New adult videos deal a low blow to manhood

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




New adult videos deal a low blow to manhood

新しいアダルトビデオ、男どもにローブローの一撃を浴びせる

New adult videos deal a low blow to manhood 2002,9,2
Shukan Taishu 9/16
新しいアダルトビデオ、男どもにローブローの一撃を浴びせる 2002,9,2
週刊大衆 9/16
1
Whatever you may feel about highly paid professional male ball game players who act like prima donnas, it's almost impossible not to feel some sort of empathy for them if a speeding ball slams into their lower groin region.
プリマドンナのように振る舞う、高給取りのプロフェッショナル男性球技選手に対してあなたがどのように感じているとしても、もし迫り来るボールが彼らの股間部分に激突したなら、彼らに何らかの感情移入をしないということはほぼ不可能である。
2
Perhaps that compassion goes some way to explaining the enormous popularity of a new genre of adult videos in Japan today.
Shukan Taishu (9/16) notes that loads of punters are getting their kicks out of flicks where chicks do kicks -- right between the legs of naked men.
こんにちの日本における新ジャンルのアダルトビデオの途方もない人気を説明するのは、もしかするとそれと同じ同情かもしれない。
週刊大衆(9/16)の記述によれば、娘っ子にお宝を蹴られることから、快感を大衆が得ているそうだ。
3
Surprisingly, the main market for tamakeri (ball kicking) videos is apparently not among young women stressed out at living in a male-dominated society, but mostly young guys who get off on the idea of being punted in the privates.
おどろくべきことに、タマケリ(球蹴り)ビデオの主な市場はどうやら、男性優位社会に生きることでストレスのたまった若い女性たちの間ではなく、ほとんどは、人には見られたくないところを蹴られるという考えにゾクゾクする若い男たちである。
4
"People started taking an interest in these adult videos about a year ago. The popularity started off among freaks, and then spread toward a wider audience until now it's quietly going through a boom," adult video commentator Jiro Takada tells Shukan Taishu.
"At first, the videos were only made by small, independent makers, but now the major companies have got in on the act. There must be 100 titles in all. The contents are bound to appeal to masochistic men and there are some works that are entirely devoted to scenes of men being kicked between the legs.
「約一年前に、人々はこの手のアダルトビデオに興味を持ち始めました。もともと性的倒錯者の間からこの人気は始まって、それからより広い視聴者層へと拡がってゆき、今ではブームの収束を静かに迎えているところです」と、アダルトビデオコメンテーターのタカダジロウは週刊現代に語る。
「最初、これらのビデオは小さなインディーズ系のメーカーだけが作っていましたが、今では大手の会社も手がけるようになりました。全部で100タイトルあるでしょう。内容はマゾヒスト男性に受けるものとなっていて、足の付根の間を蹴られる男のシーンだけをひたすら写した作品もあります」
5
"Most of the videos finish with sex, though. They're nearly all made for sale, but about 20 percent are produced for the rental market. That's allowed them to develop something of a female following."
「とはいえこれらのビデオのほとんどはセックスシーンで終わります。それらはほとんどすべて販売用に制作されていますが、約20%はレンタル市場向けに制作されています。そのために女性ファンのようなものも生まれました」
6
Fans, like the university student we'll call Akira, can hardly wait for a tamakeri video to kickoff.
大学生のファン--アキラと呼ぶことにしよう--はタマケリビデオがリリースされるのが待ち遠しくてタマらない。
7
"I recently asked my girlfriend if she'd kick me, but she looked at me as though I was some sort of weirdo,' he says.
"All I can do is watch the videos. The more painful it looks, the more excited I get."
「最近、私のガールフレンドが私を蹴ってもいいかと私に訊ねましたが、彼女は変人を見るかのように私を見たのです」と彼は言う。
「私にできることはそれらのビデオをみることだけでした。痛そうに見えれば見えるほど、私は興奮しました」
8
A long-term worker in the adult video industry, Yuta as we'll call him, disputes the student's claims.
AV業界で長い間働いている男--ユタと呼ぶことにしよう--は、この大学生の主張に異議を唱える。
9
"He couldn't possibly feel like that. If you really get kicked there, it'd hurt like hell," he says.
"It's enjoyable because it's virtual reality. The point of the movies is that you can get a woman to do anything you want her to."
「彼がそんなふうに感じられるわけがないでしょう。もしあそこを本当に蹴られたら、地獄のような痛みです」と彼は言う。
「あれはバーチャルリアリティーだから楽しめるんです。ああいったビデオの要点は、自分がやってほしいことをなんでもやってくれる女性を手に入れられることです」
10
Writer Nobuhiro Hashimoto has a different reason to explain the pull of tamakeri videos.
執筆家・ハシモトノブヒロは、タマケリビデオの魅力の説明として別の考えを持っている。
11
"Why do movies that involve harming a man's penis sell so well in this country, which runs on an ideology of 'penisim?' It's because there's some sort of latent masochism in every man," he says to Shukan Taishu.
「『ペニシズム』というイデオロギーを主題とする、男性のペニスを痛めつけるシーンがあるビデオが、なぜ日本でこんなにたくさん売れているのでしょうか? それはすべての男には潜在的なマゾヒズムのようなものがあるからです」と彼は週刊大衆に言う。
12
Tarzan Yagi, a former porno actor who turned to making adult movies when he went soft four years ago, has been one of the driving forces behind the production of ball kicking videos.
元ポルノ男優で4年前にやめてからアダルトビデオを作る側に回ったターザン八木は、タマケリビデオのプロダクションの影の立役者の一人である。
13
"You can't use professional actors, because you're making films about men being kicked in their most vital organ. If you did use them, they'd soon be put out of work. So we advertised in S&M magazines and over the Internet to find guys to appear in tamakeri videos. We had over 200 applicants. There weren't any particular standards regarding who was hired. I suppose the only requirement was an ability to stand erect after being kicked in the balls," Yagi tells Shukan Taishu, with a laugh.
「プロの男優を使うことはできません、なぜなら最も精力のある器官をキックされている男たちのビデオを作っているわけですから。プロの男優を起用したなら、彼らはすぐに仕事で使い物にならなくなります。なので私たちはSM雑誌やインターネットをつかってタマケリビデオに出演したい男たちを見つけるために広告をうちます。希望者は200人を超えました。誰を選ぶかについて別に基準なんてありませんでした。必要条件がひとつあるとしたら、タマを蹴られたあとも勃起し続ける能力ですかね」と、笑いながら八木は週刊大衆に語る。
14
"Having a fetish for being hoofed where it hurts isn't really something you can tell somebody else about. So, when we gathered all these guys with the same fetish together in the same place, they soon became friends. And the most respected of all the guys were those who could remain aroused no matter how many times they were kicked.
「痛くなるところを踏み潰されたいというフェティッシュをもっているということは、とてもじゃないが人に話せることではなりません。なので、同じ場所に同じフェティッシュをもつこれらの男たちを集めた時、彼らはすぐに友だちになりました。そしてこれらの男たちのうちでもっとも尊敬される者は、たとえ何回も蹴られようとも勃起したままでい続けられる者でした。
15
"Basically, guys who enjoy being kicked are what I call egotistical masochists. Despite being masochistic, they make the demands about where they want to be hurt. To give you an example, we had one guy who asked that he be blindfolded while the girl was kicking him so it would intensify the pain. These guys'll have blood pouring over their member, and their gonads will be drooping sadly like a worm, but they love every second of it.
「基本的に、蹴られて喜ぶ男たちは、私が呼ぶところの、自己中心的マゾヒストです。マゾヒスト的であるにもかかわらず、彼らは自分のどこを痛めつけて欲しいか要求します。例を挙げましょう、女優がける間に痛みに集中するために目隠しして欲しいと頼む男がひとりいました。これらの男たちはペニスを血まみれにして、生殖腺を虫のように惨めに垂れ下げてしまうでしょうが、彼らはそれを一秒一秒楽しんでやまないのです」
16
"People who buy the movies are the types whose imaginations are stimulated by this idea."
「これらのビデオを買う人々は、自分のイマジネーションがタマケリという考えによって刺激されるタイプです」
17
Yagi notes that the movies are just as appealing for the girls who star in them.
八木は、これらのビデオは主演女優となる少女にとってもまさに魅力がある、と述べる。
18
"Most of the girls are actresses registered with employment agencies. Few of them get regular work. We know we'll get them at their angry best, because aside from the fact that they're hardly ever employed, they're furious to learn that they've got to work in a tamakeri video once the agency has finally found a job for them," he says.
"All that power that you see coming out of the girls in the video is a result of them relieving the stress and anxiety that has built up within them on a day-to-day basis."
「少女たちの殆どは、人材派遣会社に登録している女優です。定職についている者はほとんどいません。もちろん私達は、最も怒っている状態の彼女たちを迎えることになります。彼女たちはまず滅多に雇用されないという事実を別にしても、派遣会社が彼女たちに仕事をやっと見つけたと思ったら、自分がタマケリビデオに出演するはめになったとわかって激怒するのです。
「あなたが見ることになる、ビデオにおいて少女たちが発揮するパワーの全ては、彼女たちの中で一日一日と積み重なっていったストレスと不安を開放している結果なのです」
19
Having basically conquered Japan, Yagi is far from knackered.
日本中を席巻したというのに、八木はまったく倦むことをしらない。
20
"I've got this plan to take 100 men and women to a deserted island to make this huge tamakeri video," Yagi tells Shukan Taishu.
"I don't want tamakeri to be popular just in Japan. I want them to be a hit throughout the world."
September 2, 2002
「100人の男女を無人島に連れて行って大規模なタマケリビデオを作るという計画を、私は立てています」と八木は週刊大衆に語る。
「私は、タマケリ人気を日本の中だけで終わらせたくはありません。私はこれを世界中でヒットさせたいのです」
2002年9月2日

参考資料

ターザン八木
http://www005.upp.so-net.ne.jp/tanokin/tline.htm

記事の影響


拡散状況

Daze Reader
http://www.dazereader.com/000470.htm
http://www.dazereader.com/week_2002_09_08.htm
ヘブライ語サイト
http://www.peep.co.il/comunity/viewtopic.php?t=40204 *1
英語サイト
http://forum.adultdvdtalk.com/forum/topic.dlt/topic_id=13786/forum_id=7/cat_id=3/13786.htm *2
http://www.advrider.com/forums/showthread.php?t=8169&page=2 *3
部分転載:http://www.foogie.com/showthread.php?t=268
http://www.forteantimes.com/phpBB2/viewtopic.php?p=110514#110514
部分転載:http://www.raincoatreviews.com/forums/showpost.php?p=7073


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。