Murder and mutilation stalk the streets, but won't somebody think of the

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Murder and mutilation stalk the streets, but won't somebody think of the pansies?

殺害と切断が街を忍び歩くが、誰がパンジー(orホモ野郎)のことを思いついただろうか?

Murder and mutilation stalk the streets, but won't somebody think of the pansies? 2008,5,9
Seven 5/15-22     By Ryann Connell
殺害と切断が街を忍び歩くが、誰がパンジー(orホモ野郎)のことを思いついただろうか? 2008,5,9
女性セブン 5/15-22    ライアン・コネル記
1
Somebody has turned violent in their attempt to say it with flowers, as Japan has recently been swept up in a spate of incidents in which pansies and tulips in public areas have been smashed to smithereens, according to Josei Seven (5/15-22).
誰かが思いを花で伝えようとして凶暴化した。最近日本は、公共の場のパンジーやチューリップが粉々に粉砕されるという、相次ぐ事件に蹂躙されているのだ。女性セブン(5/15-22)より。
2
Experts say the blossom bashers are taking out their stress on defenseless flowers because even if they get caught, they only face nothing more than a trifling penalty.
たとえ捕まってもわずかな処罰しかあたえられないため、花を強打する人々は身を守るすべのない花に八つ当たりしている、と専門家は言う。
3
Some are urging for a bit more "flower power" to be put in place, with toughened laws to severely punish floral fiends so they serve as a lesson to anybody else with the inclination to take the sword to the people's pansies.
殺花狂を重く罰する厳しくなった法律をもってして、人々のパンジーに暴力を振るうという気持ちをもったどんな人にも戒めを与えることで、もうちょっと「フラワーパワー(1970年代のヒッピー世代が唱えた反体制的スローガン)」を導入すべきだと促す人々もいる。
4
"I'd say the perpetrators are using the flowers to take out the frustrations that have built up inside them," journalist Akihiro Otani tells Josei Seven.
"It's a pretty shameful way to react, actually."
「犯人は、自分の内部で高まったフラストレーションを花を使ってぶちまけているのだと思います」と、ジャーナリストの大谷昭宏は女性セブンに語る。
「本当に、これはフラストレーションに対処する方法としてとても恥ずべきやりかたです」
5
Among the flower attacks to have taken place in recent weeks include about 2,000 tulips flattened in Fukuoka on April 1, 1,050 flowers garroted in Gunma on April 9 and a further 800 ground into the dirt on April 14, also in the same prefecture.
最近の数週間に行われた花に対する攻撃には、4月1日に福岡でぺちゃんこにされた約2000本のチューリップ、4月9日に群馬で絞殺された1050本、同県で4月14日に地面の中へすりつぶされたさらに800本が、含まれている
6
Cops captured footage of a man using an umbrella to smash through a row of tulips outside the Gunma Prefectural Government offices on April 18 and released the video nationwide, in the hope that a concerned citizen will be able to provide them with information that will lead to the apprehension of the flower-flogging filth.
警察は、4月18日に群馬県庁舎の外のチューリップの列の中を傘を使いながらなぎ倒して進んでいく男の監視カメラの画像を入手し、その映像を国中に流した。憂慮している市民が、花を叩く悪党の逮捕に繋がる情報を、警察に提供できるであろうことを願ってである。
7
Those who go around destroying public property like flowers face charges of willful destruction of property, the women's weekly says.
The trouble is, offenders face maximum penalties of just three years' jail or a fine of 1 million yen.
What's worse is that even with only these trifling penalties applicable, the reality is even worse.
The vast majority of those arrested for willful destruction of property are let off without being charged and handed fines of several hundred thousand yen at most, the weekly says.
花などの公共物を損壊しながら歩き回っているものたちには器物損壊の罪による告発が待ち受けている、と女性セブンはいう。
問題は、違反者には最大でわずか3年または100万円の罰金という罰則が待ち受けていることだ。
もっと悪いことに、たとえこれらの些細な罰則が適用されても、現実はさらに悪いということだ。
故意に器物を損壊したとして逮捕された人の大部分は、訴追されず、せいぜい数十万円の罰金を手渡すだけなのだ、とこの週刊誌は言う。
8
Social commentator Tetsuro Murofushi argues that authorities should throw the book at blossom beaters.
社会評論家の室伏哲郎は、当局は花を打ち据える人たちを厳しく処罰すべきだ、と主張する。
9
"By imposing tougher penalties," Murofushi tells Josei Seven, "we'd be sending a message that this is a heinous act that won't be permitted under any circumstances." (By Ryann Connell)
「より厳しい罰則を導入することで」と室伏は女性セブンに語る、「これはいかなる状況においても容認できない凶悪行為であるというメッセージを、私たちは発することができるでしょう」(ライアン・コネル記)

参考資料

大谷昭宏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%98%AD%E5%AE%8F
室伏哲郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E4%BC%8F%E5%93%B2%E9%83%8E

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080509b
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-05-10
英語サイト
http://www.japanaddicted.com/index.php?name=News&file=article&sid=4793


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。