Train doors close on groper's gonads, sets perversion off on different track

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Train doors close on groper's gonads, sets perversion off on different track

列車のドアが痴漢の生殖腺を挟んで閉まり、性的倒錯を別の軌道に載せる

Train doors close on groper's gonads, sets perversion off on different track 2003,7,4
Gatsun! August     By Ryann Connell
列車のドアが痴漢の生殖腺を挟んで閉まり、性的倒錯を別の軌道に載せる 2003,7,4
ガツン! 8月      ライアン・コネル記
1
One Sendai pervert has found out that although one train door has closed on his career, another appears to have opened, according to Gatsun! (August).
仙台のある変態は、ある列車の扉が彼のお仕事のときに閉まったにもかかわらず、別の扉が開いたらしいことに気がついた。ガツン!(8月)より。
2
The train groper was going about his ordinary business on a Sendai subway line, making life hell for female commuters by fondling them or using his camera-equipped mobile phone to take shots up their skirts.
その列車内痴漢者は、仙台の地下鉄線で、彼がいつもやっていること--女性通勤者を撫で回したりカメラつき携帯電話を使ってスカートの中を盗撮したりすることで、彼女たちの人生を地獄にすること--をしようとしていた。
3
When a young woman spotted what he was doing and let out a mighty scream, the pervert tried to scamper through the automatically closing carriage doors only to be caught between them by what most men would undoubtedly agree is their most sensitive appendage.
ある若い女性が彼がしていたことに気がついて大きな叫び声をあげたとき、この変態は自動的にしまっている最中の客車のドアから飛び出そうとしたが、最も繊細な付属器官であることにほとんどの男性が間違いなく同意するだろう部分を、扉に挟まれてしまうこととなった。
4
Though he may have wanted to escape, there was little to help the pervert as he lay on the carriage floor clutching the family jewels he had managed to extricate from their predicament.
彼は逃走したかったのだろうが、彼は苦境から何とか救い出した『男のお宝』を抑えながら客車の床に伏せていたので、ほとんど逃げる役には立たなかった。
5
He soon fainted, however, and was rushed to a nearby hospital for emergency treatment meted out shortly before his arrest. He admits to his wrongdoing.
しかし、彼はすぐに気絶し、近くの病院に搬送され、逮捕される少し前に、緊急処置を施された。彼は自分の悪事を認めている。
6
"I was overcome by this enormously overwhelming stimulation while I was molesting the women," Gatsun! quotes the perverted predator as saying.
「その女性に痴漢行為を行っていた間、私は計り知れない圧倒的な刺激に圧倒されていました」と、ガツン!はこの変態のケダモノがいうところを引用する。
7
Investigators are amazed that the man has showed no remorse.
捜査官たちは、この男が反省の色を見せないことに驚かされている。
8
"All he has talked about was how good he felt," an officer tells Gatsun!
「彼が話したことはすべて、彼が如何に気持ちよく感じたかだけについてでした」と警察官はガツン!に語る。
9
Since being released on bail, the pervert has apparently developed an inordinate interest in subway carriage doors.
He spends most of his time squatting down on a platform somewhere, watching train doors open and close, a look of deep longing never leaving his face."
July 4, 2003
保釈されて以来、この変態はどうやら、地下鉄の客車のドアに、過度の興味を持つようになったようだ。
彼はほとんどの時間をどこかのプラットフォームでしゃがんで過ごし、電車のドアが開いては閉じるのを観察し、深い切望の気持ちをしめす表情が、彼の顔からは決して無くならなかった」
2003年6月4日

参考資料

ガツン!
  • KKベストセラーズから出版されていた雑誌。2004年度2月号で廃刊。
http://www.books-ruhe.co.jp/recommends/index/magazine/log/old_2004.htm

拡散状況

スペイン語サイト
部分転載:http://ponchorama.com/2004/12/30/especial-de-fin-de-ano/


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。