off.
「私たちは駐車場を監視する防犯カメラを持っています」と彼は思い起こす。
「モニター上では、ダッシュボードの上で性交している裸足の少女のお尻を、見ることが出来ました」そしてそれから10分くらいたった後、車から降りて部屋にチェックインするかわりに、かれらはただエンジンをかけて走り去ったのです。
9
"I don't know if it was because they couldn't afford the room, or if they drove in and did it in the car just for thrills."
「かれらが部屋を借りるお金がなかったからなのか、それとも、ただたんにスリルを求めて車でやってきて車の中でアレをヤったのか、私にはわかりません」
10
Another example of flaky goings-on at hotels involves shameless acts of exhibitionism before the security cameras.
ホテルにおけるひどく変わった行状のもうひとつの例は、防犯カメラの前で行われる恥知らずな露出効果についてのものだ。
11
"About once or twice a month, I get couples who romp in the corridors," another hotel manager tells Shukan Taishu.
"The security camera picked up a girl crawling along on her hands and knees. A guy sauntered behind her, slowly swinging a whip against her butt. It was pretty clear they knew they were being photographed. Then she faced the camera and began masturbating. It shocked me momentarily, but naturally I was on my guard after that."
「ひと月あたり一回か二回くらい、廊下でヤるカップルを見つけます」と、別のホテルのマネージャーは週刊大衆に語る。
「防犯カメラが、手足をついて四つん這いで進む少女を捉えました。男が彼女の後ろをのんびり歩き、彼女の尻に当たるように鞭をゆっくり振っていました。自分たちが撮影されていることを彼らが知っていたのは極めて明らかです。そして彼女はカメラの方を向いてマスターベーションをはじめました。そのため瞬間的に私はショックを受けましたが、当然ながら、ショックから回復した後は私は見張りをしました」
12
Truly love hotels are places where anything goes.
Or comes. As another Tokyo hotel manager relates, "About six months ago, a man called down to the front desk, and in a panic-stricken voice asked for immediate assistance.
確かに、ラブホテルはどんなことでも起こりうる場所だ。
あるいは、起こす。別の東京のホテルのマネージャーは次のように述べる。「6ヶ月くらい前、一人の男性がフロントの受付を大声で呼んで、恐慌をきたした声で緊急に助けが欲しいと頼んできました。
13
"When I rushed into his room, I saw a naked woman, who from her looks appeared to be in her early 30s. She'd passed out.
「私が駆けつけて彼の部屋に入ると、外見からして30代前半と思われる裸の女性を、私は見ました。彼女は意識を失っていました。
14
"I wasn't sure what I should do, but just then the woman suddenly regained consciousness and exclaimed, 'Where am I?' and began screaming at the top of her lungs. I suppose it was because she didn't recognize me and was startled. But believe me, at this point I was probably as scared as she was."
「私には何をしたらいいか確信が持てずにいましたが、まさにその時、その女性は突如意識を取り戻して『ここはどこ?』と大声でいい、声を限りに叫びだしました。なぜこういうことになったかというと、彼女は私が誰かわからなくて驚いたからではないか、と思います。しかし私を信じてください、その時は、私は彼女とおそらく同じくらい怯えていたのですよ」
15
After recovering his composure, the manager was finally able to piece together what had occurred.
冷静さを取り戻した後、このマネージャーはついに、何が起こったのかを状況から判断することができた。
16
"The woman's skin was flushed pink, and she was sopping wet from her hips to her thighs. I suppose she had climaxed so intensely she'd lost consciousness, and her boyfriend panicked and phoned the office.
「あの女性の肌はピンク色に紅潮して、また腰から太ももまでぐしょぐしょに濡れていました。私が思うに、彼女はあまりに強烈にオルガズムに達したために失神してしまい、そして彼女のボーイフレンドは慌ててしまってフロントに電話したのでしょう。
17
"But even if he seemed to be at a loss for words, I got the feeling he was acting smugly. I suppose in some twisted way, he was proud of himself." (By Masuo Kamiyama, contributing writer)
「彼は言葉を失ってしまったようではありましたが、とはいえ、普通とは違う意味合いで、彼は自分自身のことを誇りに思っていた、と私は思います」(寄稿執筆家カミヤママスオ

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080524
英語サイト
http://www.xanga.com/CeruleanShingo/658772068/item.html *1


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。