SM cartoonist acts out all-too-real flaky fantasies on female assistant

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




SM cartoonist acts out all-too-real flaky fantasies on female assistant

SMマンガ家、女性アシスタントを相手に、迫真のひどくイカれた妄想を実演する

SM cartoonist acts out all-too-real flaky fantasies on female assistant 2005,4,23
Shukan Gendai 4/30
SMマンガ家、女性アシスタントを相手に、迫真のひどくイカれた妄想を実演する 2005,4,23
週刊現代 4/30
1
"The man in the mask, who had stripped me completely naked, handed me a safety razor and shaving cream and ordered me to shave myself down there. While I complied without protest, he began filming me from different angles with his video camera."
If you think that's flaky, you ain't seen nothing yet.
On April 7, the Tokyo Metropolitan Police arrested Hideka Tada, age 38, who, writing for Dojinsha Co. under the pen name "Hideki Nonomura" has been acclaimed for his famous SM cartoons in which adolescent females with enormous breasts undergo acts of humiliation similar to the one above.
Tada, it seems, wasn't content merely to imagine such activities, but wanted to experience the real thing before turning to his sketchpad.
「マスクをつけた男が、私の服を取って全裸にし、安全カミソリとシェービングクリームを私に手渡し、自分でアソコを剃るよう、私に命令しました。私が抗議せずに命令に従っている間、彼はビデオカメラでいろいろな角度から私を撮影し始めました」
もしこれがイカれていると思うなら、あなたはまだ何もわかっちゃいない。
4月7日に、警視庁はタダ・ヒデカ(38歳)を逮捕した。「野々村秀樹」というペンネームで(株)ドウジンシャに執筆している彼は、彼の有名なSMマンガのために高く評価されていた。そのマンガには、巨乳の若い女性が登場して、上述の女性と似た恥辱行為を経験するのだ。
どうやら、タダは、このような行為をただ想像するだけでは満足できずに、スケッチブックに向かう前に本物を体験したいと思ったらしい。
2
"Nonomura's works were extremely popular," a magazine editor tells Shukan Gendai (4/30).
"Bookstores would set up exclusive corners just to display his books. He was regarded by many as the 'Emperor' of this type of cartoon business and rumor had it he raked in 100 million yen a year via consignment sales to the media."
「野々村の作品は非常に人気がありました」と雑誌編集者は週刊現代(4/30)に語る。
「彼の本を展示するためだけに、書店は特設コーナーを設けたものでした。多くの人が、彼をこの手のマンガ産業の『帝王』とみなしていて、彼がドウジンシャに委託販売することによって一年当たり10億円も荒稼ぎしているという噂がありました」
3
Miss A, whose testimony appears above, stands a petite 155 centimeters in height and is described as a "beauty."
She had worked as an assistant in Nonomura's studio from about 18 months ago.
Aさんは―――冒頭で引用されたのは彼女の証言である――身長がたったの155センチメートルで「美人」であると記述されている。
彼女は約18ヶ月前から、野々村のスタジオでアシスタントとして働いてきた。
4
"It was the night of August 22," she recalls.
"I got to my apartment around 11:30 PM, and on my way into my room, I heard this man's voice."
「あれは8月22日の夜のことでした」と彼女は思い出す。
「私は午後11時30分ころに自分のアパートメントにつき、部屋に入るまでの途中で、その男の声を聞きました」
5
As she trembled with fear, the man stuck duct tape over her mouth and covered her eyes with a mask.
He then slapped a pair of handcuffs on her wrists and bound her knees and ankles with ropes.
She then overheard him making a telephone call, in which he said, "I've got the woman secured The position of moles on her body match what you told me."
He also said, "You've got her parents' house surrounded? Good."
彼女が恐怖で震えていると、その男はダクトテープを彼女の口にはりつけて覆い、マスクで彼女の目を隠した。
そしてかれはカシャリと手錠を彼女の両手首にはめ、ロープで彼女の膝と踵を縛った。
そして彼女は男が電話をかけるのを漏れ聞いた。電話で彼は「おれはあの女を動けなくした。彼女の体のほくろの位置はお前が俺に語ったものと合致している」
また彼はこういった。「おまえは彼女の両親の家を取り囲んだな? よし」
6
When the mask was removed from Miss A's eyes, she saw her room had been set up with studio lights and before her stood a man in a mask, who ordered her to strip and shave her mons veneris.
Aさんの目からマスクが取り外されると、彼女は自分の部屋にスタジオライトが設置されていたのを見、彼女の前にはマスクをした男が立っていて、彼は彼女に服を脱いで彼女のビーナスの丘を剃るよう命令した。
7
With the camera lens on her face, she was ordered to speak about her previous experiences with men.
カメラのレンズを顔に向けられたまま、彼女は自身の過去の男性経験について話すよう命令された。
8
"After that, he demanded that I fondle myself, and then suck his thing..., and then he demanded I have sex with him. I didn't do everything he wanted though."
「そのあと、彼は私に自分自身を愛撫して、彼のモノをフェラするよう要求し……そして彼は私に彼とセックスするよう要求しました。でも私は彼が欲すること全てはしませんでした」
9
After the man finished he told her menacingly, "I'll let you live. As long as you don't mention this to anyone and keep things up the way they've been going, I won't do a thing."
男は事を終えた後、脅すように彼女に語った。「おまえを生かしておいてやる。お前がこのことを誰にも言わず、今までどおりにしている限り、おれは何もしない」
10
"My mind was a total blank," she insists.
"But I was terrified they might go after my family. The next morning I phoned the Sensei (Nonomura) to say I'd be late for work, and he told me his wife was out of town and that I could take a holiday."
「私の頭の中は真っ白になりました」と彼女は主張する。
「しかし彼らが私の家族を狙うかもしれないことが、私を怖がらせました。翌日の朝私は先生(野々村)に電話して仕事に遅れるというと、彼の妻が留守にしているので私は休暇をとっていい、と彼は私に言いました。
11
The man's threats to Miss A via telephone and in person continued at the rate of two to three times a week for the next seven months.
But one day she noticed that a December 2002 cartoon story entitled "Humiliation" told a tale that matched her own terrifying experiences to a "T."
Her suspicions hardened and in January of this year she confirmed that Nonomura was her tormentor when she went to bed with him and observed that the penises of the man in the mask and her employer were a perfect match.
電話による、あるいは本人が直接した、Aさんへの男の脅しは、それからの7ヶ月間にわたって週に2・3回の割合で続いた。
「辱め(Humiliation)」という表題の2002年12月のマンガに、彼女自身の恐るべき体験と合致する、「T」なる人物との物語が描かれていたことに、ある日彼女は気がついた。
彼女の疑惑は強いものとなり、今年の一月に野々村と一緒にベッドに行って、マスクの男と彼女の雇い主のペニスが完全に合致することに気がついたとき、彼女は野々村が彼女をなぶりものにした人物だと確信した。
12
At first A contemplated suicide, but decided to go to the police, who were waiting at the apartment when the masked man came calling.
最初Aは自殺を考えたが、警察に行くことに決め、マスクの男がアパートにやってきて呼びにきた時、警察は待ち受けていた。
13
Nonomura/Tada is said to be contrite over his crimes, but that is of scant consolation to Miss A.
野々村/タダは自分の犯罪を深く悔いているといわれているが、Aさんにとって、それはなんの慰めにもならない。
14
"Now every time I arrive home, I always feel this scary momentary sensation that somebody's lurking inside there," she weeps bitterly.
"I can't let him get away with this."
「今では家に着くときはいつも、家の中で誰かが待ち伏せているという、恐ろしい瞬間的な感覚をいつも感じます」と彼女は激しく泣く。
「私には彼をこの件で罪に問わないわけにはいきません」
15
While the models in Nonomura's cartoons frequently show ecstatic expressions while being tied up, whipped and otherwise humiliated, that kind of reaction, concludes Shukan Gendai, is no more than the product of warped fantasies of his own twisted personality.
April 23, 2005
野々村のマンガに出てくるキャラクターは縛り上げられ、鞭打たれ、あるいは違うやり方で辱められている間に恍惚とした表情を頻繁に浮かべるが、週刊現代は結論付けるのだが、そのような反応は、野々村自身のねじれた人格の生み出した歪んだ妄想の産物に過ぎない。
2005年4月23日

参考資料

野々村秀樹
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E3%80%85%E6%9D%91%E7%A7%80%E6%A8%B9

拡散状況

海外ブログ
部分転載:http://yeixquich.livejournal.com/6924.html
ponchorama
部分転載:http://ponchorama.com/2005/04/27/mdn-waiwai/
英語サイト
http://www.poe-news.com/stories.php?poeurlid=47466&rejected=T
部分転載:http://www.sexisfunny.com/archives/sm_bdsm/hideki_nonomura_jailed.php


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。