第22話 最後のコイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤサコ「業界の噂によると、イマーゴ機能を外すことの出来なかったメガマスは、空間の方を改良したそうです」

イサコ「この世界を、壊してはならないの。誰かが、そう願った。必死に。だから私は生まれた。この世界を、この気持ちを永遠に守らなくてはならない」

イサコ「うっ」

ヤサコ「それっ。
天沢さん、こっちよ」

放送「電脳局のフォーマットは、緊急性の高い強制装置です。一般の個人データは保存されません。ご自宅に待機するか、メガネの使用を禁止してください」

電話「現在、使用制限中です。しばらくしたら、またお掛け直しください」

おばちゃん「ちっ、ついに強制措置に出たか」

放送「メガネは終了してください」

男性「そんなにすぐに切れるか!」

「うわっ」

猫目「例の電脳体さえ見つかれば。しかし、勇子に情報をリークしたのは何者だ」

ヤサコ「来たわ!
あれって、アナウンスでやってた新型サッチー。大変!」

イサコ「あ」

ヤサコ「怪我してるわ」

イサコ「あ」

ヤサコ「よかったら、上がって。天沢さん、泣いてたの?とにかく、傷の手当しましょ?」

イサコ「あの時。お前と初めて会ったあの時、騙して悪かった」

ヤサコ「え……ああ、デンスケを」

イサコ「あの犬はどうしてる。元気か?」

ヤサコ「うん、元気よ」

イサコ「中のイリーガルが必要だったんだ」

ヤサコ「キラバグを、お兄さんを取り戻すために」

イサコ「そうだ」

ヤサコ「ごめんなさい。余計なこと聞いちゃって。救急箱取ってくるわ」

イサコ「でも、全部無駄だった。あたしは、誰の役にも立てない。何もできない。ダメだな。ごめんね、お兄ちゃん。私、私……、お兄ちゃんを助けようとして、ずっと。それなのに。うわーーーーー」

ヤサコ「あっ、天沢さん。どうしたの?ねえ!
痛い?もし、もしよかったら、私に話して。誰かに話すと、ちょっとでも楽になるかもしれない。私、ハラケンを天沢さんが一緒に助けてくれて、思ったの。みんなのしてる噂は本当じゃない。カンナちゃんのこととか、あのヌルってイリーガルを呼び出したとか、全部嘘なんでしょ?一緒にみんなの誤解を解きましょう?ねえ覚えてる?越してきてすぐ、下駄箱で私に言ったこと。悔しかった。でも、それからずっと気になってた。あなたとお友達になりたい。気安い気持ちで言ってるんじゃないの。天沢さんにどんな秘密があっても、絶対逃げずに受け止めるから」

イサコ「大した、話しじゃ、ない」

ヤサコ「そう。もし、もし天沢さんがその気持ちになったら、話して」

ヤサコ「その子、天沢さんのペット?」

イサコ「ペットじゃない。」

ヤサコ「あ、傷を負ってるわ。治療用のメタタグなら、まだ残ってるから」

イサコ「お前じゃ無理だ」

ヤサコ「え」

イサコ「あ、いや、違うんだ。これは、普通のペットじゃないから」

ヤサコ「そうなの」

ヤサコ&イサコ「あ」

ニュース「空間局による、大黒市の一斉フォーマットは、あと数時間続くもようです。以前から……」

ヤサコ「まだしばらく続きそうね。ちょっと外の様子みてくるわ」

イサコ「すまないな。こんなになるまでずいぶん仕事をしてくれた
痛いか?今はこのくらいしかできない
ん?」

キョウコ「暗号のお姉ちゃん。暗号って、デンスケ治せるの?」

イサコ「え?
あの時の犬か?」

キョウコ「おばけから守ってくれたの」

イサコ「ヌルにやられたのか」

キョウコ「ねえ、治せる?」

イサコ「普通のペットは、自動修復で」

キョウコ「もう死ぬって書いてあるの」

イサコ「ええ?」

キョウコ「ねえ、治せる?お姉ちゃんの暗号は、なんでも出来るんでしょう?」

イサコ「普通のペットは、私の暗号では治せない。私になんか、何一つ出来やしない。ペットを治すことも、お兄ちゃんを助けることも」

キョウコ「うぃぃぃぃー」

イサコ「あ、わかった。わかったから、だまれ」

キョウコ「うん、うんちぃー」

イサコ「やってみるから、泣くな」

キョウコ「あ」

イサコ「安心しろ。治療しやすくするためだ」

ヤサコ「天沢さん。こんなところにいたの?き、京子、ここで何やってるの?」

イサコ「嘘をついたな。この犬はもう」

ヤサコ「どういう意味?」

イサコ「知らなかったのか?」

ヤサコ「キョウコ、デンスケがどうかしたの?」

キョウコ「デンスケ、もうすぐ死ぬんだよ?」

ヤサコ「ええっ」

アイキャッチ

イサコ「まるでイリーガルに感染したような傷だ」

ヤサコ「そんな……。でもおばばはすぐ治るって」

イサコ「落ち着け!これは、ペット会社の、犬の生命データをもとにした告知にすぎない。細かく修復すれば、撤回されることもある」

ヤサコ「本当?」

イサコ「ああ、やってみる」

猫目「ん?この家は、まさか。数奇なものだな。勇子のやつ、ここに逃げ込むとは。やはりな。タケル、いるんだろ?何故こんなことをした?勇子に信彦のことをしゃべったのはお前か?」

タケル「メガマスの人に言われたんだ。こうしないと、兄ちゃんと天沢を、告発するって」

猫目「馬鹿なことを……。表沙汰になって困るのは、奴らの方なんだぞ」

タケル「そう。全部兄ちゃんのためなんだ!
兄ちゃん、もう止めよう?兄ちゃんにはぼくがいるだろう?なんであんな女を使うんだよ!」

猫目「お前には、イマーゴがないから」

タケル「あ」

猫目「いいか、通路を開くには勇子が必要なんだ。」

タケル「でも、もうキラバグは残っていない。改造したイリーガルでちょっとずつ集めたのに、あいつが」

猫目「まだ手はある。もう余計なことをするな。ぼくの言う通りに動け。それが父さんのためなんだ」

タケル「兄ちゃん」

猫目「例の電脳体さえ見つかれば、終わる」

イサコ「大事な犬なのか」

ヤサコ「うん、ずっと一緒。家族と同じよ」

イサコ「家族か。ずっと、兄を探してた。とても優しい兄で、仲がよかった。幸せ、そう幸せだったと思う。兄と暮らした間。でも、兄のリンクなどなかった。はじめから」

?「お前の兄、天沢信彦は、数年前に死んでいる」

イサコ「なん、だと」

ヤサコ「待って。私前ちゃんと言えなかったけど、昔4423って人と会ってるの」

イサコ「え?」

ヤサコ「デンスケと迷った時に。それに、夢でも」

イサコ「夢?」

ヤサコ「メガネをかけたまま寝ると、時々声が聞こえて自分は4423だって。でも、夢の話しだし」

イサコ「続けろ、何て言ってた」

ヤサコ「こっちにきちゃいけない。その道は、違うって」

イサコ「メガネをかけたまま……夢……まさか!その時いつも、この犬がそばにいなかったか?」

ヤサコ「いたわ。でもそれって」

イサコ「もしかして、このペットは」

タケル「本社の人が言ってた。もしまた死者が出たら、かばいきれないって」

猫目「単なる揺さぶりだ。連中はキラバグの存在すら把握していない」

タケル「ぼくだってそうさ。兄ちゃん、キラバグって本当は何なの?」

猫目「ある実験があったんだ。そこで呪われた生き物たちが生まれた。コイルドメインのな。その生き物は、コイルドメインにつながったまま、電脳空間に居座って、自分達の生存を要求した」

タケル「その生き物が」

猫目「そう、ミチコだ。コイルス倒産後、メガマスは何度もコイルドメインをフォーマットしたが、どうしても消滅しなかった。キラバグは、その時発生した異常空間の欠片なんだ」

タケル「ミチコさんは、今も生きているの?」

猫目「それは……誰も知らない。誰もな」

イサコ「やはりこいつは普通の電脳ペットじゃない」

ヤサコ「どういう意味?」

イサコ「こいつはおそらく、私のモジョと同じく、誰かが改造したものだ。ん?これは……まさか」

ヤサコ「あ」

イサコ「反応がある。しかし」

ヤサコ「消えてゆくわ」

イサコ「鍵が合わないのか」

ヤサコ「なにこれ?」

イサコ「この犬は、普通の方法では治療できない。この首輪が全てを封印していた。あの時私でさえ気づかなかったのは、そのためだ。精巧な改良だ。互換性も普通のペットと変わらない」

ヤサコ「精巧な改良?」

イサコ「ああ。しかしどうしてこんな。この犬を誰からもらった?」

ヤサコ「おじじよ」

イサコ「おじじ、そいつはどこにいる?すぐに連れてこい」

ヤサコ「亡くなったわ。5年前に」

イサコ「そ、そうなのか。悪かったな」

ヤサコ「んーん。あ、そうだ。でも、おばばの部屋の奥に階段があるの。多分、その上がおじじの部屋だわ。行ってみましょう?」

イサコ「いいのか?勝手に上がっても」

ヤサコ「おばばに入るなって言われてたんだけど」

イサコ「おばば?」

ヤサコ「うん。私のおばあちゃん」

イサコ「お前は、家族が多いな」

ヤサコ「え?」

イサコ「いや、なんでもない」

ヤサコ「やっぱりここだわ。見覚えがある。そう、ここでデンスケに初めてあったの」

イサコ「あ……これは……」

ヤサコ「4423」

イサコ「どういうことだ!これはカルテ?」

ヤサコ「おじじはお医者さんだったの。あの病院に勤めてたわ」

イサコ「あ、電脳メガネ」

メガばあ「ワシの夫が使っていたメガネじゃ」

ヤサコ「おばば!」

メガばあ「お主が最近街を荒らしている小娘じゃな?」

イサコ「あんたが、古流の親玉か」

メガばあ「最近の子は挨拶もロクにできんようだなあ」

ヤサコ「ちょっとおばば失礼でしょう?私のと……クラスメイトの天沢さん」

ヤサコ「教えろ、お前の祖父は何者だ。何故兄のカルテを持っている!」

メガばあ「メガマスと契約して、ある仕事を請け負ったのじゃ」

イサコ「メガマスと契約した医者?まさか!もし宗助のいう先生だったとしたら、この辺りに。やっぱり」

ヤサコ「な、なにこれ」

メガばあ「こんな装置が隠れておったとは」

ヤサコ「天沢さん、どうしてパスワードを?」

イサコ「やはりこの人が宗助の言ってた先生だ」

メガばあ「ううむ、こりゃ古い空間じゃぞ」

ヤサコ「なんでこの間サッチーに消されなかったのかしら」

イサコ「空間ごと封印されていたからだ」

猫目「勇子……いつの間にぼくのデータベースからパスワードを。手癖の悪い女だ」

タケル「ヤサコ、ヤサコの家だったんだ」

猫目「知り合いか?」

タケル「うん」

猫目「では、あの子が先生の孫か。それにしてもこのペット。この反応は……まさか!」

メガばあ「おお……こ、これはワシもみたことのないメタタグじゃ」

イサコ「間違いない。これらはコイルスのデバイスだ」

ヤサコ「コイルスって?」

メガばあ「うん、最初のメガネ会社じゃ。おじじはメガマスの依頼で、コイルスのメガネ技術を調べておったのじゃよ」

イサコ「そしてその犬も、おそらく、コイルス製だ」

ヤサコ「なんですって」

猫目「やはりそうか。コイルスノードだ」

タケル「コイルスノード?」

猫目「ああ、コイルスが作った実験電脳体。コイルドメインに接続する力を持った電脳体だ。見つけたぞ」

イサコ「今までわからなかったのは、おそらくお前の祖父が、メガマス仕様に改造したからだ」

メガばあ「そ、そうか。もしかしてここにある資料を調べれば」

イサコ「ああ、治せるかもしれない」

キョウコ「本当に?」

全員「あ?」

猫目「まずい。勇子のアクセスを嗅ぎつけたのか」

全員「ああっ」

イサコ「逃げろ!」

ヤサコ「京子逃げて!」

メガばあ「デバイスが!
ふっ!ああ、おお!効きよるぞ!持ってけ!」

イサコ「分かった!」

メガばあ「キョウコを追うのじゃ」

ヤサコ「あ!
キョウコ!」

イサコ「くっ!」

ヤサコ「天沢さん?
あれ?」

イサコ「くそお、どっちに行った」

メガばあ「あのサイコロめがワシをスルーしおって。年寄りを軽んじると後が怖いぞ」

おばちゃん「一体どうなってるのよ?え?天沢とヤサコが?分かったわ。ああ、2.0のプリコトルは把握している。すぐに追跡班を編成するわ。追跡班、出動よ!」

ダイチ「はいー?」

メガばあ「どうじゃ?京子は見つかったか?」

ヤサコ「まだよ」

メガばあ「残ったデータに治療法らしきものがあった。しかしその治療は、コイルスの空間でしかできん。調べたところ、古い空間は屋外の広域用とは別に、狭い実験用の領域があるようじゃ」

ヤサコ「広域用と実験用?」

メガばあ「お主らが今まで見つけたものは、おそらくコイルスが初期に作ったその空間じゃろう。おじじの部屋にあったのは、きっとそのコピーじゃ。このオリジナルの電脳空間と設備がもし生き残っておったなら!」

ヤサコ「そこにデンスケを連れて行けば、助かるのね!」

イサコ「妹を見つける方が先だ!

小此木、あの子が行きそうな場所を知っているか?」

ヤサコ「わからないけど、多分神社に逃げ込むと思う」

イサコ「まずいな」

ヤサコ「何が?」

イサコ「あの新型は、神社にも入れるんだ」

キョウコ「ああっ。あああっ」

猫目「折角見つけたのに、みすみす壊されてたまるか!
チッ、バレないように邪魔できるのは数秒だけか。それなら!
仕事を増やしてやるだけだ!」

ヤサコ「また電波障害だわ。この近くなのは確かなんだけど。あ……」

イサコ「やはりな」

ヤサコ「どうしたの?」

ヤサコ「あ、あ」

イサコ「思った通りだ。古流と暗号は互換性がある。暗号として組み込めば、連続して使えるぞ」

ヤサコ「じゃあ、私も!」

イサコ「だめだ!どのみち、お前には使えない。このレベルの暗号は、自分の電脳体に暗号路を組み込まないと使えないんだ」

ヤサコ「暗号路?」

イサコ「ああ、イマーゴたちを結して、思考から直接暗号を取り出す構造体だ。これを使える人間は、ほとんどいない」

ヤサコ「でも、噂で聞いたわ。黒客のみんなは暗号を使ってるって」

イサコ「いいから、私の言う通りに動け!
やつらのは、イマーゴを使わないコピーにすぎない。お前、確かイマーゴがあったな。イマーゴには危険な副作用があるんだ。使いすぎると、肉体や神経を傷つける。お前は、メタタグの状態で使え。いいか、あと1枚しかないから、大事に使え。それまでは、私が守ってやる」

ヤサコ「わ、分かったわ」

イサコ「!うっ、くっ……」

ヤサコ「天沢さん!どうしたの?ああ!」

キョウコ「あっあああ……」

ヤサコ「茅野神社だわ!」

ダイチ「ういや〜!」

ヤサコ「京子、京子ー!」

イサコ「うっ!くっ!」

ヤサコ「だ、大丈夫?」

イサコ「ああ、居たか?」

ヤサコ「いないわ」

イサコ「うっ、くっ……」

ヤサコ「もう心当たり。大丈夫、天沢さん!天沢さん!あ!
ううっぐ……はっ!ああ!天沢さん!」

イサコ「お前、何故暗号符が!」

ヤサコ「あっ」


ヤサコ「次回、電脳コイル 叶えられた願い お楽しみに」