Accused multiple murderess pins it all on allegedly incestuous stepson

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Accused multiple murderess pins it all on allegedly incestuous stepson

告発された女大量殺人鬼、近親相姦の罪を犯したと申し立てられている継子に、全ての罪を着せる

Accused multiple murderess pins it all on allegedly incestuous stepson 2006,12,29
Shukan Josei 1/2-9   By Ryann Connell
告発された女大量殺人鬼、近親相姦の罪を犯したと申し立てられている継子に、全ての罪を着せる 2006,12,29
週刊女性 1/2-9      ライアン・コネル記
1
The trial of accused mass murderess Chizuko Okamoto is turning into a sordid affair, awash with tales of incest and unrequited familial love, according to Shukan Josei (1/2-9).
告発された女大量殺人鬼・岡本千鶴子の裁判は、近親相姦や家族内の一方通行の愛の話題であふれた、卑しむべき情事へと、事情の様相を変える。週刊女性(1/2-9)より。
2
Okamoto, 55, is currently being tried for the murder of her 19-year-old daughter Rikako, but is also suspected of involvement in the decades-old deaths of another three sons, two of them infants.
岡本(55)は現在、彼女の19才の娘・利加香(りかこ)の殺害の件で審理にかけられているが、さらに他に三人の息子(そのうち二人は乳幼児)の数十年前の死亡に関与した容疑をかけられている。
3
A stepson, 35-year-old Minehiro, was also found hanged in Okamoto's apartment in Hiratsuka, Kanagawa Prefecture, when Okamoto was arrested in May.
継子である33才の峰宏も、岡本が5月に逮捕されたとき、神奈川県平塚にある岡本のアパートメントの中で首を吊った状態で発見された。
4
Okamoto has since laid the blame on Minehiro for the killing she is accused of committing.
Yet Minehiro's biological mother says she bears no hatred for Okamoto.
それ以来岡本は、彼女が実行したと告発されているところの殺害のとがめを、峰弘におっかぶせようとしている。
だが、峰弘の生物学的な母親は、自分は岡本に対してなんの憎しみも露わにしていない、という。
5
"I don't really hate Chizuko," the mother tells Shukan Josei.
"Everybody around me is saying that I do, though."
「私は本当に、千鶴子を憎んでいません」と実母は週刊女性に語る。
「でも私の周囲の人は皆、私が憎んでると言いますけど」
6
Chizuko Okamoto is the only link between the five bodies police discovered on that morning in May.
The first corpse they found was that of Minehiro, who was hanged near the entrance.
Minehiro was the son of a noodle restaurant owner -- with whom Okamoto began an affair in the mid-'70s -- and the woman now talking to the media.
After breaking up with Minehiro's mother, the noodle cook married another woman.
Okamoto eventually forced the noodle cook to give up that wife and moved in with him and his family, including the then-youthful Minehiro.
岡本千鶴子だけが、五月の逮捕の朝に警察が発見した五体の遺体との唯一の『つながり』である。
警察が最初に見つけた遺体は峰弘のもので、彼は玄関の近くで首を吊った状態だった。
峰弘は、ヌードルレストランのオーナー---岡本は70年代なかばに彼との浮気を始めた---と、今メディア(週刊女性)に話をしている女性との間の息子である。
峰弘の母と離婚した後、このヌードル料理人は別の女性と結婚した。
岡本はその後とうとうヌードル料理人に強要して二番目の妻を断念させ、
彼と当時は若かった峰弘を含めた彼の家族と共に引っ越しした。
7
"After Chizuko ousted the noodle cook's wife, she had two children with him -- Rikako (the daughter she is accused of killing) and a boy, Toshihide (who went missing as a child two decades ago, but whose body was found in Okamoto's apartment earlier this year). They also had another two boys, but their infant bodies were found, too. They were all found dead," Minehiro's biological mother tells Shukan Josei.
「千鶴子がヌードル料理人の前妻を追い出した後、彼女は彼と二人の子供をもうけました------利加香(千鶴子が殺したと告発されているところの娘)と利英少年(二十年前に子供の頃行方不明になったが、彼の遺体は今年のはじめに岡本のアパートメントの中で発見された)です。かれらにはほかにも二人の男の子が居ましたが、彼らもまた幼児の遺体となって発見されました。かれらは全員死んでいるところを発見されました」と、峰弘の生物学上の母親は週刊女性に語る。
8
Okamoto's Tokyo District Court murder trial has been packed with despicable details.
It started with the opening hearing, which concentrated on the prosecution casting doubt on Okamoto's character.
東京地裁での岡本の殺人に関する裁判は、卑しむべき詳細で充ちている。
それは冒頭の審問からはじまった。その審問は、岡本の人柄に疑いを投げかける告発に集中していた
9
"In prosecutors' opening statement, they said she moved into the Hiratsuka apartment in around 1997, together with Rikako. Okamoto couldn't find a job and was living off what she could borrow from friends. When people started come after her for repayment, she used excuses like her family's ill health and Rikako's death to avoid paying them," a reporter for a national daily tells the women's weekly.
"Okamoto was always running away from something. Her sloppy lifestyle was laid bare for all to see."
「検察の冒頭陳述の中で、千鶴子は利加香と一緒に1997年頃平塚のアパートメントに引っ越した、と検察側はいいました。岡本は職業を見つけられず、友達から借りることができたものに寄生して生きていました。みなが返済を求めて彼女の後を追いかけはじめたとき、家族の健康状態の悪さや利加香の死などを言い訳にして、みなに支払うことを避けました」と、日刊全国紙の記者はこの女性週刊誌に語る。
「岡本は常に何かから逃げていました。彼女のいい加減なライフスタイルが誰にでも分かるように暴露されました」
10
Prosecutors called one of Rikako's old boyfriends as a witness.
The boyfriend told the court of how Okamoto had threatened Rikako with a knife and the frequency with which the daughter had expressed fear for her life.
検察側は利加香の昔のボーイフレンドを証人として召喚した。
このボーイフレンドは法廷で、いかに岡本がナイフで利加香を脅かしたかや、娘(利加香)が自分の生命に対する怖れを頻繁に表現したことを述べた。
11
Okamoto was ready to fight back, though, and even steamier accusations were hurled in her second, and most recent, hearing.
だが岡本には反撃の用意ができていて、さらにムンムンとする告発が、彼女の二回目にして最近の公判において、放り投げられた。
12
"Minehiro killed Rikako and then he committed suicide," Shukan Josei quotes one of Okamoto's lawyers saying at the second hearing.
「峰弘は利加香を殺して、そして自殺したのです」と、週刊女性は第二回の公判で岡本の弁護人のうちの一人が言ったところを、引用する。
13
Okamoto also accused her stepson of molesting her as she slept.
The accused killer also said Minehiro was behind all the killings that resulted in so many bodies being found in her home.
She added that he killed himself because his attempts to rape his stepsister Rikako had failed.
岡本は彼女の継子を、彼女が眠っているときに性的ないたずらをしたとして非難した。
この告訴されている殺人者はまた、あまりにも多くの遺体が彼女の家で発見される結果となった、すべての殺人事件の背後には峰弘がいる、とも言った。
峰弘は異母妹の利加香をレイプしようとしたが失敗したため自殺した、とつけ加えた。
14
Hearings will continue in Okamoto's case in 2007. (By Ryann Connell)
2007年も岡本の事件について公判は続く。(ライアン・コネル記)

参考資料

岡本千鶴子(平塚5遺体事件)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%A1%9A5%E9%81%BA%E4%BD%93%E4%BA%8B%E4%BB%B6

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2006/en/20060503-house_of_horrors.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。