Nothing trivial about livelihood of nurses_2

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Nothing trivial about livelihood of nurses"

「看護婦のトンでもない生活」


What's it like to be a nurse in a Japanese hospital? Shukan Tokuho (3/22) delved into data from the Ministry of Health and Welfare and other sources to produce 19 tasty bits of "trivia" --- information about the lives of angels of mercy. Taken together, the items are certainly not the sort of thing that would encourage a young woman to take up nursing as a career. In fact, some are downright embarrassing. For instance, nursing school students are taught to regard the anus as a barometer of health. And to put this theory into practice, the students are obliged peer up the backsides of their fellow classmates as part of their training.
日本の病院においてナースとはどういう存在なのか。
週間特報(3/22)は厚生省やその他のソースを徹底的に調査し、19の美味しいトリビア、
つまり心優しい天使達の生活に関する情報を紹介した。得られた情報を総合すると、
これらのトリビアはこれからナースになって経験をつもうという若い女性達を
勇気付けるような話ではない。むしろそれは実際にはまぎれもない、
恥ずかしくて直視できないようなものだった。
たとえば、看護学校の生徒は肛門を健康のバロメーターとしてみることを教えられる。
この理論を実践するときには、クラスメートのお尻をじっと観察するよう強制されるのである。

"We used a tool to spread it open, and then perform a check all the way to where it puckers," recalls a 28-year-old graduate student. "I was so mortified, I was almost ready to drop out and return home."
「器具を使ってお尻の穴を広げて、しわの一つ一つまで調べました」28歳の卒業生は思い出しながら語る。
「それがすごく嫌で、家に帰る間じゅう涙が止まりませんでした」

Nor is the back door the only aperture that receives attention. Many nurses, Shukan Tokuho claims, are also known to keep adult toys in their bag of tricks.
注目しなければならない穴は、後ろのお口だけにとどまらない。
週間特報が言うところには、多くのナースが"前"にも仕込んでいることで
知られている。

"At one time vibrators were used by doctors to treat female hysteria," says a 29-year-old angel of mercy employed at a metropolitan hospital. "But the word got around among nurses and many of them began pleasuring themselves with rotary vibrators."
「いつだったかドクターが女性患者のケアにあたるとき、バイブを使ったんです」
大都市の病院に勤務する29歳のナースは言う。
「でも周りのナースや女性患者さんたちの多くがローターで快感を得ているという風に聞いたんです。」

Not that opportunities for sex are all that rare. High on the scoring list are the sales representatives from pharmaceutical manufacturers, who make frequent sales calls on hospitals.
セックスの機会も稀というわけではない。頻繁にセールスのために病院を訪れる
製薬会社の営業担当が得点表の中でも上位に来ている。

"Many times they'll make their sales pitch for products to a senior nurse at one-on-one meetings," says a nurse at a national hospital. "To butter her up, they will invite her out to dinner and then often wind up in bed later. It's rumored that with these women sex toys tend to get used and the play sometimes turns pretty wild," she giggles.
「宣伝のために、営業の方は何度も年長のナースと1対1で会議を持ちます」
国立病院のナースは言う。「お世辞を言って、営業さんはナースを夕食に誘うんです。
そしてその後、ベッドでコトに及ぶんです。
こうした女性とだと大人のオモチャを使うことが多くて、
プレイはかなり過激なんだって噂されてます」とクスクス笑って言った。

Other fascinating tidbits included in Shukan Tokuho:
ほかにも大変面白い情報が週間特報には書かれている。

  • Nurses on night duty at hospital nurse stations have found a godsend in the computer terminals, where they can relieve their stress by anonymously posting abusive graffiti aimed at reviled supervisors or superiors.
曰く、夜勤中のナースはナースステーションのパソコン端末で思わぬ幸運に遭遇する。
そこでは彼女らの口の悪い上司達を非難する走り書きを匿名で投稿してストレス発散できる。

  • Despite precautions, pilferage of medications is common. According to one nurse, sleep medications and stimulants such as ephedrine-based products --- which can be used to heighten the pleasures of sex --- are reportedly the most popular items.
曰く、注意書きを無視した薬剤の無断持ち出しは日常的である。
あるナースによると、睡眠薬とエフェドリンベースの興奮剤
(セックスの快感を増幅させるために使われる)は人気でよく持ち出されるという。

  • Some nurses have been known to take up part-time jobs in the sex trade, appearing in adult videos or working as masseuses. It is through word of mouth by their colleagues that others are recruited into the business. Money is one attraction, but still another is to escape the confinements of their largely cloistered existence for excitement's sake.
曰く、ナースの中には副業で性を売り物にする、つまりマッサージ師として
アダルトビデオに出演する者がいるのだそうだ。同僚からの口コミでこうした商売を
紹介されている。お金も魅力だが、ずっと魅力的なのはひどく拘束された生活を送る幽閉状態から逃れて刺激を得られることにある。

※(訳注:このパラグラフの3文目、よくわかりません。
女優として本当にデビューするような意味合いでしょうか)
→修正しました。「看護婦の日々の拘束された生活から逃れて興奮を得られることは、お金以外の魅力となっていること」という意味で訳しました。

  • Due to shortages of trained nurses, the directors and staff of temp help agencies that specialize in dispatching nurses are raking in large profits these days. "A lot of nurses have taken the opportunity to leave the job and move into this field," says a 25-year-old at a private hospital. "
曰く、正看護士の不足により、ナース派遣を専門とする派遣会社のスタッフ達は
今日では収入ランクの上位に位置づけられている。「この業界では多くのナースが
辞める機会も異動の機会を持っています」私立病院の25歳のナースは語る。

Despite the flaws in the system, Shukan Tokuho acknowledges that nursing can be a singularly demanding life. With irregular shifts brought on by personnel shortages, the ladies in white may put in as many as 14 hours a day, and because meals tend to be grabbed on the run, the average nurse is said to loose as much as 5 kilograms of her body weight during the first two years on the job. Even during the first months of their own pregnancies, nurses may be required to attend expectant mothers in labor and in the delivery room --- which for reasons unknown seems to have resulted in a higher than normal percentage of miscarriages or abnormalities among nurses themselves. The years of physical and psychological stress, moreover may very well take a severe toll on their health; a career in the medical profession, the article suggests, may shorten average life expectancy by between three to five years.
週間特報は言う。システムに欠陥があろうと看護は絶対に命にとって必要なものだ。
人手不足で予定外のシフトが組まれれば、白衣に身を包んだ彼女らは
一日に14時間の労働をこなす。そして食事を慌しく摂らなければいけないが故に、
平均的なナースではじめの二年のうちに体重が5キロ落ちるという。
自分が妊娠一ヶ月目にあっても、他の妊婦の看護をするために労働者側として
分娩室に入らねばならないことがある。これが看護婦達が、
一般の人に比べて流産やその他の異常に見舞われる確率が高いことの要因ではないかと言われている。
体力的にも精神的にも辛い年月を経る間に、彼女達の健康を深刻なまでに犠牲にしているといわれる。
(元の)記事には、医療従事者たちこそが平均寿命を3から5年ほど引き下げているのではないかと書かれていた。

March 14, 2004

記事の問題点

  • 日本の看護学校教育の実態と称して性的なことが行われているかのように描いている。
  • 看護婦や病院施設のイメージを毀損する内容。
  • ロシア語サイトに記事が掲載された経緯がある。

記事に関連したサイト


拡散状況

ロシア語を経由して再翻訳された英文

このソースはロシア語に訳され紹介された経緯がありまして、それをさらに英訳したものもあります。
つまり、現状でWaiWaiオリジナルと『WaiWai→ロシア語→英語』という過程を経たもののふたつのソースを持ち合わせているわけです。
現在2chなどで広まる見出しと異なる点がありますのでまず指摘しておきます。
日本の看護婦が大人のオモチャをバッグに入れて持ち運びしているという文章がロシア語経由版のほうにはあります。
It is widely known, that many future nurses constantly hold in the handbags various " toys for adults
ところがWaiWai版では、以下のようになっています。
Many nurses, Shukan Tokuho claims, are also known to keep adult toys in their bag of tricks.
この""in bag of tricks"というのが俗語表現で陰嚢をさします。
どうもライアンコネルが引用して解説したかったのは、女性がオモチャを持ち歩いている、ということではなく、女性がオモチャを自分の体に挿入して仕事をしている、という意味だったように思われます。

ロシア語サイト
「Молодые медсестры Японии могут успешно конкурировать со жрицами любви」
http://www.newsru.org/world/15mar2004/nurses.html
http://www.podrobnosti.ua/society/2004/03/16/107961.html
ttp://www.lenta.co.il/page/160304kj *1


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。