Cambodians make a killing as Japanese gals play the field

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Cambodians make a killing as Japanese gals play the field"

「日本人女性のデートでボロ儲けのカンボジア人」

May 24, 2002

Lasses from the Land of the Rising Sun are apparently flocking to the calls of "Khmer, Baby."
But the big question is, Japanese girls go there to anchor what?
Some say it's merely to Cambode their time away.
But a hint to the real answer can probably be drawn from neighboring Thailand's capital, Bangkok.
日出る国の若い女性たちが、“愛しいクメール”からの誘いに殺到しているようだ。
ところが、日本人女性は何に錨をおろすために *1 、そこへ行くのかが大きな疑問である。
単に、オフの旅行先がカンボジアなだけだ、と言う人もいる。
しかし、真相へのヒントは、隣国タイランドの首都、バンコクにありそうなのだ。

Shukan Shincho (5/30) says that the number of Japanese women heading to Cambodia has skyrocketed in the five years since the end of the Southeast Asian nation's civil war.
週刊新潮(5/30)によれば、東南アジアの内戦終結以来の5年間で、カンボジアへ向かう日本人女性の数が爆発的に増えていると言う。

"We only issued 10,000 visitor visas in 1998, but that had grown to 20,000 the year after that and to 43,706 last year.
Visitors have grown fourfold in four years.
And 70 percent of the visitors are women," a source from the Japanese Embassy in Phnom Phen tells Shukan Shincho.
"Nearly all of them head for Siem Reap, which has all the relics, like Angkor Wat."
「ビザの発行件数は、1998年には10,000件だけでしたが、その翌年には20,000件、昨年は43,706件にまで伸びました。
4年で4倍です。
そして、そのうち70%が女性なのです。
ほとんどの人はシエムリアプへ行きますね。アンコールワットのような遺跡があるところです」

"Cambodian guys really go after Japanese girls aggressively," a Cambodian-based Japanese tour operator tells Shukan Shincho.
"All the bike taxi drivers near the Siem Reap port where the high speed ferry from Phnom Phen arrives sit around and exchange dirty Khmer jokes about Japanese pussy and all want to get Japanese women customers.
Unlike Western women, Japanese women don't express their feelings so strongly and if you really try hard to pick them up, they'll end up having sex with you.
And they'll give the guys a bit of money to play around with.
They're absolutely vital for these guys making only about 100 dollars a month."
「カンボジア人男性は、日本人女性を積極的に追い求めます」現地の日本のツアーオペレーターは週刊新潮にそう語る。
「プノンペン発の高速フェリーが着くシエムリアプ港の近くだと、バイク・タクシーの運転手はみんな日本の小娘について、下品なジョークを交わしてますよ。みんな日本人女性を客にしたいんです。
西洋の女生と違って、彼女らは感情を強く表に出さないから、強引にせまれば、最終的にはセックスできるってわけです。
そして、そのお礼にいくらかお金をくれるかもしれない。
彼らは月に100ドル程度しか稼げ無いから、このお金は本当に重要なんです。」

Japanese men have long been known for traipsing around for trollops throughout Southeast Asia, but the antics of their female counterparts show they give up little ground.
Some say they harvest the local talent so well, it's simply a matter of sitting around for a matter of moments before you see 'em reap.
日本人男性は、売春婦を求めて東アジア中をうろつきまわることは昔から知られている。しかし、その“女性版”のおかしな行動は、そういった日本人男性が、地位を若干明け渡したことを示している。
彼女たちは、現地の魅力的な人をとても首尾よく収穫してるという人もいる。“収穫”の前の重大事として、彼女たちは単にぶらぶらしてすごすだけなのだ。

"I can only think that many of the Japanese women coming on vacation to Cambodia are after sex.
The Cambodians are laughing on the other side of their faces at the stupid Japanese women paying men for sex.
The Japanese women don't realize they're being made fools of," a long-term Japanese resident of Cambodia tells Shukan Shincho.
"They're dragging Japan's name through the dirt."
「休暇でカンボジアに来る女性のほとんどがセックス目的としか考えられませんね。
カンボジア人は影では笑ってますよ、バカな日本人女性は金を払って男とやるって。
日本人女性は馬鹿にされてるのに気がつかないんです。
彼女らは日本の名を地に落としてます」
カンボジアに長く居住する日本人が、週刊新潮にそう語った。

Japanese women have long been known to haunt such resort areas as Thailand's Phuket and Bali in search of young bucks who'll buck for bucks.
日本人女性が、金を払えば“襲って”くれる若いオスを求めて、タイのプーケットやバリといったリゾート地をうろつくことは昔から知られている。

"Japanese women become friendly with bike taxi drivers they can hire daily for about five dollars, then soon start living with them in guest houses, or in the drivers' own homes," the long-termer says.
"I reckon there must be about 40 Japanese women who keep extending their visas so they can live in Siem Reap."
「日本人女性は、一日5ドルで雇えるバイク・タクシーのドライバーと仲良くなります。で、すぐに彼女らのゲストハウスで同居し始めるんですよ。
シエムリアプで生活できるように、ビザの延長をし続けている日本人女性が40人はいると思いますね。」と、先の長期居住者。

Yukari Yamamoto is one such woman.
ヤマモト・ユカリはそんな女性の一人だ。

"I used to be the boss of an Internet cafe in Kyoto," the 28-year-old who has been living in a guesthouse since May last year tells Shukan Shincho.
"It just happened that I fell for a Cambodian guy and ended up here.
I found work as a tour guide here.
I earn about 500 dollars a month.
I don't know how much longer I can last in the job, but the pace of life here is slow and it's a good living."
「私は京都のネットカフェの店長をしてたんだ」と昨年の5月からゲストハウスで生活している28歳の女性が「週刊新潮」に話した。
「たまたまカンボジア人の男に情が移っちゃって、結局ここに落ち着いたの。
ここではツアーガイドの仕事を見つけたわ。
月に500ドルぐらいの稼ぎね。
どのくらいその仕事を続けられるかは分からないけど、ここの生活はゆったりしてて、贅沢なものよ」

Osaka-native Miki Tanaka tells a similar tale.
大阪生まれのタナカ・ミキは同じような話をする。

"My boyfriend and I met in April last year.
He makes about 50 dollars a month and I have a restaurant job that pays 80 dollars a month.
We often fight about money, but Cambodians are pretty dopey, so it's usually not worth arguing," she says.
"As long as you don't try to live the same lifestyle you'd have in Japan, you can manage to get by.
But we struggle to get by financially, so I don't know how much longer my savings are going to last."
「ボーイフレンドと会ったのは去年の4月。
彼の稼ぎが月50ドルくらい、私は月80ドルでレストランの仕事をしてるわ。
お金のことで、よくけんかになるわね。でも、カンボジア人は結構抜けてるの、大抵はけんかするほどのことじゃない。
日本と同じような生活をしようと思わなければ、なんとかやっていける。
でも、経済的には苦労してるわ。だから、貯金がいつまで持つか分からないの」と、彼女。

Others, like Miki Sugiura, have found themselves in Cambodia for the long run after falling pregnant to their Cambodian lovers.
But still more Japanese women in the Southeast Asian kingdom have stayed under far stranger circumstances.
スギウラ・ミキのように、カンボジア人の恋人の子を身ごもってしまい、カンボジアに長期滞在するものもいる。
とはいえ、たいていの日本人女性は遥か遠くからのよそ者として、東南アジアの王国に滞在するだけだ。

"We had a Japanese woman raped here last month," the embassy source tells Shukan Shincho.
"It seems the girl flirted with a Cambodian guy who thought she was serious.
"The guy realized he'd gone too far, so shaved his head in penance and begged her forgiveness.
She not only forgave him, she was so impressed that she started dating him."
「先月強姦された日本人女性が居ましてね。
彼女がからかってカンボジア人男性を誘惑したら、男性は本気にしちゃったみたいなんです。
男性はやりすぎたって気づいて、頭を丸めて許しを乞いました。
それがとても印象的だったのか、彼女は許しただけじゃなく、彼と付き合い始めたんですよ」大使館筋は、週刊新潮にそう語った。

May 24, 2002

拡散状況



関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。