こんな時代だから...「カラダを売りたい!?」

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Hard up, guys? Hey, you can always hawk your fork

諸君、困ってるのかい? まあ、君はいつだって自分のファックを売れるじゃないか

こんな時代だから...「カラダを売りたい!?」

*1
0
こんな時代だから...「カラダを売りたい!?」 2000,01,16
Hard up, guys? Hey, you can always hawk your fork
Don Don 2/4   by Cheryl Chow
諸君、困ってるのかい? まあ、君はいつだって自分のファックを売れるじゃないか
DONDON 2/4     チェリル・チャウ記
1
Hey guys, going through hard times? You've been laid off? Well, why don't you use your hard-on and get laid instead? If you're a strapping young man and cash-strapped, Don Don advises trying out your hand --- or other appendages or orifices --- in the sex industry catering to either women or gay men.
And by the way, you needn't worry that you're doing something illegal, as the Japanese law banning prostitution targets women only.
Just one instance of how women get screwed.
やあ諸君、つらい時期を耐えているのかい? 解雇されちゃったのかな?そうだね、かわりに君の勃起を使って抱かれたらどうだい? もし君が素寒貧の若い男性で金がなくて困っているなら、DONDONの助言によれば、女性やゲイ男性の要求を満たす性業界に、あなたの手---あるいはほかの『出っ張り』や穴---を出してみればいい。
そうそう、そういえば、自分は違法なことをするのではないかと心配する必要はない、というのも買春を禁ずる日本の法律が対象としているのは女性だけだからだ。
女性をいい気持ちにさせるほんの一例もある。
2
The magazine suggests that women may be more difficult to please, so you might knock on one of the many gay bars in Shinjuku 2-chome.
Going rates are about 20,000 yen a day and room, though no board.
At a bar often frequented by entertainers, customers can either choose a two-hour or an overnight "date" course.
The charge is 12,000 yen for two hours, 20,000 yen overnight.
The urisen --- that's what men who prostitute themselves in bars are called --- gets to pocket half.
女性を満足させるのはより難しいかもしれないから、新宿2チョウメにあるたくさんのゲイバーのうちの一つを訪れると良いかもしれない、とDONDONは示唆する。
一日一部屋食事無しでの相場は約2万円だ。
バーにはしばしばエンターテイナーが訪れるため、客は二時間か一晩の『デート』コースのどちらかを選択できる。
料金は二時間なら1万2千円で、一晩なら2万円だ。
売り専---ゲイバーで自分自身の体を売る男はこう呼ばれる---は半額をポケットに入れる。
3
But if sucking up to your own gender doesn't sound appealing, you can register at "reverse erogenous massage clinics."
There are only two or three in the city.
You can, however, register at one fairly easily as long as you have some concept of what hygiene is.
As the name suggests, the traditional roles are reversed, with women as customers and men the "masseuse."
What's expected is exactly what women in the pink trade do, namely, stimulate customers' erogenous zones.
At one shop, customers pay 20,000 yen for two hours, and 10,000 yen for each additional hour, with the sex provider getting half.
Veterans at the trade can make 60,000 to 70,000 yen a day.
Contrary to expectations, customers who frequent what might be called the "blue zone" are not generally old or unattractive.
In fact, according to Don Don, women with zero sex appeal are too ashamed to expose themselves. (The same could be said of men.)
And there's even been an increase in the number of customers in their 20s in the last five to six years, even if they happen to have lovers.
Why? Because they're too embarrassed to ask their boyfriends to satisfy them sexually.
しかし自分と同性の者の(金|性器を)吸い上げるのに気が進まないなら、あなたは『逆性感マッサージクリニック』に登録することが出来る。
新宿には2件か3件しかない。
しかし、衛生学とはどういう概念かをある程度知ってさえいれば、あなたは十分簡単に登録できる。
名称が示すように、通常の役割は逆になっていて、女性が客となり男性が『マッサージ嬢』になる。
ある店では、客は二時間に2万円を払い、一時間追加ごとに1万円を払う。性奉仕者の取り分は半額だ。
この商売の熟練者ならば一日あたり6万円から7万円稼ぐことも出来る。
予測に反して、『青線』と呼ばれることもあったこの場所を訪れる客は通常、年寄りだったり魅力的でなかったりもしない。
事実は、DONDONによれば、セックスアピールがゼロの女性は、自分の体を見られるのを恥ずかしがりすぎるのだ。(同じ事は男にも言える。)
そしてさらに、最近の五年か六年の間、二十代の客の数は増加し続けていて、その中には恋人がいる人もいる。
なぜか? 理由は、彼女たちは、自分を性的に満足させて欲しいとボーイフレンドに頼むことを、恥ずかしがりすぎるからだ。
4
Still, you'd prefer getting it on with women who have knock-dead figures? Try starring in adult videos then.
Says a veteran porno star, "There's nothing difficult about this job. All you have to do is to have an erection and ejaculate."
それでもまだ、あなたは惚れ惚れするような姿態の女性と性交するほうを望むのか?それなら、アダルトビデオに出演できるよう試してみなさい。
ベテランポルノ女優はいう、「この仕事にはちっとも難しいことはないわ。しなきゃいけないことなんて、勃起して射精することだけよ」。
5
Which may be easier said than done, since you have to perform at the drop of the pants, in front of the entire crew and under bright lights.
If you're good, you can expect 60,000 to 70,000 yen per day.
If you're none too popular, though, your take is a mere 10,000 yen.
これは言うは易く行うは難し、だ、撮影クルー全員を前にして明るいライトのもとで、パンツを脱いですぐに演じなければならないからだ。
あなたが上手なら、一日あたり6万円から7万円を期待できるだろう。
しかしあなたがちっとも人気がなければ、たったの1万円しかもらえない。
6
At least you get to come.
And if you're what's called a shiru --- juice --- actor, that may be all you get to do.
You'll be just one of many who's job is to squirt semen all over the female star.
すくなくともあなたはイクことができる。
そしてもしあなたがいわゆる『シル---汁---男優』なら、しなければならないのはそれだけだ。
女優にザーメンをぶっかけることが仕事の多くの人々のうちの一人に、あなたはなるだろう。
7
Not your glass of juice? Then there's always the option of selling your body --- literally.
While trafficking in human organs is illegal in Japan, the Philippines has no such regulations.
A kidney can be sold for 300,000 yen through a broker.
汁にも自信がないって?それなら、いつだってあなたの体を売るという選択肢がある---文字通りの意味で。
二本では人間の臓器の売買が違法ではあるものの、フィリピンではそのような法令はない。
ブローカーを通じて、腎臓一つを30万円で売ることが出来る。
8
If all this sounds too disheartening, you can make a monthly income of 300,000 yen to 400,000 yen with room and board included.
How? By jumping on a tuna boat for a long, slow journey. Like an entire year.
今まで書いてきたこと全てに落胆したのなら、あなたは部屋と食料込で、30万円から40万円の月収を設けることが出来る。
どうやってだって?マグロ船に飛び乗って長くゆっくりした船旅に出ればいい。丸一年ってとこかな。
9
Bon voyage.
ボン・ボヤージュ(良い船旅を)。

参考資料

青線
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E7%B7%9A

元資料

20000116-1.jpg 20000116-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。