Cowardly cops look on as gangsters pummel student to death

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Cowardly cops look on as gangsters pummel student to death

臆病な警官たち、暴力団員が学生を殴り殺すのを傍観する

Cowardly cops look on as gangsters pummel student to death 2005,1,4
Yomiuri Weekly 1/9-16   By Ryann Connell
臆病な警官たち、暴力団員が学生を殴り殺すのを傍観する 2005,1,4
読売ウィークリー 1/9-16     ライアン・コネル記
1
Kuniaki Uranaka was a bookish postgraduate student with a sense of righteousness that enabled him to fearlessly take on even the toughest yakuza.
ウラナカクニアキは本好きの大学院生で、正義感を持っており、それによって彼は勇敢に、一番乱暴なヤクザとたたかった。
2
Unfortunately for Uranaka, even the finest vanguard of the Hyogo Prefectural Police couldn't collectively muster the same cojones as he had shown, according to Yomiuri Weekly (1/9-16), which the Kobe District Court confirmed last month when it ruled his death had been the result of law enforcers' mikoroshi, a delightful Japanese word meaning "to stand idly by while another dies."
ウラナカにとって不運なことに、兵庫県警の最良の精鋭ですら、ウラナカが見せたのと同じ肝っ玉を集団で奮い起こす事が出来なかった。読売ウィークリー(1/9-16)によると、神戸地裁は彼の死は法の執行者たちの『ミコロシ(原文のママ)』(『他者が死ぬ間、何もしないで立っている』ことを意味する、愉快な日本語の言葉)の結果であると裁定した。
3
Uranaka died on March 3, 2002, after he and a 34-year-old male friend became embroiled in a bitter brawl with a yakuza gang boss following a long running spat over a car parking space.
自動車を駐車させる場所に関するいさかいが長く続いたあとに、ウラナカと彼の34歳の男友達がヤクザ暴力団のボスとの激しい乱闘に巻き込まれたあと、ウラナカは2002年3月3日に死んだ。
4
Uranaka and his friend had initially held the upper hand until carloads of the yakuza's cronies arrived on the scene and started pummeling into them.
ウラナカと彼の友達が最初優位に立っていたのは、車数台分のヤクザの仲間が現場に到着して二人を殴り始めるまでだった。
5
Uranaka had repeatedly run from the brawl to seek help from officers in his local police box, only to find that they were all napping. When he returned to the scene of the fight, mobsters swarmed over him, beat him senseless and shoved him, unconscious, into one of their cars.
ウラナカは彼の地元の交番に警官たちからの助力を得ようとして乱闘から逃げたが、警官たちが全員うたた寝しているとわかっただけだった。彼が喧嘩の現場に戻った時、暴力団員は彼の上に群がり、彼を感覚がなくなるまで叩き、無意識の彼をヤクザの車のうちの一台の中に押し込んだ。
6
Alerted by local residents, a force of 18 police officers arrived on the scene.
Uranaka's friend saw the policemen as saviors, and jumped into what he assumed was the safety of a police patrol car.
Gangsters grabbed the patrol car door and tried to forcibly open it, while officers did nothing to stop them.
現地の住民によって通報されて、18人の警察官の部隊が現場に到着した。
ウラナカの友達は警官たちを救い主だと思い、彼が安全地帯だと見なしたところの警察のパトカーの中に飛び込んだ。
暴力団員はパトカーのドアを引っつかみ力任せに開けようとしたが、その間警官たちはヤクザを止めるためのことを何もしなかった。
7
One of the yakuza told the ranking police officer that the gangsters would later go to a police box and explain what had happened, then asked if, for the meantime, the law enforcers would mind leaving the scene.
Incredibly, police complied with the request, departing the scene with the battered Uranaka still being held in one of the gangster's vehicles.
ヤクザたちのうち一人は警察高官に、自分たちは後で交番に行って起こったことを説明すると語り、そして、とりあえず、法の執行者は現場を離れてもらえないかと頼んだ。
信じられないことに、警察はその要請に従って、さんざん殴られたウラナカがまだ暴力団員の車の一台の中に入れられたまま、現場から離れたのだ。
8
"It was bizarre," a man who witnessed the police withdrawal tells Weekly Yomiuri.
"The cops just stood there doing nothing while they were surrounded by a group of yakuza."
「あれは奇妙でした」と警察が撤収するのを目撃した男はウィークリー読売に語る。
「あの警官たちは、ヤクザの一団に囲まれたまま、その場につっ立っているだけで何もしなかったのです」
9
Uranaka's bloodied friend told the officers who drove off in the patrol car where he had sought sanctuary that he believed the 27-year-old postgrad student was still in the gangsters' hands.
None of the officers even asked the gangsters about Uranaka.
ウラナカの血まみれの友達は、自分が安全地帯だとみなしたパトカーの中に逃げてきた警官たちに、自分は27歳の大学院生はまだ暴力団員の手中にあると信じている、と語った。
警官の誰も暴力団員にウラナカについて聞きもしなかった。
10
Soon after the incident, Hyogo Prefectural Police admitted its handling of the case had been a shambles and offered Uranaka's bereaved relatives a formal apology.
Several gangsters involved in the case, including the gang boss who started the ball rolling, have been convicted, with jail terms handed out ranging from 10 to 20 years.
この事件の直後、兵庫県警はこの事件への対処はめちゃくちゃであったと認め、ウラナカの遺族に公式の謝罪をした。
数人の暴力団員が事件に関与していて、その中には事を荒立て始めた暴力団のボスもふくまれているのだが、彼らは10年から20年の禁固刑の有罪判決を受けた。
11
But police remorse over the case apparently lasted only until Uranaka's mother took them and the gangsters to the Kobe District Court in a civil case, accusing them of causing her son's wrongful death.
しかし警察の良心の呵責が続いたのはどうやら、ウラナカの母親が、彼らとヤクザたちを民事事件で神戸地裁に連れて行って彼女の息子の理不尽な死を起こしたとして告発するまでだったらしい。
12
"We thought it was merely a little fight," Yomiuri Weekly quotes a police lawyer saying during the case.
"We didn't notice Uranaka. We though he'd got away."
「私たちはあれはちょっとしたケンカにすぎないと思いました」と、読売ウィークリーは警察の弁護士が公判中にいったところを引用する。
「私たちはウラナカに気が付きませんでした。彼はすでに逃げたと私たちは思いました」
13
A recording of one of the impassioned pleas for help Uranaka had made in his visits to the police box convinced judges otherwise.
そうではあるものの、ウラナカが交番になんとか行ったときに救助を求めた切々とした訴えの録音の一つが、裁判官たちに真逆のことを確信させた。
14
"It was clear he faced the danger of being dragged away and beaten, with death easily a foreseeable outcome," the weekly quotes Presiding Judge Yasuyuki Muraoka saying as he awarded the case in favor of Uranaka's grieving, 61-year-old mother.
「彼が引きずりだされて殴られる危険に直面していた事は明らかで、死は予測できる結果であった」と、この週刊誌は裁判長のムラオカヤスユキが、ウラナカの深く嘆いている61歳の母親に賛成する裁定をこの事件にするときに言ったところを引用する。
15
Uranaka's mother, who spoke of a studious, kind boy with whom she had lived alone, was pleased with the outcome.
"I didn't want the case to be written off as simply a brawl between a bunch of drunks," she tells Yomiuri Weekly.
"If the police had done their job properly, my son would never have died."
January 4, 2005
勉強熱心で親切な息子のことを話し、彼と二人きりで暮らしていた、ウラナカの母親は、この判決に満足している。
「私はこの事件を、酔っぱらいたちの間のただの喧嘩のように、何事も無かったかのように片付けられたくありませんでした」と彼女は読売ウィークリーに語る。
「もし警察が適切に自分たちの仕事をしていれば、私の息子は決して死なずにすんだでしょう」
2005年1月4日

参考資料

神戸・大学院生リンチ殺人事件
http://yabusaka.moo.jp/insei.htm

拡散状況

SkyDrive
http://cid-88684d2bf683ba51.skydrive.live.com/self.aspx/mainichi/moto/2005/2005.01/Cowardly%20cops%20look%20on%20as%20gangsters%20pummel%20student%20to%20death.pdf
英語サイト
部分転載:http://brothersjuddblog.com/archives/2005/01/hello_kitty_via_ali.html
http://www.japanaddicted.com/index.php?name=News&file=article&sid=18


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。