男が身を売る「逆援助交際」流行の兆し


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Young guys put their own price on going out for a date

若い男たちはデートにいくにあたって自分自身の値段をつける

男が身を売る「逆援助交際」流行の兆し

*1
0
男が身を売る「逆援助交際」流行の兆し 1999,04,04
Young guys put their own price on going out for a date
Shukan Shincho 4/1  By Ryann Connell
若い男たちはデートにいくにあたって自分自身の値段をつける
週刊新潮4/1       ライアン・コネル記
1
“[Telephone dating services] used to be filled with messages from young women looking to sell their bodies for cash. But recently, even guys have started to get in on the act,”says a 32-year-old salaryman.
「『伝言ダイアル』はかつて、現金のために自分の体を売ろうとする若い女性からの伝言であふれていました。しかし最近は、男たちも同様のことをし始めたのです」と、32歳のサラリーマンは言う
2
“Matchmaking parties are really popular now because they offer women a chance to meet younger men,”a 29-year-old female office worker notes.
「出会いパーティーは今本当に人気があります。女性に自分より若い男性と会うチャンスを提供するからです」と、29歳の女性事務員は指摘する。
3
Shukan shincho says that throughout the nation there's a rousing cry from many young men saying,“But me.”The prestigious weekly notes that women in their 20s and 30s are paying younger guys sex in a quietly spreading phenomena it calls “reverse enjo kosai”(a euphemism for prostitution that literally means“compensated dating”).
この国の至る所で、多くの若い男達の「おれを買ってくれ」という熱狂的な叫び声が上がっている、と週刊新潮はいう。この一流週刊誌によると、20代と30代の女性の間で『逆エンジョコウサイ(文字通りには『援助交際』を意味する、売春の婉曲表現)』と呼ばれる現象が静かに拡がっていて、自分より若い男とのセックスのために金を払っているそうだ。
4
“The situation's not like where women give presents to a host, or a gigo-lo-type. It's older women looking after everyday, younger guys. From dates, to hotels - the women pay for it all. It's exactly the same situation as dirty old men paying high school girls for sex,”says a writer who specializes in stories about the adult entertainment industry.
「この状況は、女性がホスト、いいかえればジゴロタイプの男に贈り物をすることとは違います。自分より年の若い男たちの日々の面倒を見るのは年長の女性です。デートからホテル代に至るまで ― 女性が全て払うのです。これは、いやらしいスケベオヤジがセックスのために女子高校生に金を払うのと、まさしく同じ状況です」と、成人娯楽産業関連の記事を専門とするライターはいう。
5
Shukan Shincho says there has been a recent spate of Internet sites popping up with young men advertising their sexual services to older women.
It says most frightening site is “G-Club.”
Among the some 300 guys flogging their wares on the site is a 27-year-old man promising to give women the “present”of their dreams for up to 30,000 yen a pop.
Or there's 22-year-old Kenichi Yoshida, who charges 25,000 for a five-hour date, then ups the ante to 40,000 yen if the women would simply prefer two straight hours of sex.
Yoshida says he'll accept partners up to the age of 35 and that he particularly welcomes rich, female university students.
年長女性に対する性サービスを広告する若い男のためのインターネットサイトがぞくぞくと登場している、と週刊新潮はいう。
新潮によるともっとも恐るべきサイトは"G-Club"だそうだ。
このサイトで自分の売り物を大々的に広告している約三百人の男の中には、一発あたり最高3万円までで女性に夢を「プレゼント」することを約束する27歳の男がいる。
他には、五時間のデートに付き2万5千円を請求し、二時間ぶっつづけでセックスすることを望む女性には4万円まで値段をつりあげる。22歳のヨシダケンイチもいる。
相手は35歳まで受け入れて裕福な女性大学生をとりわけ歓迎する、とヨシダはいう。
6
“The guys on the site are mostly company employees from 25 to 35. At first, I thought it'd be hard to get people to list their names, but we were swamped. It appears as though guys think it's lucky to be able to make a bit of money on the side by having sex,”the operator of G-Club says.
「このサイトの男たちは大抵、25歳から35歳の会社員です。最初、人々に自分の名前を掲載させるのは難しいだろうと私は思っていましたが、私達は圧倒されました。セックスして副収入としていくらかのお金を儲けられることはラッキーだ、と男たちは考えているみたいです」と、G-Clubの運営者はいう。
7
The adult entertainment writer says reverse enjo kosai is poised to boom.
前述の成人娯楽ライターは、逆エンジョコウサイはいまにも大流行する状態にある、という。
8
“There's been a dramatic increase in the number of guys who show no resistance to the idea of selling their bodies,”the writer says.
“What with the recession and all, there'll be no stopping guys who know they can make a buck out of their youth or their bodies.”(RC)
「自分の体を売るという考えに対して抵抗を示さない男の数が、劇的に増大してきています」とこのライターはいう。
景気後退やらなんやらで、自分の若さや体である程度の金を稼げるとわかってる男たちを止めるものは無いでしょう」(ライアン・コネル)

元資料

19990404-1.jpg 19990404-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。