Angel of mercy gives homeless men a hand

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Angel of mercy gives homeless men a hand"

「慈悲の天使がホームレスに手をさしのべる」



2004年10月25日配信

You're a homeless man in Nagoya camped out in the park adjacent to Nagoya Castle or one of the several public areas where dozens of vagrants have erected makeshift abodes made of blue plastic tarpaulins.
あなたが、名古屋城に隣接する公園や何十人もの路上生活者がブルーシートで簡易住居を建てている公共区域のうちのひとつにいる名古屋のホームレスだとします。

Having been down on your luck for so long, sex, if on your mind at all, is probably little more than a distant memory. And since it's been days, sometimes even months since your last bath, the prospect of finding female companionship is likely to be all the more remote.
長い間、運には見放されており、セックスは仮に記憶にあったとしてもおそらく遠い記憶でしょう。そして、最後に風呂に入ってからは何日もあるいは時には何ヶ月も経っており、女性との交遊などほとんど見込めないといえます。

Certainly the last thing you'd ever expect would be to be awakened from a sound sleep by an attractive young female who has slipped into your shelter, opened the fly of your pants, and begun to provide relief in the form of hand jobs, or oral sex.
魅力的な女性があなたの住居に入り込み、パンツの窓を開き、手コキやフェラチオをしてくれるなどというのは、まず期待できそうもありません。

Yet, increasing numbers of homeless men in Nagoya's parks swear this has happened to them. Did these pleasurable experiences actually occur? Or was it merely something emanating out of the fog of alcoholinduced stupor?
しかし、名古屋の公園で増加しているホームレス達は、それが実際に起こったと断言しています。そんな喜ばしい出来事は本当に起こったのでしょうか?それとも単に酒に酔って見た幻覚でしょうか?

Underground magazine Uramono Japan (October) swears the story is true. Apparently some women are so turned on by male pheromones, they won't accept anything less than a full concentration, unadulterated by soap and water. Or perhaps they're fetishists for dirt, grime and ordure.
アングラ雑誌の裏モノJAPAN(10月号)は、その話は真実だと断言しています。確かに、男性のフェロモンで興奮する女性もいますし、彼女らは石けんや水によって純度が落ちていない体以外受け付けません。または、おそらく彼女らは埃、汚物、糞フェチなのです。

Be as it may, those on the receiving end of her ministrations aren't complaining.
いずれにせよ、彼女らの奉仕を受ける側としては不満はありません。

"Her hand technique is fantastic, but her fellatio is exceptional," one of Nagoya's lumpenproletariat insists."She sneaked in and did it to me one night, I swear!"
「彼女の手技は最高なんだ。」名古屋のホームレスの一人は言います。「彼女はある晩こっそり忍び込んできてオレにしてくれたんだよ。断言するよ。」

Intrigued by this somewhat incredible story, one day last summer Ikkyu Muromachi --- nom de plume of a Kyoto-based freelance writer --- hit the Meishin Expressway and drove from Kyoto to Nagoya. In order to pass for a real homeless man and not just some cheapskate looking for a free blow job, Muromachi had prepared for his investigative report by refraining from bathing for the previous seven days, working up a rank body odor hopefully convincing enough for him to pass for the real thing.
昨年のある日、フリーランスのライターである室町一休(ペンネーム)は、この何とも信じがたい話に惹かれて、名神高速に乗り京都から名古屋に行きました。タダでフェラチオをして貰いたい単なるケチではなく、本物のホームレスとして通用するように、室町は7日前から入浴を控え、本物のホームレスだと思わせるに十分なひどい悪臭のする体を作り上げ、調査リポートに備えました。

Making the rounds in the parks, Muromachi asked fellow bums about the woman.
室町は、公園を巡回して例の女性についてホームレス仲間に尋ねました。


"She doesn't seem to be from Nagoya," says one wizened older chap, between sips of sake. "She began slipping into the parks at night about a year ago. Supposed to be about 32 or 33. Not bad looking either..."
「彼女は名古屋から去ってないように思う。」あるしわくちゃの老人が酒をすすりつつ話します。「一年ほどまえから夜の公園に入り込むようになった。おそらく、32,33歳くらい。顔は悪くない・・・」

"Did she do it to you?" an incredulous Muromachi asks.
「あなたはしてもらったの?」と、信じられない様子で室町は尋ねます。

"Hell no! Those kind of promiscuous broads ain't my type," the old codger mutters.
「ないよ!誰とでも寝るようなこの手のやつはオレのタイプじゃない」と年老いた偏屈者はつぶやきました。

After a full week of uneventful nights in various parks throughout the city, the "miracle" that Muromachi had waited for finally occurred.
街中の様々な公園で何もない1週間を過ごした後、室町が待っていた「奇跡」がついに起こりました。

"Turning over in my sleep, I thought I heard approaching footsteps," he writes. "Then I saw the human figure of indeterminate gender the faint light. The footsteps sounded like a woman's. I got the feeling she was coming for me."
「寝床で寝返りを打つと、足音が近づいてきているのが聞こえました。」と彼は書きます。「微かな光で性別が判別できないが人間の姿が見えました。足音は女性のもののようでした。彼女が私の方にきている気がしました。」

Muromachi felt a brief panic, wondering if the person might be armed with a cutting instrument intending to do him harm. But then he felt a gentle hand on his inner thigh.
その人が彼に危害を加えるために刃物で武装しているかもと思い、室町はちょっとパニックになりました。

"At first I couldn't believe it," he writes. "Could this be real?" But he smelled her floral perfume, and immediately stiffened.
「最初はそれを信じることができませんでした。」彼は書きます。「こんなことありうるのか?」しかし、彼女の花の香りのする香水のにおいを嗅ぎ、そしてすぐに確信しました。

Slim fingers crept up to his waistband, groped over the button, released it and tugged down his trousers. Muromachi lifted his waist to help slip them off, at which time his own rank body odor wafted toward his nose. Ugh.
スリムな指が彼のウエストバンドに忍び寄り、ボタンをまさぐり、それを外すとズボンをずりおろしました。室町は、それを助けるように腰を持ち上げました。その時、自分のひどい体臭が彼の鼻へと漂いました。うっ。

Kneeling over him, the woman proceeded to run her tongue along the underside of his phallus for its entire length, and then took his full erection into her mouth, head nodding while making slurping noises onomatopoeically described as "chiro-chiro jupu-jupu."
女は、彼の前で跪き、陰茎の下側を上から下まで舌を這わせました。そして、完全に勃起したモノを口に含み、擬音でいうところの「チロチロ、ジュプジュプ」という音を立てながら頭を振りました。

"I can't hold back and longer, I'm coming!" he groaned, and but she kept it in her mouth and, while he spurted in ecstasy, sucked him dry.
「もう我慢できない、イクよ!」とうめきました。しかし、彼女は彼に快感がほとばしる中、彼女はくわえ続け、彼の物を吸い尽くしました。

Then with no further ado, she vanished into the darkness. From what little he saw of the woman, Muromachi says the she had sloping eyes with long lashes, somewhat resembling actress Yoshiko Sakaguchi. She wore black jeans.
それ以上は何もなく、彼女は闇に消えていきました。ほとんど見えなかった女性ですが室町はこういいます。彼女は長いまつげのくぼんだ目をしており、どこか女優のサカグチ・ヨシコににていました。

"There were so many things I wanted to ask her," writes Muromachi. "But she never spoke."
「彼女に聞きたかったことは山ほどありました。」と室町は書いています。「しかし、彼女は決してしゃべりませんでした。」

Back home in Kyoto, Muromachi tells Uramono Japan every time he reminisces over his experience he feels a stirring in his loins. Apparently sleeping under vinyl sheeting in a public park was worth it. In the hope of duplicating the experience he's planning a return Nagoya this autumn.
彼に起こったことを思い返すたびに、股間がうずくのを感じると、京都の自宅に帰った室町は裏モノJAPANに語ります。公共の公園でビニールシートの下で寝たことは、明らかに価値がありました。また同じ経験ができることを望み、彼はこの秋に名古屋に再び行く計画を立てています。

拡散情報

Asian Sex Gazzete
http://www.asiansexgazette.com/asg/japan/japan02news27.htm
Daze Reader
部分転載:http://www.dazereader.com/24000692.htm
JREF
部分転載:http://www.jref.com/forum/archive/index.php/t-12764.html
英語サイト
部分転載:http://bloodandtreasure.typepad.com/blood_treasure/2004/10/wai_wai.html
部分転載:http://enart.dballastages.com/uhf/uh--free-oral-502000.htm
部分転載:http://enart.gazages.com/uhf/uh--free-oral-502000.htm
部分転載:http://enart.investmentpany.com/uhf/uh--free-oral-502000.htm
部分転載:http://enart.mercebank.com/uhf/uh--free-oral-502000.htm
部分転載:http://enart.mercialleasing.com/uhf/uh--free-oral-502000.htm
http://www.p2pconsortium.com/index.php?showtopic=633
部分転載:http://enart.printingpany.com/uhf/uh--free-oral-502000.htm
部分転載:http://www.sensibleerection.com/entry.php/41519
部分転載:http://www.sexisfunny.com/archives/oddball/fellatio_for_the_poor.php
http://sgforums.com/forums/18/topics/100036
スペイン語サイト
部分転載:http://ponchorama.com/2004/10/29/angel-of-mercy-gives/
Blogger:その他
部分転載:http://fredeeky.blogspot.com/2005/02/japan-just-gets-stranger.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。