夫を殴る妻たち!

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Angst-ridden wives liberally administer the big spank

苦悩に支配された妻たち、何回もすごい平手打ちを行う

夫を殴る妻たち!

*1
0
夫を殴る妻たち! 1998,12,20
Angst-ridden wives liberally administer the big spank
Shukan Hoseki 12/24   By Cheryl Chow
苦悩に支配された妻たち、何回もすごい平手打ちを行う
週刊宝石12/24      チェリル・チャウ記
1
She's a well-groomed beauty who looks the part of the ideal wife and mother.
And as a paragon of womanly virtue, she can't be beat...literally.
彼女はきれいに身なりを整えた美女で、妻と母の理想像を体現しているように見える。
そして女性らしい美徳の鑑としては、彼女は攻撃目標となることはない---文字通りの意味で。
2
Shukan Hoseki explodes the lie behind misconceptions of“the weaker sex”in Japan in its feature about the rise in the ranks of women who physically beat their husbands.
For instance, the woman described above has punched her spouse in eyes badly enough for him to seek medical attention and shoved him down the stairs, breaking his ribs.
自分の夫を物理的に叩く女性たちの勃興にまつわる特徴において、日本における「弱い方の性(通常は女性)」の誤解の背後にある嘘について、週刊宝石は堰を切ったように書く。
例として、上述された女性は、夫が医療的治療をうけようと努力するほどにひどく夫の目をパンチしてきて、夫を階段からつき落とし、夫の肋骨を折った。
3
Her behavior may seem extreme, but she is hardly an isolated ease.
While there is growing recognition that domestic violence goes beyond mere marital spats, the article focuses on the growing, yet scarcely acknowledged fact that men are increasingly becoming the victims in such altercations.
彼女の行動は極端に思えるかもしれないが、彼女の例だけが特例なのだとはとても言えない。
ドメスティック・バイオレンスはたんなる勇ましいケンカの域を超えている、という認識が拡がっているが、この記事は、口論における被害者となる男性の数が増加しているという、数を増しているが殆ど知られていない事実について、焦点を当てている。
4
Hoseki cites a few examples: One 34-year-old man sensed something wrong when his wife began burning his clothes whenever she ironed them.
Soon, her inexplicable behavior escalated into knocking him around, cuffing him on the shoulders and kicking him in the stomach.
But it wasn't until the wife's assault left him nearly blind that the man filed for divorce.
宝石は2・3の事例を引用する。ある34歳の男性は、妻がアイロンがけするときは常に彼の服を燃やし始めた時はいつも、なにかおかしいことに気がついた。
すぐに、彼女の説明の付かない行動は、彼を小突き回す、彼の肩に平手打ちを食らわせる、彼の胃をける、というふうにエスカレートした。
妻の攻撃によって夫がほぼ盲目となっても、夫はまだ離婚届に記入をしなかった。
5
Another man's wife greeted him with kicks and blows when he would come home late from work.
He finally sought the help of clinical psychologist Motonobu Kohama, who told Hoseki that the man's body was covered with hideous welts and bruises.
別の男性の妻は、彼が仕事から遅く家に帰ってきたときは、蹴りと殴打で彼を迎い入れた。
彼はとうとう臨床心理学者のコハママトノブに助けを求めた。コハマは宝石に、夫の体は見るも無残なミミズ腫れや痣で覆われていた、と語った。
6
These women, it seems, turn trifling marital disputes into martial workouts - with their husbands as hapless targets.
The aforementioned beauty, for instance, would be set off by an innocuous remark from her husband, like“This table is dusty.”“So why do you beat your husband?”Hoseki asks her.
Why shouldn't I?”the woman retorts.
He makes angry. And it's up to him to figure out why.”Has she ever considered stopping the battering?“If that's what he wants, he ought to stop me. My hitting him is a form of discipline.”
どうやら、これらの女性は些細な夫婦喧嘩を、夫をあわれな標的とする好戦的な痛めつけへと変えてしまったようだ。
例えば、前述した美女は、「テーブルが汚れている」といった夫からの特に他意のない注意によってカッとした。「じゃあ、なぜあなたは夫を叩くのですか?」と宝石は彼女に尋ねる。
「なぜ私が叩いちゃだめなの?」と彼女は反論する。
「彼が原因の怒りなの。なぜなのかはっきりさせるのは彼のすべきことよ」彼女は今までに叩くことをやめることを考えたことがあるのだろうか?「もしそれが彼の望むことなら、彼が私を止めるべきです。私が彼を叩くのはお仕置きの一環です」
7
One characteristic these violence-prone women share is that they are extremely attractive physically - or so says neuropsychologist Dr.Yuki yamaoka.
He explains to Hoseki that the problem with these women is that they“always need to be admired by others to fill up the yawning emptiness within themselves.”
For these narcissists, marriage is just a means to fulfill their needs without having to bother expressing them.And when their expectations are thwarted, they strike out with their hands and feet.
これらの暴力に走りがちな女性に共通する一つの特徴として、彼女たちは肉体的に極めて魅力的であることがあげられる-少なくとも神経学者のヤマオカユウキはいう。
彼は宝石に説明する。いわく、これらの女性の問題は、彼女たちが「自分の中にある退屈な空虚感を満たすために、常に他者から賞賛されることを必要としている」からだ。
これらの自己愛者たちにとって、結婚は、わざわざ表現せずに彼女たちの必要を満たすための手段にすぎない。
8
Kohama, the psychologist, says,“In the past, when this type of emotional dependency wasn't fulfilled, it would manifest itself as physical symptoms like ulcers. But for young couples today, the anxiety leads directly to violence.”In other words, violence manifests itself as form of expression.
心理学者ノコハマはいう。「以前は、これらの種類の感情的な依存状態が満足されなかった時、それは潰瘍などの肉体的症状として発現していました。しかしこんにちの若いカップルでは、この不安は直接暴力へと向かいます」言葉を変えて言えば、暴力はそれ自体を表現の一つの形として発現したのだ。
9
But the recipients of this expressive communication sometimes seem to wallow in martyrdom.
For instance, Hoseki reports that one man apparently encouraged praise for his patience and fortitude in the face of his spouse's violence.
According to Kohama, it's because young men today have had little experience with violence.
“So instead of trying to stop the assault when they get hit, they panic. Then they think mostly of how to bear the brunt of the attack as best they can.”
しかしこの感情に満ちたコミュニケーションを受ける側の他人は時々、受難の中でどうしようもなくなっているようだ。
たとえば、ある男はどうやら彼の忍耐に対する賞賛と、彼の配偶者の暴力を顔に食らった時の苦しみに耐える力に、自信を持っている、と宝石は報告する。
コハマによるとその原因は、こんにちの若い男たちは暴力を振るわれたことが殆ど無いからだ。
「そんなわけで彼らは叩かれた時にその攻撃をやめさせようとせず、慌てるのです。そして彼らは、いかに攻撃の矢面に立つかを考えます」
10
Divorce consultant Hiromi Ikeuchi claims that today, more than ever, women are raising their hands - and feet - against their husbands.
“Of the 2,000 divorce cases I've handled,”she tells Hoseki,“40 percent are filed by men, and of these, 70 percent confess that they can no longer put up with being battered by their wives.”
離婚コンサルタントのイケウチヒロミは、こんにちは以前よりもはるかに、女性は夫に対して手や足をあげている、と主張する。
「私が取り扱ってきた2000件の離婚のうち」と彼女は宝石に語る、40%は男からいいだされたもので、それらのうち、自分はもうこれ以上妻から殴られるのは我慢出来ない、と70%が告白しました。
11
Escaping marriage may be the only solution left for these men, suggests Yamaoka, the neuropsychologist.
Once the woman has crossed over into violence, there's no turning back.
The man has a choice between taking the heat or getting out of the kitchen.(CC)
結婚から逃げることが、これらの男たちに残されたたった一つの解決策かもしれない、と神経心理学者のヤマオカは示唆する。
女性が暴力に訴えるという一線を越えてしまえばもう元に戻るということはないのだ。
男には、痛みにたえるか離婚するかという選択肢がある。(チェリル・チャウ)

参考資料

ドメスティック・バイオレンス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9

元資料

19981220-1.jpg 19981220-2.jpg 19981220-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。