主婦、OLがはまった海外バイトの甘い罠

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Dream shopping jobs abroad turn into expensive nightmare

海外での夢のショッピングの仕事が高価な悪夢へとなる

主婦、OLがはまった海外バイトの甘い罠

*1
0
主婦、OLがはまった海外バイトの甘い罠 2001,02,25
Dream shopping jobs abroad turn into expensive nightmare
Yomiuri Weekly 3/4  By Geoff Botting
海外での夢のショッピングの仕事が高価な悪夢へとなる
読売ウィークリー 3/4   ジェオフ・ボティング記
1
It's an enticing offer.
"Why not work part-time by shopping in Europe?" reads the ad in a job recruitment magazine.
それは誘惑的なオファーであった。
「ヨーロッパでショッピングしてアルバイトしませんか?」と、職業求人雑誌の広告に書かれていた。
2
Agencies that place ads like this are looking for people to buy large amounts of high-end designer brand products in Europe and then bring them back to Japan.
The people who respond, usually young housewives and office workers, can receive anywhere from 7,000 to 15,000 yen a day for their efforts.
こんな広告をだす斡旋所は、ハイエンドなデザイナーブランドの製品を大量に買ってきて日本に持ち帰る人々を探し求めている。
広告に応じた人は、通常若い主婦や事務員だが、買い物によって一日あたり7千円から一万五千円を受け取る事が出来る。
3
In addition, the agencies cover the entire cost of air tickets, hotels, transportation and travel insurance.
それに加えて、航空券・ホテル・移動・旅行保険の料金の全額は斡旋所が負担する。
4
If you guessed this deal sounds too good to be true, you're right.
Yomiuri Weekly says many of the agencies have scammed hundreds, perhaps even thousands, of their part-timers.
もしあなたが、こんな話はウマすぎて本当とは思えないと感じたなら、あなたは正しい。
これらの斡旋所は何百人もの、もしかしたら何千人もの、アルバイトたちに詐欺を働いてきたのだ。
5
The first problem with these all-expenses-paid shopping extravaganzas is they involve smuggling.
これらの豪華無料ショッピングツアーについての第一の問題は、密輸が絡んでいることだ。
6
Japanese returning home from overseas are allowed to bring in no more than three items with a combined value of no more than 300,000 yen.
Anything over that is considered an imported article subject to a high duty.
海外から戻ってくる日本人には、合計価格わずか30万円までの3つまでの品目しか運びこむことが許されていない。
それを超過するものはなんであれ、高額の税金がかかる輸入品とみなされる。
7
The other problem lies within the agencies themselves.
They are constantly
forming and then disbanding to avoid having to refund the part-timers' credit card purchases.
他にも問題が斡旋所自体にもある。
これらの斡旋所は常に結成されては解散されて、アルバイトたちのクレジットカード購入にたいする入金を避けているのだ。
8
Junko Sasaki(not her real name), 26, found that out the hard way.
26歳のササキジュンコ(実名ではない)は、これは大変なことだ気がついた。
9
When she went to a job interview placed by the appropriately named "Dream Catch" agency, she expressed concern about having to use her own credit card to make the required purchases.
いみじくも『ドリームキャッチ』と名付けられたこの斡旋所によって設定された職業面接に彼女が行った時、要求された購入をするときに、彼女自身のクレジットカードを使わなければならないことについて、懸念を表明した。
10
No problem, said the glamorous-looking woman who conducted the interview.
The agency, she said, would refund every last yen charged to the card.
問題はありません、と面接官の魅惑的に見える女性は言った。
彼女が言うには、この斡旋所はカードに請求されるお金について全額入金するそうだ
11
The Tokyo Metropolitan Comprehensive Consumer-Center, however, told Sasaki a different story.
"The purchases will be made in your name so you are the one responsible if any problems occur," a counselor said.
しかしながら、東京消費生活総合センターがササキに語った話はこれとは違う。
「購入はあなたの名義で行われるので、なんらかの問題が発生したら責任があるのはあなたです」と、相談員は言った。
12
But when she informed Dream Catch she wanted to bail out of the scheme, they told her it was too late, as the air tickets and hotel had already been paid for.
しかし彼女がドリームキャッチに、自分はこのお話はなかったことにしてほしいと伝えた時、斡旋所は彼女にもう遅すぎると語った。航空券代やホテル代をすでに支払い終えたからだそうだ。
13
So it was with a heavy heart that Sasaki headed off for Paris last October on her shopping spree.
そんなわけで沈んだ心のまま、ササキはショッピングツアーに去年の10月にパリへと出発した。
14
She returned to Japan seven days later with 37 items, including Louis Vuitton and Gucci bags and accessories, worth a total of around 1.6 million yen.
The goods were all handed over to a Dream Catch representative.
彼女は37個の品目とともに7日後に日本へともどってきた。それらは合計およそ160万円に値するもので、ルイ・ヴィトンやグッチのカバンやアクセサリーも含まれていた。
これらの商品はすべてドリームキャッチの代理人へと手渡された。
15
Yet the agency's refund never came, Yomiuri Weekly, meanwhile, managed to obtain official documents showing that Sasaki was not alone.
The by-now-defunct agency had scammed 107 part-timers to the tune of 180 million yen by not refunding the overseas purchases.
いまだに斡旋所からの入金は全く行われなかった。一方で読売ウィークリーは、ササキ一人だけが被害者ではないことを示す公的な書類を入手した。
今頃はもう存在しないこの斡旋所は、海外での購入品についての入金を行わないことで、1億8千万円にも登る金額を107人のアルバイトから巻き上げていた。
16
The total number of victims, however, is probably much, much higher --- agencies in the Kanto region alone are believed to number over 100.
しかし、全被害額はおそらく、はるかにはるかに高額であろう----関東地方だけでも斡旋所は100以上あると信じられている。

参考資料

東京消費生活総合センター
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/center/

元資料

20010225-1.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。