Insurance sales gals-cum hookers swallow more than pride


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Insurance sales gals-cum hookers swallow more than pride"

「プライド以上のものを受け入れる、売春婦と保険販売を兼任する女性たち」

(2001年4月8日)

Japan's once indomitable life insurance industry is crumbling, putting the insurance saleswomen who serve as its foot soldiers in a quandary.
But just as these women have developed the know-how to survive the rough and tumble world of selling insurance, they also seem to have adapted to the tougher times hitting the business, according to Shukan Gendai (4/14).
It seems, according to the men's weekly, growing numbers of insurance saleswomen are supplementing their commission-based wages by taking on side jobs in the sex business.
かつては揺るぎ無い存在だった日本の生命保険業界は崩壊しつつあり、業界の歩兵として仕えるセールスウーマンを苦境に陥れている。
しかし、彼女たちは過酷で混乱した保険セールスの世界を生き抜くためのノウハウを育んだと同時に、業界を直撃する、さらなる冬の時代にも順応してしまったようだ(「週刊現代」4/14)。
同男性誌によれば、性風俗の副業を行い、歩合制賃金の足しにする保険販売の女性が増えていると言う。

"Recently, we've had all these women who look like office workers turn up for interviews.
Ask 'em what they do for work and, sure enough, they'll tell you they're in the insurance business.
But they're good at looking after the customers, and we've taken plenty on," says the operator of a sex shop in the Ikebukuro district of Tokyo's Toshima-ku.
「最近、我々の面接に参加する女性たちは、みんなOL風です。
仕事は何かとたずねると、案の定、保険業の人間だって答えるんです。
彼女らは顧客の世話に長けてますから、たくさん雇いましたよ。」東京は豊島区、池袋の風俗店経営者はそう話す。

Eriko Kato, insurance seller by day, sex worker by night, tells Shukan Gendai why she started to moonlight near guys' moonies.
昼は保険販売、夜は風俗店勤務のカトウ・エリコは、浮かれた男性のそばでの夜の仕事を始めた理由を「週刊現代」に語った。

"I joined my company in 1999 and was stationed in central Tokyo.
We were assigned these incredibly hard sales targets to keep up with the influx of foreign competitors.
Then, last year, my boss called me over and told me the company was raising my target even further.
I was spending a fortune buying gifts to butter up customers, call them, or give them money to bide them out while they waited for a payout.
And all on my own cheap wage!
I was working my butt off and my wage was going down," the 25-year-old says, adding that it wasn't difficult for her to take on the escort service job that can pay her up to 1 million yen a month.
「私が入社したのは1999年、会社は東京都心にありました。
外資系の競合者の殺到に後れを取らないよう、どうしようもなく過酷な販売目標が割り当てられました。
去年、上司に呼ばれて、その目標をさらに上げるって言われたんです。
ご機嫌伺い用のギフトを買う、お得意先を訪ねる、払い戻し待ちの人がいたら、お金を渡して引きとめる、大変なお金がかかりました。
これ全部、自分の安月給でやるんですよ!
休むまもなく働いても、お給料は下がっていきました。」 *1
25歳の彼女はそう話す。そして、月に最高100万を稼げる“同伴サービス業”を引き受けるのは難しくなかったと付け加えた。

"I chose to become an escort because I couldn't bear the though of working in a sex shop.
I mean, you neverknow whether you're going to meet up with one of your customers.
With this job, I can drive my car over to a hotel, or a home, and do everything with some semblance of privacy."
「私は“同伴”業を選びました、風俗店で働くのは耐えられなかったので。
どこで(保険の)お客様の誰かとあってしまうか分からないので、っていう意味でです。
この仕事なら、ホテルへも、自宅へも、自分の車を運転して行けるし、プライベートを装って行動できます」

Kato adds that she's delighted to have a second income she can fall back on just in case things go wrong in the insurance industry.
カトウは、保険業界に何かあった時に、頼ることができる副収入ができてうれしいとも話している。

"We heard this rumor that the company was going to go bankrupt," she says.
"All of a sudden, all our customers started canceling their policies.
I had bundles of people quit on me, too.
Now, nearly all my income comes from the sex business."
「会社が破産するっていう噂があるんです。
突然、すべてのお客様が契約をキャンセルし始めました。
私のお得意様も大勢が辞めてしまって、
今では収入のほとんどが風俗業からのものです。」

Financial concerns were also paramount in the choice of Yuko Hamazaki in taking on her part-time job doing jobs at a sex outlet in Ikebukuro, Shukan Gendai says.
ハマザキ・ユウコの選択においても、お金の問題は一番の関心事であった。週刊現代によれば、彼女は池袋の風俗店でバイトをしているという。

"I graduated from a junior college, got work at a life insurance company, but had never been forced to go out and sell. >I was shifted to the sales department in November last year. Unlike the regular office work, I was on commission.
I didn't know the first thing about how to sell insurance.
My husband also has his wage cut, so things were getting really tight at home.
I decided to go into this line of work," the 30-year-old woman says, adding that her part-time job has given her more confidence to approach her real career with verve.
「短大を出て、生命保険会社に就職したんですが、外回りや販売をやらされたことは一度もありませんでした。
昨年の11月に販売部門に異動したら、普通のデスクワークと違って歩合制になったんです。
保険のセールスについては何も知りませんでした。
夫も賃金カットにあって、本当にきつい状態になったんです。
それで、この手の仕事を始める決断をしました。」と30歳の彼女は話す。そして、この副業は彼女の本業へのアプローチにも自信をもたらしたと付け加えた。

"I want to make a go of it.
Since starting work in the sex business, I've had a chance to talk to all these different customers, which has given me the ability to talk about a variety of topics.
That works well in my job as an insurance saleswoman. Even my sales have gone up."
「もっとうまくやりたかったんです。
性風俗で働き始めてから、そこでいろんなタイプのお客さんと話す機会ができました。いろんな話題について話す力がついたんです。
これは保険のセールスウーマンとしての仕事に生きています。売り上げが上がってすらいますから。」

記事の問題点

  • 日本の生命保険の外交員で性風俗店の副業をする人が増えている、と保険外交員のイメージを毀損する内容。

拡散状況

英語サイト
http://www.syberpunk.com/cgi-bin/index.pl?page=news5
Daze Reader
部分転載:http://www.dazereader.com/24001097.htm


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。