Mom strangles last life out of 'problem child'

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Mom strangles last life out of 'problem child'

ママ、『問題児』の命の最期を絞りとる

Mom strangles last life out of 'problem child' 2002,8,2
Shukan Shincho 8/8    By Ryann Connell
ママ、『問題児』の命の最期を絞りとる 2002,8,2
週刊新潮8/8       ライアン・コネル記
1
Sunako Ishikawa woke, startled.
She tried to move her legs but couldn't because of the tight cords binding them.
Her mother sat nearby, staring at her.
イシカワスナコは目覚め、驚いた。
彼女は足を動かそうとしたが、きついコードが両足を縛っていたため、動かせなかった。
彼女の近くに母親が座っており、彼女を見つめていた。
2
Sunako maneuvered herself onto her side.
Then, screaming like a harpy, she used her arms to launch herself into an attack on her mother.
スナコはなんとか自分の体を横向きにした。
そして、妖鳥ハーピーのように叫びながら、母親を攻撃するために両腕を使った。
3
Using her superior strength, Sunako soon had her mother pinned down on the ground by her shoulders.
彼女の力のほうが強かったので、スナコはすぐに、母親の両肩を床に押さえつけた。
4
But this time, Keiko Ishikawa was not going to give in.
She clamped both hands around her 14-year-old daughter's throat and squeezed until she could feel her windpipe crushing under the pressure.
しかしこの時、イシカワケイコは屈服したわけではなかった。
彼女は自分の14歳の娘の喉のまわりを両手で握りしめ、圧力でスナコの気管が潰れるのを感じるまで締め続けた。
5
Pumped full of adrenaline, Keiko Ishikawa didn't even relent on her hold though Sunako started to turn blue in the face.
And she held on even as Sunako's attempts to break through her grasp proved futile.
By the time she had recovered her senses, the youngest of her four daughters had breathed her last.
Peace returned at last to the Ishikawa household on that July 11 morning.
たっぷり放出されたアドレナリンのため、イシカワケイコは、スナコの顔色が青く変わりだしたにもかかわらず、腕の力を弱めようとすらしなかった。
そして母親は、締め付ける腕をスナコが離そうとする試みが失敗したにもかかわらず、締めつけ続けた。
彼女が正気を取り戻すまでには、彼女の四人の娘のうちの最年少であるスナコは最期の息を終えていた。
6月11日の朝、イシカワ家にとうとう安らぎが戻ったのである。
6
"After killing her, Ishikawa shoved Sunako's body in an old fridge the family kept in an unused closet and kept it there for two weeks. Her other two daughters had no idea the corpse was there. They only noticed a vile odor in the house and didn't even connect it with Sunako's sudden disappearance. Ishikawa's husband visited her the day before her arrest (July 25) and she finally admitted to killing their child," a police source tells Shukan Shincho (8/8).
「娘を殺した後、使われていないクローゼットに一家が置いていた古い冷蔵庫の中に、イシカワはスナコの死体を押しこみ、その中に二週間入れたままにしました。ケイコの他の二人の娘は、遺体がそこにあることなどちっとも知りませんでした。彼女たちが気がついたのはとても酷い臭だけで、それをスナコの突然の行方不明と結びつけて考えすらしませんでした。イシカワの夫がケイコが逮捕された日(7月25日)の前日にケイコのもとに訪れ、そして彼女はとうとう自分たちの子供を殺したことを認めました」と、ある警察の情報筋は週刊新潮(8/8)に語る。
7
Even the fateful binding of Sunako's legs that led to the fight in which she lost her life could be traced back to the beating she had unleashed on her mother after returning from yet another night on the town.
Relatives say Sunako had been heading for danger.
スナコが命を落とすこととなったケンカを引き起こした、スナコの両足の破滅的な拘束は、街で浮かれ楽しんで帰ってきた夜が何度もあってから、母親が打擲し始めたことにまで遡れるであろう。
スナコは危険へとまっしぐらだった、親戚たちは言う。
8
"From about the end of last year, it became the norm for Sunako to be away from home. Her two older sisters are out working, so they'd leave mornings and return nights. But Sunako was leaving nights, hanging around on the streets and then crawling back home into her bed in the mornings," the relative says.
「昨年末くらいから、家から遠ざかることがスナコの日常となっていました。スナコの二人の姉は働いて家の外にいたので、朝に出発して夜に帰ってきていました。しかしスナコは夜に出発して、街をぶらついて、朝になったら家に帰ってきてベッドの中に潜り込んでいました」と親戚の一人は言う。
9
Sunako had originally attended a junior high school in Nerima-ku, but when kids started bullying her she moved in with her father and grandmother and began going to a school in Asuka, Saitama Prefecture.
スナコはもともと練馬区の中学校に在籍していたが、子供たちがスナコをいじめはじめたので、父と祖母と一緒に、埼玉県アスカの学校へと通い始めた。
10
"On her first day at school, her mother told us that she wanted Sunako to have a change of environment. Sunako was unstable. She was the type of child who paid an inordinate amount of attention to what others said about her. She'd suddenly turn to friends and say, 'God, I'm ugly aren't I?' When her homeroom teacher interviewed her, she came out and said that she hated the world. She only came to our school for 20 days altogether and we never saw her again after the start of November," the head teacher from the Asuka junior high school tells Shukan Shincho.
「転校初日、彼女の母親は私達に、自分はスナコの環境を変化させたい、と言いました。スナコは不安定でした。彼女は他の人から自分について言われたことに途方もないほど気にしてしまうタイプの子供でした。彼女は突然友達に振り向いて『まあ、私って醜いわ、そうよね?』とよく言ったものです。彼女のホームルームの先生と2人で話した時、彼女はやってきて自分は世の中が嫌いだといいました。彼女は全部で20日学校に来ただけで、11月の始め以来、私達は二度と彼女を見かけませんでした」と、アスカ中学校の校長は週刊新潮に語る。
11
After dropping out of school, Sunako spent her time flitting between her mom's home in Tokyo and her dad's place in Saitama Prefecture.
不登校になってから、スナコは自分の時間を母の家と埼玉県の父の家との間を行ったり来たりした。
12
"Sunako started to get violent toward her mother at around this time," a police officer tells Shukan Shincho.
"She told a classmate that she hated having been forced to change schools. At the same time, she became flashier, started wearing make-up and hanging out on the streets."
「スナコはそのころから母親に対して暴力的に成り始めました」とある警察官は週刊新潮に語る。
「無理やり転向させられるのは嫌だった、と彼女はクラスメートに語りました。それと同時に、彼女の服装はけばけばしくなり、化粧をして街をうろつき始めました」
13
Her parents had apparently given up on her.
彼女の両親はどうやら彼女のことを諦めていたようだ。
14
"Even after Sunako dropped out, we continued to call her mother about twice a month, yet Mrs. Ishikawa never spoke to us about the child's violent behavior," the head teacher says.
"She didn't seem to want to talk about Sunako. Whenever we broached the subject, she'd just say 'she's all right.' On July 20, Sunako's homeroom teacher phoned and Mrs. Ishikawa seemed really down. We had no idea that at that time Sunako was already dead."
「スナコが不登校になったあと、私達はひと月あたり二階彼女の母親に電話をかけ続けましたが、イシカワ夫人はスナコの暴力行為について決して私達には言いませんでした」と校長は言う。
「イシカワ夫人はスナコについて話したくないようでした。私達がスナコについての話題を切り出したときはいつも、母親はただ『あの子は大丈夫』と言うだけでした。6月20日、スナコのホームルームの先生が電話をしましたが、イシカワ夫人は本当に落ち込んでいたようでした。その時すでにスナコは死んでいたなんて、私達にはまったく思いつきもしないことでした」
15
Even Sunako's father had no idea what his child was doing to his estranged wife.
スナコの父親ですら、自分の子供が疎遠になった妻に対して何をしていたのか、思いもよらなかった。
16
"He's a salesman who's always incredibly busy, so he'd leave Sunako at home for his mother to look after," a family relative tells Shukan Shincho.
"Sunako's mom is quiet and doesn't speak to others much about herself. She keeps all her worries inside herself."
「彼はいつも信じられないくらい忙しいセールスマンで、スナコが家で何をするのか注意するのは自分の母親に任せていました」と、家族の親戚は週刊新潮に語る。
「スナコのママはもの静かで、他の人に自分のことを打ち明けたりしない人でした。彼女はいつも心配事を自分の中に抱え込むのです」

参考資料

練馬・母親の中3娘殺害事件
http://yabusaka.moo.jp/kabou.htm

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20020802
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2002/08/


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。