Evil teacher writes graffiti about pupil who spurned him

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Evil teacher writes graffiti about pupil who spurned him

邪悪な教師が、彼をすげなくふった生徒に関する落書きをする

Evil teacher writes graffiti about pupil who spurned him 2004,6,29
Shukan Shincho 6/24   By Ryann Connell
邪悪な教師が、彼をすげなくふった生徒に関する落書きをする 2004,6,29
週刊新潮 6/24     ライアン・コネル記
1
Home to shrines that Shinto legends make the holiest in Japan, Ise in Mie Prefecture has recently witnessed some grossly unholy acts committed by somebody in a profession Confucian influenced Japan once sanctified, according to Shukan Shincho (6/24).
神道の伝説によって日本でもっとも神聖とされる神社の大元、三重県の伊勢で最近、儒教(かつて日本に影響を与えて尊重された)の専門家が犯した大いに不道徳な行為が目撃された。週刊新潮(6/24)より。
2
Shockwaves first reverberated through Ise on April 23.
4月23日、まず伊勢に衝撃波が反響しながら駆け抜けた。
3
Written in thick, black marker on a guardrail on the road leading to the Ise Shrine was a shocking piece of graffiti that read: "I'm going to rape Kyoko Sonobe."
伊勢神宮に通じる道路沿いのガードレールに、太くて黒いマーカーで描かれていたのは、衝撃的な落書きで、こう読めた:「おれはソノベキョウコをレイプする」
4
Kyoko Sonobe is, of course, a false name, but the actual name written in the graffiti belonged to a real person.
もちろん、ソノベキョウコは仮名であるが、落書きに書かれていた実際の名前は実在の人物のものだった。
5
And she was a tiny young girl not even into her teens who had just graduated from elementary school less than one month earlier.
そして彼女は小さな幼い少女で、ティーン(サーティーンからナインティーン)にすらなっていなくて、ほんの一ヶ月もしない前に小学校を卒業したばかりだ。
6
Similar obscene graffiti targeting young Kyoko was found in numerous other places near her Ise home.
幼いキョウコを標的とした同様な卑猥な落書きが、伊勢の彼女の家の付近に数え切れないほど多くの場所で発見された。
7
"An identical scrawling was on the bonnet of the family car, which also had half its tires punctured," a friend of the Sonobe family tells Shukan Shincho.
"The same graffiti was found on vending machines, a bus stop and on the wall of the Sonobe home. It was written all over the place."
「同一の落書きが、彼女の一家の車のボンネットの上に書かれ、その車はタイヤの半分がパンクさせられていました」と、ソノベ一家の友人は週刊新潮に語る。
「同じ落書きが、自動販売機や、バス停や、ソノベ家の壁に、見つかりました。ありとあらゆるところに書かれていました」
8
Any target of such vitriol would naturally be terrified, but it was especially frightening for pre-teen Kyoko.
このような悪辣な言葉の標的となれば、当然誰でも恐怖を感じるが、ティーンにもならないキョウコにとってそれはとくに恐ろしいものだった
9
Her enraged father raced around town scrubbing out the scrawlings, then reported the incident to the police.
But the graffiti kept popping up.
激怒した彼女の父親は、町中を走り回って落書きをこすって消し、この件を警察に通報した。
しかし落書きは現れ続けた。
10
"After about 10 days, the message changed to read 'I raped Kyoko Sonobe,'" the family friend says.
"A few days later, the graffiti became even coarser, saying things like 'I came inside her' and 'she's already pregnant.' All the messages had her real name in them."
「10日後くらいになって、メッセージは変化して『おれはソノベキョウコをレイプした』と読めるようになりました」と、ソノベ一家の友人は言う。
「2・3日後、落書きはさらに粗暴なものとなり、『おれは彼女の中に入った』や『彼女はすでに妊娠した』といったことが書かれていました」
11
Kyoko's secret enemy had written messages that slurred her in about 50 prominent places, including near the junior high school she started attending in April. Some messages were wiped away only to return later.
キョウコの正体のわからない敵は、彼女が4月から入学する中学校の付近を含む、約50箇所の人目を引く場所で彼女を中傷した。いくつかのメッセージがぬぐい消されたが、後でまた現れるだけであった。
12
Then, suddenly, the cops looking into the case got a break.
On the night of May 22, they caught a middle-aged man walking around town with a huge, black marker identical to the one in which the graffiti had been written.
そして、突然、この事件を捜査していた警察は幸運をつかんだ。
5月22日の夜、落書きを書くのに使われていたものと同一の、大きな黒のマーカーを持って町を歩き回っていた中年男を、彼らは捕まえたのだ。
13
He was promptly arrested, but crimefighters were shocked to learn the man in their custody who had been writing the heinous graffiti was Shigefumi Murai, Kyoko's sixth-grade teacher until she completed elementary school in March.
男は即座に逮捕されたが、憎むべき落書きを書いていて拘束されたその男が、キョウコが3月に終業するまで彼女の6学年の教師の村井重文(ムライシゲフミ)であるとわかって、警察官は衝撃を受けた。
14
"Murai really adored Kyoko," one of the girl's classmates tells Shukan Shincho.
"All the stuffed toys he'd get from the UFO Catcher he'd give to her."
「村井は本当にキョウコを熱愛していました」と、少女のクラスメートの一人は週刊新潮に語る。
「彼がUFOキャッチャーで手に入れたすべてのぬいぐるみのおもちゃを、彼は彼女に渡していたものでした」
15
Murai continued showering Kyoko with presents even after she'd finished elementary school and left his class.
キョウコが小学校を修了して彼のクラスを去った後も、村井は彼女に贈り物をたくさん与え続けた。
16
"He sent Kyoko text messages lots of times, but she totally ignored them all," the school buddy says.
「彼はキョウコにEメールを何回も送りましたが、それらをすべて、彼女は完全に無視しました」と学校の友達は言う。
17
It seems the spurned advances sparked Murai's evil streak.
The 49-year-old teacher leaped over the bounds of mere stalking and a Lolita complex, as the Japanese refer to pedophilia, to become little more than a common criminal, the weekly says.
どうやら求愛が拒絶されたことで村井の邪悪な性質に火がついたらしい。
この49歳の教師は、ただのストーキングとロリータコンプレックス(日本人は小児性愛のことをこのように呼ぶ)の境界線を飛び越え、常習犯罪者と大差ないものになった。
18
Murai graduated from posh Mie University.
He went straight into teaching, where he remained for 27 unbroken years, a stint highly regarded in a Japan where Confucian values are still given great weight.
村井は高尚な三重大学を卒業した。
彼はすぐに教職に就き、27年間連続勤務した。儒教的価値観がいまだに大きな重みを持っている日本では、同じ職に就き続けていることは大いに高く評価される。
19
He went close to tying the knot at one stage, but negotiations for his arranged marriage broke down.
あるとき彼はもうすこしで結婚するところまで行ったが、彼のお見合い結婚の縁談は破談となった。
20
He remains unmarried and living with his parents.
"He was a really good boy, very serious and he didn't drink. I suppose his only real hobby is his computer," Murai's elderly mother tells Shukan Shincho.
"I don't know what drove him to do what he did. He says he's sorry, but, still..."
June 29, 2004
彼は未婚のままで両親と同居していた。
「彼は本当にいい息子で、大変まじめで、彼は酒を飲みませんでした。彼の本当の趣味はコンピューターだけだと、私は思っていました」と、村井の年老いた母親は週刊新潮に語る。
「何が彼を駆り立ててあんなことを彼にさせたのか、私にはわかりません。彼は悪かったといいますが、しかし、でも……」
2004年6月29日

参考資料

伊勢神宮
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE
村井重文
http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1533459.html
ロリータコンプレックス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9
儒教
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%92%E6%95%99

拡散状況

スペイン語サイト
部分転載:http://ponchorama.com/2004/12/30/especial-de-fin-de-ano/
英語サイト
部分転載:http://cafe.gomorning.com/index.php?showtopic=1683


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。