Copulating couples target of 'Roachman' doomsday attack


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Copulating couples target of 'Roachman' doomsday attack

「ゴキブリ男」の天罰、性交するカップルがターゲット

Copulating couples target of 'Roachman' doomsday attack 2002,8,3
Donto September   By Ryann Connell
「ゴキブリ男」の天罰、性交するカップルがターゲット 2002,8,3
Don't! 7月号     ライアン・コネル記
1
A vile smell wafts out of the front door of the home belonging to the man we'll call Taro Nakano.
He walks around in a trademark tank top, and the scowl on his face never leaves.
ひどい臭が、男---我々は彼をナカノタロウと呼ぶことにする---の家の正面ドアからただよう。
彼はトレードマークのタンクトップを着て歩きまわり、彼の顔のしかめっ面は消えることがない。
2
"You've come about the roaches, right?" he asks the hacks from Donto (September).
"It's terrorism it is. Terrorism. It's a jihad."
「ゴキブリの件で来たんですね?」と彼はDon't!(7月号)の売文業者に尋ねる。
「これこそがテロなんです。テロ。これは聖戦なんです」
3
Tragically, events over the past year have brought the specter of terrorism much closer to most of us than we ever dreamed could be possible.
Yet, Nakano, a middle-aged man living in a rural part of Ibaraki Prefecture is openly planning to unleash a terror attack on unsuspecting victims - using cockroaches as his weapon of destruction.
悲劇的なことに、去年起こった幾つかの出来事によって、テロの予感は前までは夢にも思わなかったほど私達の殆どにとって身近なものとなった。
しかし、茨城県の田舎に住んでいる中年男・ナカノはおおっぴらに、無警戒の被害者に対してテロ攻撃を行おうとしている――彼の破壊兵器としてゴキブリを使って。
4
"In our world nowadays, every honest person is treated like an idiot. The only people who get ahead are the ones who're prepared to get dirty. Women are the same. They're all stupid. Money, money, money. That's all they think about. They have no problems stabbing anybody in the back. I'm going to destroy this world. I'm going to terrorize everybody in the world by unleashing my cockroaches," Nakano tells Donto.
「こんにちの我々の世界では、正直者は全員まぬけ扱いされます。成功するのは汚いことをできるやつらだけです。女だって同じです。あいつらは全員バカです。金、金、金。あいつらが考えているのはこのことだけです。連中は人を背後から刺すことだって兵器です。私はこの世界を破壊します。私は世界中の人々を恐怖に陥れます――私のゴキブリを解き放つことで」とナカノはDon't!に語る。
5
Nakano obviously has his gripes with the world.
But he has reason to, according to the men's monthly.
Once a self-employed salesman for elementary schoolkids' stationary, Nakano was put out of business a decade ago by parents who complained to the police that his wares were fraudulently shoddy.
He finally picked up a part-time job working as a pastry chef's assistant before complaints from female customers about his disheveled appearance saw him sacked.
Nakano thought things had taken a turn for the worse when he fell in love at first sight with a woman working at his favorite massage parlor, but little did he know that she was to bring about his downfall.
ナカノはあきらかに世界について不満を抱いている。
しかし、男性月刊誌Don't!によれば、彼にはそう思う理由があるのだ。
かつて小学校生徒の文房具の自営業のセールスマンだった時、ナカノは 警察に苦情を言った親たちによって、10年前に商売することから閉めだされた。
彼が胡散臭いほどボロボロの服を着ているといわれたのだ。彼はとうとう菓子職人の助手というアルバイトの仕事につけたが、それも、女性客が彼のみすぼらしい外見に文句をつけて、彼が辞めることになるまでだった。
ナカノがお気に入りの性感マッサージ点で働く女性に一目惚れしたのが、状況がより悪くなった時だ、とナカノは考える。最初は彼女によって彼が破滅に追いやられるとはちっとも思ってなかったのだ。
6
After using every yen he possessed so that he could visit the massage parlor worker, who we'll call Sachiko, for three consecutive days, he was suddenly hustled by one of the knocking shop heavies who bashed him up because Sachiko accused him of stalking her.
To make matters worse for Nakano, the monster strong-armed him into paying 500,000 yen in cash to cover Sachiko's costs to get rid of him.
そのマッサージ嬢――彼女をサチコと呼ぶことにする――に三日間連続で会うために所持金すべてを使った後、売春宿の用心棒が突然乱暴にやってきて、彼をひどく叩きのめした。サチコがストーキングされたとして彼を非難したからだ。
ナカノにとって事態をもっと悪くしたのは、その悪漢が、サチコが彼を追い返すコストを弁償するために、現金50万円を払うよう無理強いしたことだ。
7
Feeling rejected by the world, Nakano took on a job assembling electrical components and spent all his spare time and money cultivating cockroaches, which he sees as the ultimate weapon of terror.
この世界から拒絶されたと感じて、ナカノは電気部品を集める仕事に就き、仕事以外の時間と金のすべてをつかってゴキブリを育成するために使った。ゴキブリこそは、彼が究極のテロ兵器とみなしていたものだ。
8
"Cockroaches eat human eyelashes. I couldn't think of anything more satisfying than to have somebody wake up and discover a cockroach has eaten away their eyelashes," he tells Donto.
"And women hate cockroaches. I'll ruin their mental state by unleashing hundreds of thousands of cockroaches onto the streets. And I'm breeding big American cockroaches, which put Japanese versions to shame."
「ゴキブリは人間のまつ毛を食べます。目を覚ましたらゴキブリにまつ毛をすっかり食べられてしまった事を人に気づかせることより、私を満足させられることなんて無いと思います」と彼はDon't!に語る。
「そして女性はゴキブリが大嫌いです。街中に数十万匹のゴキブリを放つことで、私はあいつらの精神状態を崩壊させてやります。さらに私は大きなアメリカゴキブリを繁殖中です。これに比べたら日本のゴキブリなんか恥じ入るほどです」
9
Donto learns that Nakano has a number of theories for unleashing a roach raid on Japan.
Simply unleashing massive numbers of the bugs on the streets will set off mass panic, bringing with it considerable numbers of shocked coronary victims and disrupting drivers, who subsequently cause fatal road accidents.
ナカノは日本にゴキブリを解放して強襲させるための計画をいくつも持っていることを、Don't!は知ることになる。
単純に大量のゴキブリを街に放つだけでも、集団パニックを引き起こし、それによってショックを受けて心臓発作を起こす被害者を相当数だし、運転中の人の気をそらせ、その結果致死的な自動車事故を起こす。
10
Nakano wants to surreptitiously let loose hundreds of thousands of cockroaches into family homes to target copulating couples.
Interrupting them during sex by dropping the bugs from ceilings onto the couple will, according to the cockroach breeder, further reduce Japanese' childbirth rate, create greater strain on Japan's already rapidly aging society and finally obliterate Japan's economy by wiping out its workforce.
ナカノは、こっそりと数十万匹のゴキブリを民家の中に放して性交しているカップルを狙わせたい、と思っている。
天井からカップルの上にゴキブリを落としてセックスしているところを邪魔することで、ゴキブリ育成家ナカノによれば、日本の出生率は更に減り、日本のすでに急速に高齢化している社会にさらなる重圧を作り出し、そして遂には日本の労働人口を消し去ることによって日本経済を完全に破壊させる。
11
Nakano apparently spends most calculating how many more cockroaches he needs to launch his plans and dreaming up new ways to employ his radical roaches.
ナカノはどうやら、彼の計画を実行するために必要とするゴキブリはあと何匹かを計算したり、彼の過激なゴキブリを使用する新しい方法を頭に描いたりすることに、時間の殆どをつかっているらしい。
12
"You watch. I'll show you," he tells Donto. "I'll definitely show you."
「注意してなさい。私はあなたに見せてやります」と彼はDon't!にいう。「私は絶対にあなたにみせてやります」

拡散状況

Blogger:その他
部分転載:http://douzelunes.blogspot.com/2002_08_01_douzelunes_archive.html
Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20020803


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。